logo

KANADE DSPが「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続し広告枠のRTB取引を開始

KCCS 2017年07月11日 11時01分
From PR TIMES

~ディスプレイ広告の広告枠在庫を拡充~



京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、広告配信サービス「KANADE DSP」が、ヤフー株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 宮坂 学、以下Yahoo! JAPAN)が提供する広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じて広告枠のRTB(※1)取引を開始したことを発表します。

「Yahoo!アドエクスチェンジ」は、Yahoo! JAPANが展開する媒体社向け収益化プログラム「Yahoo!アドパートナー」に参画する媒体社が保有する広告枠のRTB取引を行える広告取引プラットフォームです。
このRTB取引の開始により、KANADE DSPは「Yahoo!アドパートナー」が提供するさまざまなデバイスのディスプレイ広告枠に「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じて配信することが可能となり、優良な広告枠在庫の拡充とともに、質の高いオーディエンスへのリーチを飛躍的に拡大します。

KCCSは今後も、広告主様のROI最大化に向けて、各社SSP、Ad Exchangeとの連携に取り組んで参ります。

[画像: リンク ]


<「KANADE DSP」について>
KANADE DSPは、ユーザごとの興味・関心に合わせて広告を配信する「パーソナライズリターゲティング」、潜在顧客を抽出し自社サイトへの訪問を促す「オーディエンス拡張」、狙ったセグメントへの認知・関心を促進する「プロファイルターゲティング」など、広告主様のキャンペーン戦略に応じた広告配信を可能とするサービスです。従来のリターゲティングではリーチできなかった広告主様サイトとの親和性が高い、興味・関心層(潜在顧客)に広告を配信し、優良顧客の獲得に貢献します。

▼広告配信サービス「KANADE DSP」についての情報はこちら
URL:リンク

▼広告枠在庫、パートナーの詳細はこちら
URL:リンク


※1 RTB(Real Time Bidding/リアルタイム入札)とは、広告の1表示(1インプレッション)ごとに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定するインターネット広告の入札方式のこと。

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

【お客様からのお問い合わせ】
京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCSカスタマーサポートセンター
TEL:0120-911-901(フリーコール)、050-2018-1827(携帯電話、PHS、IP電話など)
E-mail:kccs-support@kccs.co.jp
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事