logo

NTTデータ イントラマートとBPMシステム開発分野で協業柔軟なWebアプリケーション開発とBPM基盤を連携して働き方改革を実現

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森晶久、以下キヤノンITS)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山義人、以下NTTデータ イントラマート)とこのほどBPM(Business Process Management:業務プロセス管理)システム開発分野で協業します。
キヤノンITSのWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer(ウェブパフォーマ)」と、NTTデータ イントラマートの「IM-BPM」を連携させたソリューションの提供を2017年7月下旬より開始します。



労働人口減少やIT人材不足により働き方改革が求められる中、より一層の業務効率化の実現には、個々の業務だけでなく業務プロセス全体の最適化を図る必要があります。また、業務プロセスの最適化を進めながら、ビジネス戦略に合わせた独自性が求められる業務システムを素早く開発することが、デジタルトランスフォーメーションでの企業競争力向上のためには欠かせません。

NTTデータ イントラマートとキヤノンITSの両社はこうした課題に対応するため、NTTデータ イントラマートの業務プロセス全体の最適化を図る「IM-BPM」と、キヤノンITSのノンプログラミングでスピーディーな開発が可能な「Web Performer」を連携させた、BPMシステムのアジャイル開発ソリューションの提供を開始します。

NTTデータ イントラマートの次世代業務改革ツール「IM-BPM」は、営業・販売、生産、物流など、これまで個別にシステム導入されることで分断化されていたビジネスオペレーションを、一連のトータルな業務プロセスとして可視化、効率化します。これにより、企業の経営目標・ビジネス戦略を実現するための全体最適な業務プロセス管理を実現し、かつ業務プロセスの継続的な改善・最適化にも効果を発揮します。

一方、キヤノンITSのWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」は、必要なシステム要件を元に、GUIエディタなど可視化された開発画面を活用したスピーディーなシステム開発が可能です。Webアプリケーションと同時にドキュメントを自動生成できるため、システム利用者が必要とするシステムの外部設計情報を素早く提供することが可能です。

NTTデータ イントラマートは「IM-BPM」の市場への提供を担当し、販売価格は開発プロジェクトの規模や期間などに応じて変動します。一方、キヤノンITSは「Web Performer」の市場への提供を担当し、販売価格は最小システム構成で360万円(税別)からで、顧客のシステム構成により変動します。両製品を連携させたBPMシステムの開発やシステム導入においては、キーウェアソリューションズ株式会社をはじめとする両社のパートナー企業が担当します。

キヤノンマーケティングジャパングループは昨年より開始した5か年計画「長期経営構想フェーズIII」でグループITソリューション事業全体の売上目標を2020年に2500億円を達成することを掲げています。ITソリューションセグメントの主力事業であるSIサービスにおいて、受託開発(スクラッチ開発)型からソリューションSI型ビジネスへ転換することを志向しています。

具体的には、ITプラットフォームサービス(データセンター、クラウドインテグレーション)や開発基盤ソリューション「Web Performer」、数理技術応用ソリューション「FOREMAST」、IoT・デジタルマーケティングソリューションなどの事業を強化、拡大しています。

キヤノンITSは今回のBPMシステムのアジャイル開発ソリューションに加え、アジャイル開発をベースとした「共創型開発」を推進する超高速開発支援サービスなどをマーケットに対し強力に提案しながら、Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」を拡販していきます。「Web Performer」を中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指します。

< BPMシステムのアジャイル開発ソリューション>

[画像: リンク ]

<株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマートの概要>
会社名   :株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(略称:NTTデータ イントラマート)
本社所在地 :東京都港区赤坂四丁目15番1号 赤坂ガーデンシティ5階
設立    :平成12年2月22日
資本金   :73,875万円
代表者   :代表取締役社長 中山 義人
主な事業内容:パッケージソフトウェア「intra-mart」の販売
       上記に付帯するシステム開発、保守、教育及び運用
       イントラネット/エクストラネットに関するコンサルティング
       その他付帯する事業(パッケージに付随する機器販売等)
ホームページ:リンク

<株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート様からのエンドースメント>

代表取締役社長 中山 義人様

お客様業務に適したIT化を従来以上の高い業務生産性で実現する「IM-BPM」は、昨年のリリースから着実に浸透してきており、IoTやRPAなどの先進テクノロジーとの組み合わせによる自動化によって、さらにお客様の関心が高まっていると感じております。
このたびのキヤノンITソリューションズ様の「Web Performer」との連携によって、独自性の高い業務システムもスピーディーな開発が可能となり、加速するデジタルビジネス・働き方改革にも貢献できるものと確信しております。
今後もキヤノンITソリューションズ様との連携を深め、お客様の課題解決・価値創造をサポートするサービスの提供に努めてまいります。


<キーウェアソリューションズ株式会社様からのエンドースメント>

取締役 執行役員 システム開発事業担当 荒河 信一様

キーウェアソリューションズは、このたびのキヤノンITソリューションズ株式会社様の「Web Performer」と株式会社NTTデータ イントラマート様の「IM-BPM」を連携したソリューションの提供開始を心から歓迎いたします。
今後、働き方改革の実現に向けたソリューションへのニーズはさらに高まるものと予想されます。企業全体のプロセスを統合し、高い業務生産性を実現する「IM-BPM」と、プログラミングレスで開発期間の短縮を実現する「Web Performer」の連携は、お客様の業務改善のスピードを向上させ、働き方改革の実現を一層推進するものと確信しております。
本ソリューションは、弊社が強みを持つ社会インフラ分野のお客様をはじめ、多様な業種のお客様にご提案可能であると考えております。弊社は、これまでの両社との協業により培ったソリューション構築技術を背景に、導入支援を推進していくとともに、弊社の持つソリューションとの連携による付加価値の高いサービスを提供してまいります。


<セミナー開催概要>

タイトル:ビジネスの現場が変わる開発オートメーション
     ~超高速開発+BPM・RPAによる業務省力化の実現~
     リンク
日  時:2017年7月20日(木)14:30 ~ 17:10 (14:10より受付開始)
会  場:キヤノンITソリューションズ株式会社 天王洲本社

講演内容:
◇14:30~14:40    ご挨拶

◇14:40~15:25    ついにここまで自動化!システム開発現場が変わる!
            ~超高速開発ツール「Web Performer」すべて見せます~
            キヤノンITソリューションズ株式会社 ソリューション企画第二部 岡田 知

◇15:35~16:25    今迄の業務が豹変、BPMとWeb Performerで業務改善を加速する方法
            株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート様
            キーウェアソリューションズ株式会社様

◇16:25~17:05    業務の省力化を実現するRPAで現場の業務改
            ~超高速開発+RPAツール「WinActor」でここまでできる!~
            NTTアドバンステクノロジ株式会社 ソリューション第二事業本部
            ビジネスロボティクスビジネスユニット 主任 藤間 真理子様
            キヤノンITソリューションズ株式会社 ソリューション企画第二部 部長 高橋 嘉文

【報道関係者のお問い合わせ先】
キヤノンITソリューションズ株式会社
事業推進部 コミュニケーション推進課 03-6701-3603(直通)

【一般の方のお問い合わせ先】
キヤノンITソリューションズ株式会社
ソリューション推進センター 03-6741-9181(直通)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事