logo

2,000倍高速化したWordPress仮想サーバ『翔』!CapsuleCloudのAWSソリューションとして期間限定月額¥1,980~提供開始

株式会社スーパーソフトウエア 2017年07月11日 10時40分
From PR TIMES

ハイパフォーマンスWordPressのAWSクラウドホスティング

株式会社スーパーソフトウエア東京オフィス(所在地:東京都渋谷区、代表:舩木俊介、以下スーパーソフトウエア)は、AWS(Amazon Web Services)においてセキュアでパフォーマンスの高いWordPress環境を提供するサービス『翔』をリリースしましたのでお知らせします。課題解決に特化したAWSソリューション「CapsuleCloud(カプセルクラウド)」にて提供を開始しました。



[画像1: リンク ]

■ハイパフォーマンスなWordPressホスティング
WordPressスイート『翔』はWordPress専用にEC2サーバ、ミドルウェア、データベース等をチューニングしたAWS仮想サーバ環境です。従来WordPressが抱えていた、遅いレスポンスやセキュリティ懸念などの課題に悩まされることなく情報発信が可能となり、SEOでのメリットやWebメディアの更新運用負荷を大きく低減できることが特徴です。手軽に導入しやすいホスティングプランと、運用負荷を削減できるマネージドサービス型のエンタープライズプランの2つのプランをご用意しております。


[画像2: リンク ]


■t2.microでも2,000倍のリクエスト処理
WordPress向けにLinuxを最適チューニング。PHP実行環境やデータベース、Linuxカーネルパラメータなどのチューニングにより、t2.microという比較的低スペックなインスタンスにおいて、デフォルトインストール時と比較して最大で2,000倍の秒間リクエスト処理能力を実現しました。
*デフォルトテーマ使用時。WordPressテーマによって結果は異なります。
*Requests per secondを比較

■「翔」が選ばれる理由
・超高速
HHVM(Facebookが開発したJITコンパイラ方式のPHP処理系)、fastcgi_cache、nginx、MySQL、Linuxカーネルパラメータなどをチューニング。ブラウザでのレスポンスタイムはt2.microでも10msを切る性能を実現しました。
・AWS環境
AWSが提供するVPCやサブネット構成など堅牢さと、今後の成長に備えた柔軟で可用性の高いインフラ環境でご利用いただけます。
・導入しやすいプラン
サーバ管理を行える方向けに手軽に導入しやすいホスティングプランと、運用負荷を削減できて可用性の高いアーキテクチャを採用したエンタープライズプランの2つのプランをご用意。


■充実した機能
・高可用性
サイトが成長したときにはインスタンスを増強することができる、スケーラビリティ前提の構成を採用
・自動バックアップ
インスタンスは自動で定期バックアップ。万一の事態でも最小限の影響に抑えられます。
・セキュリティ
AWSのベストプラクティスに従ったセキュアな環境。さらにエンタープライズプランでは、WAFによるSQLインジェクション対策も可能。
・サポート
エンタープライズプランでは、24時間365日の有人監視や電話・メールによるサポートを行っています。

■WordPressスイート『翔』について
サービスサイト
リンク

AWS構築ソリューション『翔』価格
ホスティングプラン 初期費用無料、期間限定月額¥1,980(税別)/台~(通常:月額¥2,980(税別)/台~)
エンタープライズプラン 初期費用無料、月額¥50,000(税別)/台~

オプション
SSL証明書(月額+1,000円)
CDN(月額+5,000円~)
超過転送量、追加EBSなどは別途料金

■ 株式会社スーパーソフトウエアについて
会社名 :株式会社スーパーソフトウエア リンク
設立 :1983年6月
所在地 :(東京)東京都渋谷区恵比寿1-7-13
(大阪)大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー
事業内容:アプリ開発、AI開発、画像処理技術、組込ソフトウェア、ウェアラブルデバイスアプリ開発
[画像3: リンク ]

スーパーソフトウエアはAWSパートナーネットワーク(APN)のコンサルティングパートナーです。


※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。