logo

投資の新常識を生み出すオンライン証券会社のFOLIO 経営幹部の採用・マネジメントチームの強化を発表

株式会社FOLIO 2017年07月10日 12時00分
From PR TIMES

各業界のトッププレイヤーを迎え、マネジメントチームを強化



株式会社FOLIO(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 甲斐真一郎、以下「FOLIO」という)は、この度、各業界のトッププレイヤーを新たに迎え入れ、マネジメントチーム強化を図ったことを発表いたします。
[画像1: リンク ]



       (写真:左から)古橋洋人、椎野孝弘、甲斐真一郎、伊藤博志、久米川昌弘

今回FOLIOは、CTOに椎野孝弘、ビジネス統括には古橋洋人、証券システム構築のマネジメントとして伊藤博志、及び久米川昌弘の4名を新たに迎え入れ、マネジメントチームの強化を図りました。

FOLIOは、2017年7月7日(金)に日本初のテーマで選ぶ次世代型投資サービス「FOLIO」のβ版を公開。
益々勢いをつける中で、「良いサービスは、良いチームから。」というスローガンを掲げ、サービス運営を担うチーム体制作りにも力を入れてまいります。

新規加入メンバー



新規加入メンバー 紹介



[画像2: リンク ]

椎野孝弘
米国セント・マイケルズ大学経営修士課程修了。2社Exit経験を経て、株式会社コミュニティファクトリーの創業に参画、取締役CTOとして活躍。同社をヤフー株式会社へ事業売却後、同社入社。アプリ開発室本部長、ヤフー社モバイル戦略責任者、IoTプラットフォーム事業ユニットマネージャー、子会社であるTrill社取締役、インド通信キャリアとの合弁Ignite World Ltd.社取締役を兼務・歴任。その後、BCG Digital Venturesの立ち上げにTokyo RegionのCTOとして参画。


[画像3: リンク ]

古橋洋人
東京大学法学部卒業。ペンシルバニア州立大学経済学大学院修士課程修了。日本銀行に新卒入行し、政策立案に向けた金融市場の分析業務、金融市場のインフラ整備などの業務に従事。その後、マッキンゼーに入社。同社パートナーとして、ヘルスケア、消費財企業・金融機関を中心に全社戦略、新規事業開発や新製品上市、マーケティング・セールス戦略、これに伴う組織再編やチェンジ・マネジメントなどの変革について、グローバルに支援。


[画像4: リンク ]

伊藤博志
ゴールドマン・サックス、テクノロジー部に新卒入社後、アジア太平洋地域における自己勘定取引会計アプリケーション開発チームのテクニカルアーキテクト、基盤技術開発チームのシニアエンジニアを歴任。近年は同社のオープンソース戦略を牽引するとともに、Eclipse Collectionsのコミッター兼プロジェクトリードも勤める。JavaOne San Francisco、Java Day Tokyo、JJUG CCCに登壇。


[画像5: リンク ]

久米川昌弘
大学院卒業後、日興証券に入社。ディーリングシステム構築やデリバティブトレーディングに従事。ソロモン・ブラザーズアジア証券に転籍後、ヘッジファンドや自己売買部門向けにHFT、DMA(Direct Market Access)やPTSビジネスなどを推進。その後シンプレクス、野村総合研究所(上級専門職)、マネックス証券などを経て、楽天証券ではシニアITアーキテクトとして活躍。



日本初のテーマで選ぶ、次世代型投資サービス「FOLIO」と今後の展開について


FOLIOは「資産運用をバリアフリーに。」というミッションを掲げ、誰もが資産運用を簡単に、そして効率よく行えるサービスを開発しています。 国内株を取り扱う独立系証券会社においては、約10年ぶりのオンライン証券の誕生であり、テーマに投資できるサービスは日本初であるため、期待が高まっています。

次世代型投資サービス「FOLIO」の特徴は、カテゴリーに即して分類されたポートフォリオのテーマラインナップから好きなものを選んでショッピングのように投資ができることです。「宇宙開発」や「VR」「eSports」「京都」といったこれから流行しそうなトレンドや注目産業、経済的にインパクトのあるイベント等、投資で応援したくなるような身近なテーマを設定しています。「リスク・リターン」という金融の世界に、「ワクワク」という新たな価値を提供する、新しい証券サービスです。

テーマに関連する複数の銘柄に分散投資をすることで、単一銘柄への投資よりもリスクを抑えた形で投資リターンを期待することができ、高度な金融アルゴリズムがプロ水準の運用をサポートしてくれるため、投資未経験者でも簡単に楽しく投資を始めることができます。

また、完全にお任せで資産運用をしてくれるロボ・アドバイザーシステムの導入も予定しています。*¹

2017年7月7日(金)より、「FOLIO」のβ版サービスを公開中です。2017年内に一般公開を予定しています。

FOLIO URL: リンク

【株式会社FOLIOについて】

[画像6: リンク ]

FOLIO( リンク )は、2015年12月に創業し、「資産運用をバリアフリーに。」というミッションを掲げ、誰もが資産運用を簡単に、そして効率良く行えるサービスを開発しています。

その大きなミッションを成し遂げるため、ゼロから証券会社を設立しました。これまで時間的制約や、金融商品特有の複雑さ、リスクを警戒するなどの理由で「資産運用には興味があったけれども挑戦できなかった」という方々でも満足してお使いいただけるようなサービスを開発中です。

テーマ投資やロボ・アドバイザーをかんたんに楽しむことができる、
次世代型のオンライン証券プラットフォームを提供してまいります。

【会社概要】
会社名   株式会社FOLIO(FOLIO Co., Ltd.)
      金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
      リンク
所在地   東京都千代田区九段北1-4-5
代表者   代表取締役CEO 甲斐 真一郎
事業内容  第一種金融商品取引業/投資運用業

加入協会  日本証券業協会及び一般社団法人日本投資顧問業協会
資本金   2,110,273,436円(2017年3月末時点、資本準備金含む)
設立    2015年12月10日

*¹ お取引にあたっては損失が生じる恐れがありますので「契約締結前交付書面」を必ずお読みください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事