logo

(株)パソナと連携し(株)情報医療が「健康経営」支援サービスに機械学習・深層学習を活用

株式会社情報医療 2017年07月10日 09時00分
From PR TIMES

医療・ヘルスケア分野における機械学習・深層学習技術の知見を提供し、株式会社パソナの企業向けヘルスケアトータルソリューション事業展開を支援

株式会社情報医療(代表取締役 原 聖吾)は、株式会社パソナによる健康経営支援サービス『@Health+Care(アットヘルスケア)』の事業展開を、医療・ヘルスケア分野における機械学習・深層学習の活用の観点から支援します。



[画像: リンク ]



株式会社情報医療(代表取締役 原 聖吾)は、株式会社パソナによる健康経営支援サービス『@Health+Care(アットヘルスケア)』の事業展開を、医療・ヘルスケア分野における機械学習・深層学習の活用の観点から支援します。

昨今、働き方改革を進める企業における「健康経営」への関心は、更なる高まりを見せています。株式会社パソナが、これまで蓄積した働く人の健康増進に向けたノウハウをもとに今年7月から開始する、企業の「健康経営」を支援する新サービス『@Health+Care』では、IoTを通じて企業従業員の健康状態を把握し、AIを活用したビッグデータの時系列データ処理を通じて健康増進とパフォーマンス向上を支援します。

IoT機器の普及などにより、あらゆる情報のデジタル化が進んだ昨今では、企業の「健康経営」を支援するに際して、デジタルとリアルの健康促進ソリューションを高いレベルで融合させることは必要不可欠です。スタンフォード大学の研究でも、ウェアラブルデバイスを用いて計測された様々な生体データから、装着者の健康状態を推定できることが示されています(出典:リンク)。弊社は、コア事業であるスマホ診療curon(クロン:リンク) の提供を通じて蓄積された、医療・ヘルスケアの領域におけるビッグデータ活用の知見や、遠隔診療サービスの企業従業員への提供を通じ、株式会社パソナの持つ保健師・管理栄養士等によるカウンセリング・ノウハウとのシナジーを最大限発揮させ、株式会社パソナの提供する『@Health+Care』のパートナーとして、企業の「健康経営」を支援します。

『@Health+Care』の契約企業に対しては、株式会社パソナにより健康経営の実態とリスク・課題を特定する「健康経営診断」や「ソリューションコンサルティング」のサービスが提供されます。IoTを通じて取得するワークスタイル・ライフスタイルデータ、業務パフォーマンスデータを掛け合わせたビッグデータの時系列データ処理において、弊社は機械学習・深層学習等の技術活用の観点から支援します。株式会社情報医療は株式会社パソナと共に、企業の健康経営に向けた経営システムの確立に取組んで参ります。


■株式会社情報医療について
株式会社情報医療(代表取締役:原 聖吾)は、「一人ひとりの健康・医療に関する情報が、自ら所有するものとして蓄積され、主体的に活用されることで、人々がより健康でいられるための社会づくりに貢献する」をビジョンに掲げ、スマホ診療curon(リンク)及び、機械学習・深層学習を活用したヘルスケア企業・団体向けデータソリューション事業を行っています。医療・ヘルスケア領域で蓄積した最先端の技術を活用し、様々なパートナー企業との連携を通じ、ビジョンの実現に向け事業を展開しています。

ウェブサイト:リンク
問い合わせ:contact@micin.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。