logo

フォーラムエイト、UC-win/Road Ver.12のPSQ認証を取得

システム開発基盤における高信頼性の確保、官公庁システム開発受託の需要拡大



株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:リンク)は、2017年6月28日、UC-win/Road Ver.12 について、PSQ認証制度に基づく「適合」の認証を取得しました。

本認証制度は、ソフトウェア製品の品質要求及び評価に関する規格「JIS X25051:2011(ISO/IEC25051:2014)」に準拠しており、2013年6月に一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が「パッケージソフトウェア品質認証制度(PSQ)」として創設し、その後2015年4月の制度改訂を経て、現在は「PSQ認証制度」と呼ばれています。

PSQ認証では、利用者への品質説明力強化と信頼性の見える化を目指しています。「製品説明(カタログ)と利用者用文書(マニュアル)とソフトウェア機能が、一致していることを確認できること」が要件となり、製品機能の品質については「試験文書」を適正に作成して試験を実施しているかで評価されます。ソフトウェア製品の品質を定めた国際規格であるISO/IEC25051:2014をもとに、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)と CSAJ が審査基準を策定し、既製ソフトウェア(パッケージソフトウェア製品およびクラウド提供製品)についての評価基準が設定されています。

今回認証を取得した UC-win/Road Ver.12 は、既存の認証取得済み製品一覧(※)の中でも類を見ないVRシミュレーションソフトウェアであり、フォーラムエイト製品としては土木設計ソフトウェアUC-1シリーズの2製品に続く3件目のPSQ認証取得となります。開発環境としてUC-win/Road SDKを用意し、さまざまなデバイスと連携可能なプラグイン・オプションなどのツールを提供しており、この度のVer.12におけるPSQ認証取得により、UC-win/Roadをベースとしたシステム開発基盤における高信頼性の確保、官公庁システム開発受託の需要拡大などが期待されます。

弊社では、ISO9001認証取得以来、開発関連の文書・記録類についても電子化を進め、社内共有化を図り、ソフトウェア開発を行ってきました。
今回のPSQ認証で得た新たな評価項目についても、他製品への展開を進めることで、いっそうの品質向上を進めてまいります。

(※) 既存の認証済み製品一覧
リンク
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


【関連情報】
▼PSQ認証制度
リンク
▼プレスリリース:「フォーラムエイト、パッケージソフトウェア品質認証制度(PSQ)を取得。
土留め工の性能設計計算(弾塑性解析II+)、置換基礎の設計計算 Ver.2の2製品」(2013年8月)
リンク
▼3次元バーチャルリアリティ UC-win/Road Ver.12
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事