logo

パソナとNTTデータグループが協業 “人とロボット”で働き方改革を支援 『WinActor財務経理ソリューション』7月11日開始 RPAで業務効率化を図る財務経理人材を育成

パソナグループの株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 COO 佐藤司)は、NTTデータグループの2社(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、エヌ・ティ・ティ・データマネジメントサービス株式会社)と協業し、自動化ニーズの高い財務経理業務を対象に、RPA(※)ツール「WinActor(ウィンアクター)」を使用したロボット作成ができる人材の育成および派遣を行うことで、企業の業務効率化や働き方改革を推進する『WinActor財務経理ソリューション』を7月11日(火)から開始いたします。

働き方改革が進められる中、ロボットやAIを活用した業務効率化を目指す企業では、WinActorをはじめとするRPAソリューションによる業務の自動化が進められています。一方でソリューション導入時の業務分析や業務フローの再構築、ロボットの作成、運用を担うことができる人材は不足しており、導入拡大のハードルとなっています。
『WinActor財務経理ソリューション』では、パソナが持つ人材育成や人材派遣、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のノウハウと、NTTデータグループの持つWinActorの導入や業務分析・再構築の知見を組み合わせ、WinActorを活用して財務経理部門での精算処理や決裁審査などの業務量を軽減し、企業の課題解決や業務効率化を行ってまいります。

また、パソナは財務経理の専門人材を対象に、ロボット作成や業務分析のスキルを有する人材を育成する「RPAエキスパート育成講座-WinActor-」を7月11日(火)より開講し、エキスパートスタッフ(登録社員)の更なるキャリアアップを支援します。

パソナとNTTデータグループは本協業を通して、人とロボットの協働による新しいソリューションを提供し、企業のさらなる業務改善と働き方改革の推進支援を拡充してまいります。

※)RPA(Robotic Process Automation)とは
ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担う

■『WinActor財務経理ソリューション』 概要
開始:
2017年7月11日(火)
対象:
RPAソリューションによる業務改善を目指す企業
働き方改革を実現したい企業 等
内容:
・業務分析、業務フロー再構築支援
・WinActor導入、運用支援
・WinActorオペレーター人材の派遣、業務請負 等
HP:
リンク
お問合せ:
株式会社パソナ 営業総本部 NBD室 ロボット事業担当
Tel 03-6734-1005

「RPAエキスパート育成講座-WinActor-」 概要
開始:
2017年7月11日(火)
対象:
経理や財務でのキャリアアップを目指すパソナのエキスパートスタッフの方
内容:
1. Starterコース(6時間):10,000円(税別)
・ROBOTコンサル(2時間)/業務量、業務工程の洗い出し、業務フロー図の作り方等の基礎、ロジカルシンキング入門 等
・ROBOT構築(4時間)/RPAとは、RPA市場製品の紹介、RPA作成体験 等
2. Leaningコース(24時間):40,000円(税別)
(※上記Starterコース修了者のみ対象)
・ROBOTコンサル(12時間)/業務の見える化、RPAの適用業務の見極め 等
・ROBOT構築(12時間)/RPA構築の基本、RPAの作成演習 等
研修場所:
パソナグループ本部ビル(東京都千代田区大手町2-6-2)ほか

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。