logo

SNSで「告白」「別れ」を告げる若者が2倍以上に iPhone登場から10年、SNSが変えた恋愛シーン

~恋人とのやりとりはメールよりもSNSで。タイムラインで相手のプライベートもチェック~

Vol.88 QOM総研 「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査



 成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、リンク、以下パートナーエージェント)は、25~29歳の独身男女270人と35~39歳の独身男女270人に対して「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査を実施いたしました。


[画像1: リンク ]



<調査背景>
 2007年6月29日に初代iPhoneが発売されてから10年が立ちました。この10年間でスマートフォンはすっかり日本社会に定着し、特に若い世代のほとんどがスマートフォンを使っています。
 またスマートフォンが普及したことにより、SNSも急速に広がりました。10年前にもmixiやGREEといったSNSは存在していましたが、LINE、Facebook、Twitter、Instagramなど、この10年間でさまざまなSNSが存在感を増してきています。
 スマートフォンやSNSは私たちの生活を便利にしてくれるだけではなく、同時にスマートフォンやSNSから影響を受けて私たちの生活が変わってきた面もあります。恋愛のシーンにおいても例外なく、スマートフォンやSNSが普及したことで恋愛スタイルが変わったところもあることでしょう。
 そこで今回の調査では、スマートフォンやSNSの普及によって若者の恋愛スタイルがどう変わったのかを調査しました。恋愛シーンにおけるSNSの利用状況について、“現在”20代後半の独身男女と、“10年前”に20代後半だった30代後半の独身男女にそれぞれ質問することで、この10年間で生じた恋愛スタイルの変化を考えてみました。

<調査結果サマリ>


今やメール・電話よりSNS。2人に1人が、交際相手/気になる相手とSNSで連絡
SNSで知り合って(29.3%)、好きになり(19.3%)、交際に発展(23.0%)。SNSで変わる恋愛
55.9%が「別れたらブロック」は“あり”。34.4%が別れても相手のSNSをチェック
SNSは気軽・手軽でつながりやすい!反面、別れた後が気まずい……



■今やメールよりSNS。2人に1人が、交際相手/気になる相手とSNSで連絡


Q.恋愛におけるそれぞれのシーンで、どの手段(ツール)を使いますか?(n=270 ※25~29歳の独身男女)※必須回答・複数回答可
Q.恋愛におけるそれぞれのシーンで、10年前はどの手段(ツール)を使っていましたか?(n=270 ※35~39歳の独身男女)※ 必須回答・複数回答可


 「現在交際相手、または気になっている相手がいる」と答えた25~29歳の独身男女と、「10年前に交際相手、または気になっている相手がいた」と答えた35~39歳の独身男女にそれぞれ、恋愛相手とはどんな手段(ツール)を使ってやりとりをしていたか、調査しました。

 「気になっている相手にアピールする」ツールとしては、現在の20代後半の男女は「SNS」(51.1%)、「直接会う」(50.4%)を使うことが多く、10年前の20代後半の男女は「直接会う」(57.4%)、「電子メール」(45.9%)を主に使っていたことが分かりました。
 また「交際している相手との連絡によく使う」ツールとしては、現在は「SNS」(57.0%)、10年前は「電子メール」(64.1%)がトップとなりました。SNSと電子メールがこの10年間で逆転していることが分かります。
[画像2: リンク ]


 「気になっている相手に告白する、またはされる」場合では「直接会う」(現在:71.1%、10年前:75.2%)、「交際相手と別れ話をする、またはされる」場合でも「直接会う」(現在:58.9%、10年前:66.7%)という回答がトップでした。
 ただしどちらのケースでも、10年前と比較すると「SNS」を利用すると回答した人が2倍以上に増えています。
[画像3: リンク ]



■SNSで知り合って(29.3%)、好きになり(19.3%)、交際に発展(23.0%)。SNSで変わる恋愛


Q.あなたのSNSでの経験について教えてください。(n=270 ※25~29歳の独身男女)※必須回答
Q.10年前のあなたのSNSでの経験について教えてください。(n=270 ※35~39歳の独身男女)※必須回答


 先程の調査から、交際相手や気になっている人とのやりとりにSNSを使う人が増えていることが分かりました。次に、恋愛シーンにおいてSNS上でどのようような経験があるかを調査してみました。

 「SNSで恋愛相手と交流したことがある」と回答した人は現在で34.4%と、10年前の2倍以上になっています。
 また、「SNSで知り合った人を好きになったことがある」(現在:29.3%、10年前:22.6%)、「元々の友人知人をSNSがきっかけで好きになったことがある」(現在:19.3%、10年前:8.5%)、「SNSでの交流がきっかけで交際に発展したことがある」(現在:23.0%、10年前:14.1%)といったように、SNS上で好きになったり、交際に発展するきっかけを得る人が10年前と比較して増えています。
[画像4: リンク ]



■55.9%が「別れたらブロック」は“あり”。34.4%が別れても相手のSNSをチェック


Q.あなたのSNSでの経験や考え方について教えてください。(n=270 ※25~29歳の独身男女)※必須回答
Q. 10年前のあなたのSNSでの経験や考え方について教えてください。(n=270 ※35~39歳の独身男女)※必須回答


 恋愛シーンでSNSが活用されるようになって、今までにはなかったSNSならではの独特な状況が生まれています。
 次にあげる各シチュエーションを経験したことがあるか、ない場合でもそういった状況を理解できるか、理解できないかについて、それぞれ聞いてみました。

 「プライベートや交友関係を知るために相手のSNSを見ることがある」について、「当てはまる」と回答した人は38.9%でした。また、「当てはまらないが理解できる」とした人は32.2%でした。
[画像5: リンク ]


 「恋愛相手のSNSを見てがっかりしたことがある」という経験に関しても、22.2%が「当てはまる」と答えています。
[画像6: リンク ]


 また、「別れたので交際相手をブロックした、またはされたことがある」に「当てはまる」人は27.0%、「当てはまらないが理解できる」人は28.9%でした。55.9%が「別れたらブロック」を許容しているようです。
 「前に交際していた相手の近況をSNSでチェックしたことがある」かどうかについて、「当てはまる」は34.4%でした。3人に1人が別れた交際相手の近況を気にしてSNSを見ることがあるようです。
[画像7: リンク ]



■SNSは気軽・手軽でつながりやすい! 反面、別れた後が気まずい……


Q.SNSでの恋愛相手とのやりとりについてどんなメリットがあると思いますか?良いと思える点について、あなたの考えを教えてください。(n=270 ※25~29歳の独身男女)
Q.SNSでの恋愛相手とのやりとりについてどんなデメリットがあると思いますか?良くないと思える点について、あなたの考えを教えてください。(n=270 ※35~39歳の独身男女)


 このようにSNSが普及したことによって恋愛シーンに生じた変化について、どう感じているのでしょうか。
 SNSで恋愛相手とやりとりすることについてのメリットを現在の25~29歳に、デメリットについてを10年前に25~29歳だった現在の35~39歳に、それぞれ聞いてみました。

【メリット】
気軽・手軽
・SNSの方がメールや電話よりカジュアルなイメージがあるのでやりとりしやすい(28歳・男性)
・ラインは手軽なので交際相手との連絡が増えた(26歳・女性)
・常に緩く交流することができる(27歳・男性)
・LINEで連絡を取り合うので、手軽になった。アルバムを作成して写真を共有している(27歳・女性)

つながりやすい
・連絡先を気軽に聞く方法として、LINE IDは便利だと思う!そしてタイムラインで軽くアピールする!(27歳・女性)
・電話番号を聞くよりLINE交換は手軽なので、気になる人に聞きやすい(29歳・女性)
・初恋の相手と再会できた(27歳・男性)

直接言えないことも言いやすい
・直接会うと緊張して上手く話せないが、SNSならコミュニケーションを取りやすい(28歳・女性)
・顔が見えないので、仮想の恋愛ができてとてもわくわくするような感じがする(27歳・男性)
・ツイッターだと好きな人に普段言えない思いや、彼氏への不満をつぶやいてそれとなくアピールできる(27歳・女性)
・別れる時に会うのは気まずいので、軽い相手ならSNSで別れ話をする(26歳・女性)

機能が便利
・メールよりも過去に遡りやすい(27歳・男性)
・写真を送ったり、送られたりが楽にできる(29歳・女性)
・LINEはスタンプなどで気持ちを表現できるし、いつもつながっていられる(28歳・女性)

その他
・共通の話題について手軽かつ親密にやりとりできる。ある程度やりとりしてから実際に会うことができるため、身の安全が守れる(29歳・女性)
・いろんな駆け引きに使える(28歳・男性)

【デメリット】
伝わりにくい
・想いをきちんと伝えるのが難しい。顔文字、絵文字を上手く使わないといけない(37歳・男性)
・相手に気持ちが本当に伝わっているのかがわからない。本人が投稿しているのか判断がつかない時がある(39歳・男性)
・建前でコミュニケーションを取ることが多いので、相手の本心がわかりにくい(39歳・女性)

ケンカした時、別れた後に困る
・別れた後に削除することが面倒。共通の知り合いがSNS上にいたら気まずい(39歳・男性)
・別れた後の画像流出など個人情報のコントロールが事実上不可能である事(35歳・男性)
・別れた後もSNS内の友達とか、知り合いを介して相手の情報が入ってきたり、目の当たりにしてしまったりが嫌だった(35歳・男性)
・少しケンカしただけでも2人の話題がなくなったりして、すぐに友人に何かあったの?ってバレる(36歳・女性)

知らなくていいことまで知ってしまう
・自分の知らない女友達と仲良さそうにやりとりしている姿を見て嫉妬する。世の中、知らなくてもいいこともある(37歳・女性)
・気になって、ついついSNSで調べてしまいショックを受けてしまう(36歳・女性)
・いらない情報が増えて相手のことを余計に詮索してしまう(39歳・男性)
・自分が知りたくなかったことまで知ってしまう可能性がある。自分が本命だと思っていたけど、他に本命がいて自分は遊び相手だったとか(36歳・女性)

デジタルの落とし穴
・乗っ取られてトラブルがあった(39歳・男性)
・見えないところで監視されたり他人を装ってコミュニケーションを取ってきたりするかもしれないところが怖い(36歳・男性)
・常に監視されているような感じで落ち着かない(38歳・男性)
・デジタルツールは情報検索という意味では非常に便利だけど、実感が湧きにくいし、データをアップすると半永久的に残るのが不安に感じる(35歳・男性)
・手軽につながることができるが手軽ゆえにストーカーされたり、自分がストーカーになってしまったり自制が効きにくくなる気がする(39歳・女性)

 スマートフォンやSNSが普及したことにより、恋愛のシーンにおいてもさまざまな影響や変化があるということが分かりました。便利な反面、今までにはなかった状況から新しい問題も発生しているようです。
 今後さらにSNSが進化することによって、恋愛コミュニケーションはもっと変化していくのかもしれません。


調査方法:インターネット調査
調査対象:
「現在交際相手、または気になっている相手がいる」と回答した25~29歳独身男女 270名
「10年前に交際相手、または気になっている相手がいた」と回答した35~39歳独身男女 270名
調査期間:2017年6月21~22日


[株式会社パートナーエージェント 会社概要]
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3
イマス大崎ビル4階

U R L:
パートナーエージェント リンク

事業内容:
1.結婚相手の紹介、相談
2.交際、結婚に関する調査研究
3.イベント、旅行の企画・運営
4.生命保険、損害保険代理店
5.挙式、披露宴の企画・斡旋
6.カウンセリング、各種セミナー運営
7.会員誌、その他出版
8.Webサイト、Webコミュニティの企画・運営
9.託児所及び保育所の経営、事務所内外の保育の受託業務

~代表メッセージ~
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで多くのお客様の支持をいただいてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献してまいります。


【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容についてはご自由に転載・引用いただいて構いませんが、引用・転載時には、必ず「婚活支援サービス パートナーエージェント」を明記いただけますようお願い申し上げます。また、パートナーエージェントのWebサイト(リンク)へのリンクも貼っていただけますと幸いです。
※ 記事などで取り上げていただけた際は、お時間ございましたらmegumi-hirata@p-a.jp宛てにご一報いただけると幸甚に存じます。


<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント  広報担当:平田
TEL:03-6388-9831(部署直通) FAX:03-5759-2701
Mobile:080-4575-7766(担当者直通)
Mail:megumi-hirata@p-a.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事