logo

NVIDIA と Baidu、AI の加速に向けた提携を発表

NVIDIA 2017年07月07日 10時00分
From PR TIMES

クラウド データ センター、自動運転車、スマート ホームにおけるAI の能力を高めるコラボレーション



[画像: リンク ]


米国カリフォルニア州サンノゼ – (2017 年 7 月 5 日) - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) と Baidu は本日、世界有数の人工知能テクノロジをクラウド コンピューティング、自動運転車、AI によるホーム アシスタントにもたらす、幅広い提携を発表しました。

北京で開催された Baidu の AI 開発者会議において、基調講演を行った Baidu のプレジデント兼 COO である陸奇 (Qi Lu) 氏は、Baidu が NVIDIA と協業する計画について、以下を発表しました。

• 次世代の NVIDIA(R) Volta™ GPU を Baidu Cloud に採用し、クラウドのお客様に世界有数のディープラーニング プラットフォームを提供します。
• NVIDIA の DRIVE™ PX プラットフォームを Baidu の自動運転車の取り組みに採用し、中国の大手自動車メーカーとともに自動運転車を開発します。
• オープン ソースによる Baidu の PaddlePaddle ディープラーニング フレームワークを NVIDIA Volta GPU 向けに最適化し、研究機関や研究者に広く提供します。
• Baidu の DuerOS 対話型 AI システムを NVIDIA SHIELD™ TV に追加し、中国の消費者に AI 機能を提供します。

NVIDIA のバイス プレジデント兼アクセラレーテッド コンピューティング担当ゼネラル マネージャーであるイアン・バック (Ian Buck) は、次のように述べています。「NVIDIA と Baidu は、ディープラーニングと AI における目覚しい進歩を切り拓きました。私たちは、AI がこの時代で最も強力なテクノロジであり、あらゆる業界を変革する可能性を持っていると確信しています。このコラボレーションにより私たちは、両社が持つ優秀な技術リソースを、AI コンピューティング プラットフォームの構築にあてることができます。このプラットフォームは、学術研究機関からスタートアップ企業にいたるまで、さまざまな組織で画期的な AI アプリケーションや自動運転車の構築に携わる、すべての開発者を対象とするものです。」

Baidu の陸氏は、同社のイベントで次のように述べています。「本日、私たちは、NVIDIA との包括的かつ深い提携を発表し、たいへんうれしく思います。Baidu と NVIDIA は、当社の Apollo 自動運転車プラットフォームを共同で研究し、NVIDIA の自動車テクノロジを活用します。また、私たちは、緊密に連携し、PaddlePaddle を最高のディープラーニング フレームワークに育て、当社の対話型 AI システムである DuerOS を進化させ、Institute of Deep Learning における研究を加速します。」

クラウドおよびデータ センターにおける AI
中国有数のクラウド プロバイダーの 1 つである Baidu は、同社の データ センターにおける AI のトレーニングと推論のため、Tesla(R) Volta V100 と Tesla P4 GPU アクセラレータを搭載した NVIDIA HGX™ アーキテクチャを展開することを発表しました。Baidu の PaddlePaddle ディープラーニング フレームワークと NVIDIA の TensorRT™ ディープラーニング推論ソフトウェアを組み合わせると、研究者や企業は、最先端のテクノロジを活用し、画像や音声、テキスト、動画をリアルタイムで認識する製品やサービスを開発できます。

AI 開発を加速するため、両社は協力し、オープンソースによる Baidu の PaddlePaddle ディープラーニング フレームワークを NVIDIA の Volta GPU アーキテクチャにおいて最適化します。

2013 年にオープンソース化された PaddlePaddle は、現在、Baidu の多くの製品開発に利用されています。例として、Baidu の検索ランキング、画像分類サービス、リアルタイム音声認識、視覚文字認識、その他サードパーティの開発企業による AI を活用したサービスなどが挙げられます。Volta の 120 テラフロップスに及ぶディープラーニング性能と PaddlePaddle に対するサポートにより、研究者や企業は、次世代の AI アプリケーション開発に最適なプラットフォームを利用できるようになります。

自動運転車における AI
Baidu は本日、同社の自動運転車プラットフォーム向けに NVIDIA の DRIVE PX 2 AI スーパーコンピューターを採用したことを発表しました。

両社は、Apollo として知られる Baidu の自動運転車の取り組みを協力して進めてきました。自動運転車のオープン プラットフォームである Apollo は、Tesla GPU や NVIDIA DRIVE PX 2 など、サーバーから自動車まで、NVIDIA のテクノロジを CUDA や TensorRT などの NVIDIA のソフトウェアと組み合わせて活用します。最近、Apollo の進歩を強調するために Baidu がCES Asiaで紹介した自動運転車は、DRIVE PX 2 を活用しています。

中国の大手自動車メーカー数社は本日、Apollo のアライアンスに参加すると発表しました。参加するのは、Changan、Chery Automobile、FAW、Greatwall Motor などです。

家庭における AI
Baidu の対話型 AI システムである Baidu DuerOS は、中国市場において、音声コマンド機能を NVIDIA の SHIELD TV に提供します。

SHIELD により、ストリーミング、ゲーミング、スマート ホーム アシスタントにおける最も優れた製品が実現します。このストリーマーの、中国向けに作成されたカスタム ソフトウェア付きバージョンは、今年中に提供されます。

NVIDIAについて
NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、リンク をご覧ください。

NVIDIAについての最新情報:
プレスリリース:リンク
ブログ:リンク
Facebook: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。