logo

全世界500台限定、RME創立20周年を記念したPCM 768kHz / DSD 11.2MHzの録音・再生に対応する「ADI-2 Pro Anniversary Edition」を発売開始

株式会社シンタックスジャパン 2017年07月07日 10時00分
From PR TIMES

株式会社シンタックスジャパン(東京都港区、代表取締役社長 村井清二)は、高音質技術を注ぎ込み120dBの驚異のSN比を実現、PCM 768kHz / DSD 11.2MHz録音・再生に対応するリファレンス・オーディオインターフェイス「ADI-2 Pro」を元に、ラグジュアリーな外装とさらなる音質へのこだわりを盛り込んで、RME創立20周年を記念した全世界500台限定の特別モデル「ADI-2 Pro Anniversary Edition」を、2017年7月7日より発売いたします



[画像1: リンク ]

【製品概要】

PCM 768kHz・DSD 11.2MHzに対応したAD/DAコンバーターとして、真のマスタリング・クオリティのパフォーマンスを提供する「ADI-2 Pro」にスペシャルな記念モデルが登場。

その抜群の安定性と高いオーディオ品質により、世界中のプロフェッショナルが絶大な信頼をよせるドイツのブランド「RME」が、ブランド創立20周年を記念して全世界で500台の限定生産を行った「ADI-2 Pro Anniversary Edition」は、120dB のSN 比、0.0003% の歪み率、そして周波数特性は0Hz から最高120kHz という驚異的なパフォーマンスを実現するオリジナルモデルである「ADI-2 Pro」の基本性能をそのまま継承し、その驚異的なスペックを重厚感のあるオールブラックの筐体に集約させた、ハイエンド USB DACです。

「ADI-2 Pro Anniversary Edition」は単に音の良いDACというだけではなく、ヘッドフォン・アンプとしても秀逸。独自開発の回路を持つバランス駆動対応のヘッドフォン・ポートは「Hi Power」モードを搭載しており、ハイ・インピーダンスのヘッドフォンはもちろん、ロー・インピーダンスのヘッドフォンでも、原音をそのままに、力強くドライブします。

また、DSD11.2MHzだけではなく、PCM768kHzという驚異的なスペックでの録音を行えることが「ADI-2 Pro Anniversary Edition」の最大の魅力。
PCを使ったアナログ盤のデジタル・リッピングや、ライブ・コンサートの収録現場での録音ディバイスとしても最高水準のスペックと音質でユーザーに答えることのできる唯一無二の存在です。そして、その公表スペックに一切の偽りのない高精度なプロセッシングは、プロフェッショナルな計測機器としてもご利用いただける程です。

製品特設ページ:リンク

■PCM 768kHz / DSD256 (11.2MHz) ─ クォリティは未知の領域へ
[画像2: リンク ]


ADコンバーターには4チャンネル仕様の旭化成AK5574をデュアル・モノで使うことにより、2チャンネルのアナログ入力において3dBのノイズ軽減を実現。DAコンバーターには 2ch プレミアム DAC、AK4490を2系統のステレオ出力にそれぞれ 1 基ずつ搭載。EQ、位相メーター、スペクトラム・アナライザーといった内部シグナル処理には2.17ギガフロップ(2882MIPS)の高パフォーマンスDSPを使い、768kHzでも十分なパワーを得られる仕様になっています。その限りなく透明な音質と独自のユーザー・インターフェイスにより、マスタリング・スタジオや音響測定などのプロフェッショナルな現場だけでなく、世界中のオーディオファイルにとっても究極のツールとしてお使いいただけます。

■緻密にデザインされたメインボード
[画像3: リンク ]


メインボードには 10 層構造の基板を使い、パワフルかつ分離の良い音を実現しているだけではなく、オペアンプには、TI社のSoundPlusTMを採用し、SN比、全高調波歪み、スルー・レートすべてにおいて非常に高いパフォーマンスを実現しています。また、全ての内部アナログ・シグナル経路は完全にバランス回路として配置するともに、音質に影響を与えるコンデンサーは唯一入力ソケット(DCプロテクション)にのみ、、定評のあるニチコンのオーディオ用不分極電解コンデンサーMUSEを使用。すべてが音質向上のためにデザインされています。

■SNR 120dBA / THD 0.0003% 驚異的なオーディオ性能
[画像4: リンク ]


RME の技術の粋を結集してスクラッチで新たにデザインされたアナログ入出力回路には、特別に開発したディスクリート・ハードウェアによる高性能の切替スイッチが搭載されています。慎重に選択されたこれらのコンポーネンツにより、120dBのSN 比、0.0003%の歪み率、そして、周波数特性は0Hzから最高120kHzという驚異的なパフォーマンスを実現しています。

■究極のヘッドフォン・アンプ
[画像5: リンク ]


出力インピーダンス0.1Ω、 最大出力レベル+22dBu、最大出力は2.2W/チャンネルという特性を備えたヘッドフォン出力は、SN比が120dBと事実上ノイズ・フリーのモニタリングが可能です。また、ヘッドフォンポートは「Extreme Power」出力仕様になっており、2つのポートは同じソースを聞くだけではなく、それぞれ異なるソースをモニターすることが可能であるとともに、同時に使用することによりヘッドフォンのバランス接続にも対応します。

■スーパー・ハイ・サンプルレートでの録音をより身近に

ADI-2 Pro Anniversary Editionには、ライブ・パフォーマンスの収録や、大切なアナログ盤のデジタル・アーカイブなど、大切な音源を最高のフォーマットでアーカイブすることができる「Sound It! for ADI-2 Pro」が無償でバンドルされています。「Sound It! for ADI-2 Pro」ソフトウェアを使えば、ADI-2 Pro Anniversary Editionを使い、最大サンプルレートPCM 768kHz / DSD256(11.2MHz)にて録音を行うことが可能です。

「Sound It! for ADI-2 Pro」ソフトウェアの詳細はこちら:
リンク


■「ADI-2 Pro Anniversary Edition」の特徴
[画像6: リンク ]


・筐体の天板部分を覆う透明なプレキシグラスのウィンドウには、 「Anniversary Edition, 20 Years of RME」というプリントが内側より施されており、美しくデザインされた基盤やコンポーネンツを、筐体内部に配置された3つのオレンジ色のLEDが魅力的に照らし出します。
[画像7: リンク ]


・シルバーモデルのADI-2 Proは、ヘッドフォン端子のみ金メッキ仕様となっていますが、「ADI-2 Pro Anniversary Edition」では、背面のTSポートも同様に金メッキ仕様へと変更。
[画像8: リンク ]


・シルバーモデルは黒いゴム足ですが、Anniversary Edition ではHi-Fi 仕様の、筐体に直接ネジ止めされた、ブラシ加工の良質なクローム足を採用。
[画像9: リンク ]


・シルバーモデルでは、アンバランス 出力と隣のバランス 入力の間だけにクロストーク対策のメタルシールドが配置されていますが、Anniversary Edition では、さらに入力のL/R 間にもメタルシールドを追加。


【RMEについて】

RMEは、画期的で使いやすく、さらに他の追従を許さないほど高品質なデジタル・オーディオ・ソリューションを低コストで提供することを目的として1996年に設立され、国際市場において急速に拡大。現在ではプロフェッショナル市場においてトップ・プロバイダーに成長しました。RMEの開発チームは、ハードやソフトの専門家であるだけではなく、それぞれがミュージシャンやサウンドエンジニアとしての一面も持っています。さらに他の業界の専門家とも定期的に情報交換を行い、常に最新のトレンドを追いかけ続けています。
RMEは設立以来、様々な賞を受賞しメディアやユーザーから圧倒的な支持を受け、今日ではオーディオ機器業界において世界でも有数の企業の一つとして選ばれております。
リンク


【株式会社シンタックスジャパンについて】

Synthax(シンタックス)グループはドイツ、イギリス、アメリカ、香港、北京に支社をもつドイツRME製品開発製造販売元です。プロオーディオおよび関連製品の共同開発から、マーケティング、ディストリビューションに至るまで独自の展開を行っており、2006年1 月より、世界戦略の一環として日本での現地法人Synthax Japan Inc.を設立し活動しています。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。