logo

持続可能な社会の実現に向けたキヤノンの活動内容を紹介するコンテンツ「CANON SUSTAINABILITY REPORT 2017」を公開

キヤノンは、2016年度に実施したCSR活動を紹介する「キヤノンサステナビリティレポート 2017」を本日、ホームページにて公開しました。



今年のレポートでは、GRIガイドライン第4版(G4)(※)の「中核」オプションに沿って、キヤノンのCSR活動を網羅的に報告しています。また昨今、気候変動、資源循環などの環境問題や、貧困や飢餓などの社会課題への危機感が高まるなか、2015年に国連総会で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標17項目と、自社の事業活動が社会や地球環境に対して及ぼす影響との関連性を整理し公開しました。
[画像1: リンク ]

※ GRIガイドライン第4版(G4)とは
サステナビリティに関する国際基準の策定を使命とする非営利団体GRI(Global Reporting Initiative)が「サステナビリティ」という抽象的な概念を具体的な指標として可視化したガイドラインのことです。現在までに改訂を重ね、第4版が最新となっています。

<「CANON SUSTAINABILITY REPORT 2017」内のコンテンツ一例>
For Society 新たな価値創造、社会課題の解決


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]



For the Earth 地球環境の保護・保全

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]

[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。