logo

フリークアウトグループ、東南アジアの新拠点としてベトナム、マレーシア、フィリピン子会社を設立

株式会社フリークアウト・ホールディングス 2017年07月06日 15時00分
From PR TIMES

~東南アジア主要5カ国でプレミアムネイティブ広告プラットフォームを展開~

株式会社フリークアウト・ホールディングスを中心とするフリークアウトグループは、シンガポール、タイ、インドネシアに続く東南アジアの新拠点として、ベトナム、マレーシア、フィリピンに現地法人を設立いたしました。各国のプレミアムメディアと提携し、ネイティブ広告プラットフォームを東南アジア全域で提供いたします。




株式会社フリークアウト・ホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役:本田 謙、佐藤 裕介)を中心とするフリークアウトグループは、シンガポール、タイ、インドネシアに続く東南アジアの新拠点として、ベトナム、マレーシア、フィリピンに現地法人を設立いたしました。各国のプレミアムメディアと提携し、ネイティブ広告プラットフォームを東南アジア全域で提供いたします。

[画像1: リンク ]


【新設現地法人の概要】
■FreakOut Vietnam Co., Ltd.
所在地:4 Floor, Hoa Lam Building, 2 Thi Sach St, Ben Nghe Ward, Dist 1, HCMC Vietnam
代表者名:General Director, CEO 山根 賢
URL:リンク

■FreakOut Malaysia Sdn. Bhd.
所在地: Level 8, Menara CIMB, No.1 Jalan Stesen Sentral 2, Kuala Lumpur Sentral, 50470, Kuala Lumpur, Malaysia
代表者名:Managing Director, CEO 辻 梨沙
URL:リンク

■FreakOut Philippines Inc.
所在地:Eco Tower Building, 32nd Street cor. 9th Avenue, Bonifacio Global City, Taguig, Manila
代表者名:President Director, CEO 安倉 知弘
URL:リンク

フリークアウトグループは、FreakOut Pte.Ltd.(本社:シンガポール、代表:安倉 知弘)を海外事業のヘッドクォーターとしてネイティブ広告プラットフォーム事業を中軸とするグローバル展開を推進してまいりました。東南アジアにおいては、タイ、インドネシアに拠点を設立しておりましたが、このたび新たにベトナム、マレーシア、フィリピンに拠点を設立し、東南アジア5拠点でネイティブ広告プラットフォーム事業を展開いたします。

また、サービス提供にあたり、各国のプレミアムメディアの参画が決定しており、東南アジア主要 5カ国のプレミアムメディアのニュースフィード上に、ユーザー体験を阻害しない見栄えの良いフォーマットで広告配信が可能となります。

【東南アジアメディアパートナー 例】
■タイ
・Sanook(Tencent が運営するタイ最大のポータルサイト)
・MCOT(タイの政府系メディアが運営する総合ニュースサイト)
■インドネシア
・Kompas.com(インドネシア最大の全国紙「Kompas」のオンライン版)
・Tribunnews(インドネシア国内で No.1 のトラフィックを誇る総合ニュースサイト)
■ベトナム
・VN EXPRESS(ベトナム最大のオンラインニュースサイト)
・Zing.vn(ベトナム国内で最大級のトラフィックを誇る総合デジタルコンテンツサイト)
■マレーシア
・Lowyat(Tech と Lifestyle に特化した、マレーシア最大のオンラインコミュニティー)
・Sin Chew Daily(マレーシアの中国語新聞「星洲网 Sin Chew Daily」のオンライン版)
■フィリピン
・Summit Media(各カテゴリの15メディア以上からなるフィリピン最大メディアグループ)

豊富なプレミアムメディアから、広告主様の業種・マーケティングの対象国・ターゲット層に最適な配信先をご提案し、東南アジアにおけるデジタルマーケティングをサポートいたします。
(東南アジアでの広告配信をご検討のお客様へ|リンク

[画像2: リンク ]


フリークアウトグループの東南アジア拠点5カ国(タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン)は、合計で 5.6億人の人口を有し、2016年時点のスマートフォン普及率は 59%(3.2億台)に達しています。この増加傾向は今後しばらく続くと予測されており、この追い風を受けて、デジタル広告市場も 2020年まで毎年2桁の成長率を維持する見込みです。

この東南アジア5カ国における2016年のデジタル広告費は1,500億円に上り、2020年には2,700億円の市場規模にまで拡大すると予測されています。中でもモバイル広告市場の成長は目覚ましく、2020年のモバイル広告費は、2016年の4倍強にあたる1,700億円に達する見込みです。(*1)

FreakOut Pte.Ltd.は、成長著しい東南アジアのモバイル広告市場において、ネイティブ広告プラットフォーム事業を提供し、広告効果の最大化とメディア収益化の双方の実現に取り組んでまいります。

フリークアウトグループは、引き続き海外事業の一層の強化・拡大を図ります。


<補足説明>
*1 出典元:
リンク


【株式会社フリークアウト・ホールディングスについて】
フリークアウトグループは、持株会社である「株式会社フリークアウト・ホールディングス」と、国内初のDSPをローンチしたマーケティングテクノロジーカンパニー「株式会社フリークアウト」を始めとする子会社から成る企業グループです。当社グループのテクノロジーをもって、多種多様な産業に”人に人らしい仕事を”提供することをミッションとし、グローバルに事業を展開しています。
URL :リンク
所在地:東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズ クロスポイント
代表者名:代表取締役 Global CEO 本田 謙、代表取締役社長 佐藤 裕介
資本金:11億7,337万7,400円
事業内容:フリークアウトグループ全体の経営戦略の策定・推進、およびコーポレート機能

【本件に関するお問合せ先】
FreakOut Pte.Ltd. 野崎
E-mail:hana@foutap.com

【取材に関するお問合せ先】
株式会社フリークアウト・ホールディングス CEO室:井野口
E-mail:pr@fout.jp Tel:03-6721-1740

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事