logo

バッテリー寿命が向上したスライド送りやタイマー機能付きレーザーポインター 3機種を発売

キヤノンMJ 2017年07月06日 13時00分
From PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノン MJ) は、バッテリー寿命が向上した、プレゼンテーションに役立つレーザーポインター 3 機種を7 月14 日に発売します。



[画像1: リンク ]

○キヤノンレーザーポインターホームページ:リンク

新製品“PR11-GC” と“PR110-RC” は、プレゼンテーションで使いやすい機能を搭載したレーザーポインターです。ワイヤレス機能を備えており、パソコンから離れた場所(最大30 メートル)でもPowerPoint や Keynote、Adobe Reader のスライド送り・戻りなどの操作が可能です。また、バックライト液晶搭載のタイマー機能により、暗い会議室などでもプレゼンテーションの残り時間の 確認ができます。バイブレーション機能も搭載しており、液晶画面を見なくても振動でプレゼンテーションの残り時間を知ることができます。
人間工学に基づいたプロダクトデザインを採用することで、握りやすく長時間でも操作がしやすいほか、直感的な操作が可能です。さらに、抗菌仕様となっており、複数人で使用する際にも快適です。

“PR11-GC” は、一般的なレッドレーザーに比べて視認性の高いグリーンレーザーを採用したモデルで、明るい室内や広い会場、高輝度プロジェクターを使用する際でも見やすく便利です。 レーザー光の出力方式に「ダイレクトグリーン」を採用することより、これまでレッドレーザー モデルに比べて劣っていたバッテリー寿命と低温環境下でのパフォーマンスを大幅に向上させま した。「ダイレクトグリーン」は緑色レーザーダイオードを直接発光させる仕組みのため、従来機種「PR10-GC」(2015 年8 月発売)で採用していた赤外線レーザーダイオードを緑色へ変換する方式に比べて構造がシンプルになり、レーザー出力の安定性が向上しました。これにより、従来機種に比べて電池寿命が約9 倍となり、実使用環境※において、約35 時間のプレゼン使用が可能になりました。また、従来機種では15 ~ 35℃だった推奨使用温度が0℃~ 40℃へと拡大し、低温の現場環境での作業や、冬場の会議室などにおいてもより安定した使用ができるようになりました。
[画像2: リンク ]


“PR110-RC” は、レッドレーザーを使用したスタンダードモデルです。従来機種「PR100-RC」
(2015 年8 月発売)に比べてバッテリー寿命が約2.4 倍向上し、実使用環境※において、約38 時間のプレゼン使用が可能になりました。さらに小型になった USB レシーバーとの通信可能距離も従来機種の15 メートルから30 メートルへと向上し、より離れた場所からスライド操作が可能です。本体外装色は白と黒から選べます。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



※ 1 時間のうち、40 分間レーザー機能を継続使用し(5 秒 ON/10 秒 OFF の繰り返し)さらにスライド送りを200 回行った場合。

<主な特徴>
・PowerPoint / Keynote / Adobe Reader に対応し、パソコンから離れた場所(最大30メートル) でもワイヤレス操作でスライド送り・戻りなどの操作が可能なプレゼンテーション機能。
・カウントアップ/カウントダウンに対応したバックライト付きタイマー機能。
・残り時間を知らせてくれるお知らせバイブレーション機能。
・コンパクト/人間工学設計で長時間の使用も快適。
・複数人での共有時にも快適な抗菌仕様。
・本体にマグネットで着脱できる小型USB レシーバー。
・携帯や収納に便利な純正ソフトケース同梱。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


[表1: リンク ]



<レーザーポインターの国内市場動向>
2017 年のレーザーポインター市場は、メーカー出庫ベースで約32 万台、約21 億円規模と予測しています。(キヤノン MJ 調べ)


<主な製品仕様>
[表2: リンク ]


※ワイヤレス操作範囲は使用状況により変化する場合があります。


<レーザー光の仕様>

[表3: リンク ]


「消費生活用製品安全法(PSC)」適合


商標、ライセンスについて
・Windows、PowerPoint は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
・Mac、Keynote は、米国およびその他の国々で登録されているApple Inc. の商標です。
・その他の会社名および製品、サービス名は、それぞれを表示する為だけに引用されており、各社の登録商標または商標で ある場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事