logo

OFF Line社, 株式会社ウチヤマホールディングスと提携し、「みまもりビーコン」を本格的に販売開始

OFF Line株式会社 2017年07月06日 11時00分
From PR TIMES

OFF Line社「みまもりビーコン」を本格的に販売開始

「みまもりビーコン」サービスを開発・提供し、BLE、Wi-Fiとインターネットを使用した新しいタイプのコミュニケーションアプリ「AirTalk」を運営するOFF Line株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:石塚孝一、以下:OFF Line社)は7月6日、株式会社ウチヤマホールディングスと提携し、同社が運営する介護施設のさわやか倶楽部、そして施設サービスを受けている認知症の方を対象に「みまもりビーコン」サービスの提供を本格化することを発表しました。



「みまもりビーコン」サービスを開発・提供し、BLE、Wi-Fiとインターネットを使用した新しいタイプのコミュニケーションアプリ「AirTalk」を運営するOFF Line株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:石塚孝一、以下:OFF Line社)は7月6日、株式会社ウチヤマホールディングスと提携し、同社が運営する介護施設のさわやか倶楽部、そして施設サービスを受けている認知症の方を対象に「みまもりビーコン」サービスの提供を本格化することを発表しました。

「みまもりビーコン」はすでにウチヤマホールディングスが運営する「さわやか倶楽部」の7施設に試験導入されておりましたが、今後は全て本格使用としての導入となります。 今後、株式会社ウチヤマホールディングスは「みまもりビーコン」の販売及び施設での導入目標を合計1万台(今期)とし、認知症の方を見守る「みまもりビーコン」事業を進めてまいります。

OFF Line社はみまもりビーコン事業において、サービス提供元としてニーズに対応したシステムを構築。 総販売元としてはグローバルアミュレット株式会社が対応、施設への導入・代理店販売は株式会社ウチヤマホールディングス社が担当することとなります。

■「みまもりビーコン」概要
・認知症の方にお守り型のビーコンを持っていただき、自宅または施設に設置した固定検知端末で検知することで、在宅、外出の判定を行う福祉用具です。

・弊社が強みとするBLE技術を用いた独自開発のビーコンにより、いままで実現の難しかった在宅、外出の検知が可能になりました。

・「みまもりビーコン」は厚生労働省が定める福祉用具貸与及び介護福祉用貸与に係る福祉用具の種目(平成11年厚生省告示第93号)のうち「認知症老人徘徊感知機器」に該当します。 介護用品の福祉用具レンタルコード(TAISコード):01695-000001

〇みまもりビーコンは介護保険レンタル対象機器の認定を取得しています。

販売会社:グローバルアミュレット株式会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿高木ビル7F
Tel: 03-6890-3360 Fax: 03-6890-3341

[画像: リンク ]


【会社概要】
OFF Line株式会社
所在地:東京都新宿区四谷4-30 エスツウィン新宿4階
代表取締役社長:石塚孝一
設立:2013(平成25)年10月
資本金:1億5660万円 (資本準備金含む)
事業内容:「みまもりビーコン」の開発
非接触、接触センサーにおけるみまもりサービスの開発
Bluetooth(BLE)及びWi-Fiを使用した近距離コミュニケーションアプリケーションの開発
AirTalk URL: リンク
会社URL: リンク
MAIL: info@off-line.co.jp

【本リリースに関するお問合せ】
電話:03-6380-0525 / info@off-line.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事