logo

VISITSが総額5.7億円調達。パーソルホールディングスと協働でHR Techの研究開発を加速

VISITS Technologies 株式会社 2017年07月06日 10時12分
From PR TIMES

この度、VISITS Technologies(旧社名VISITS WORKS、本社:東京都港区、代表取締役 松本勝)はHR Tech分野での協働研究開発を目的とし、パーソルホールディングス(東京都渋谷区:代表取締役社長 CEO 水田正道)と資本提携、業務提携に向けた基本合意を致しました。同時に株式会社ベクトル、三菱UFJキャピタル、グローブアドバイザーズ、既存株主等を引受先とする第三者割当増資等により、総額5.7億円を調達しました。社名をVISITS Technologies株式会社と改め経営体制を強化し、HR Tech企業としての成長を加速させてまいります。



[画像: リンク ]



1. 背景
近年日本でも「働き方改革」や「労働生産性の向上」の声がますます大きくなっております。人材領域におけるデジタルシフトが進展することで、一人ひとりが仕事にやりがいを持ち、人生に誇りを持てるようになるような世界の実現へ、日々期待度が上がっています。
当社は2014年6月に創設以降、「テクノロジーの力を駆使し、すべての人々の可能性を可視化し、自分の人生を自分でデザインできる仕組みを創る」というミッションの下、様々なプロダクトを開発しています。第一弾として2015年12月にローンチした、社会の最前線で活躍する社会人と学生をつなぐサービス「VISITS OB」は、株式会社ディスコという強力なパートナーを得て、サービスリリース後1年8か月で50万マッチングを突破する等、順調にユーザーの支持を得、業界や企業名に捉われない「自分らしい生き方とは何か」を考える機会を提供してまいりました。


2. 提携内容
このたび、パーソルホールディングス株式会社の中核会社の一つであるパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス)と業務提携に向けた基本合意を致しました。パーソルキャリアが長年にわたり蓄積した人材領域における膨大なノウハウと、弊社のデータ解析、アルゴリズム設計という強みを共有することで、派遣、転職、BPO領域等における両社のコアとなる技術開発を目指すとともに、HR Tech分野の発展に寄与する技術開発、人材の育成を行います。


3. 資金調達概要
PERSOL INNOVATION FUND合同会社(旧社名:Temp Innovation Fund合同会社)、株式会社ベクトル、三菱UFJキャピタル、グローブアドバイザーズ及び既存株主やエンジェル投資家等を割当先とする第三者割当増資を実施いたしました。
同時に日本政策金融公庫の新事業挑戦支援制度を用いた借入を実施し、総額5.7億円を調達いたしました。
調達した資金はパーソルグループとの新規事業開発ための投資、エンジニア、データサイエンティスト等の人材採用、育成及びVISITS OBの更なるユーザー価値向上のための投資に当ててまいります。


4. 経営陣と組織体制
本調達に合わせデータサイエンティストチームを強化し、元Goldman Sachs(Asia)でマネージングディレクターを務めた畑中隆氏、元McKinsey & Companyで、データサイエンティストとして豊富な経験を有する栗山実氏の2名を新たに招聘しております。パーソルホールディングスより、人材ビジネスにおいて豊富な知見を持つPERSOL INNOVATION FUNDの加藤代表パートナーを取締役として迎え、開発した技術のビジネス化を推進してまいります。

サービス開発の体制の強化を目的に、元ミクシィCTOを務めた松岡剛志氏を技術顧問として迎え、ユーザー価値向上に努めてまいります。

経営体制の整備として、オプト(現オプトホールディング)での営業本部長、ホットリンクのCOOを歴任した成瀬氏が取締役に就任し経営戦略全般を管掌、元ドリコムCFO、元ザッパラス管理本部長、公認会計士の造田氏が取締役CFOに就任し、財務、内部管理面を強化いたします。

<取締役略歴>
取締役 栗山実
東京大学大学院理学系研究科修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。大手企業に対して、データ解析から経営戦略策定に至るまで幅広くコンサルティングを行う。「ビジネス×サイエンス」の視点から、本事業においても顧客行動データの解析結果に基づいた最適アルゴリズム策定から経営戦略策定を含めたビジネス面全般に関わる。

取締役 造田洋典
公認会計士。1996年、監査法人トーマツ入所。会計監査、上場準備会社の公開指導にあたる。株式会社ドリコムの経営管理部長、取締役や株式会社ザッパラス管理本部長を歴任。新規株式公開、M&A、管理業務全般に従事。 2009年、株式会社ノボット入社で取締役CFOに就任し、2年半でKDDIへバイアウト。

取締役 成瀬功一郎
創業間もない株式会社オプト(現 株式会社オプトホールディング )へ1997年に入社。セールス、マーケティング、モバイル部門等の責任者を歴任。2007年株式会社ホットリンクへ転籍し取締役COOに就任、受託開発事業からSaaS事業へのピポッドに成功し、2013年には東証マザーズへ上場。現在は株式会社Warranty technologyの取締役副社長。

取締役 加藤丈幸
一橋大学商学部卒業後、1998年インテリジェンス(現:パーソルキャリア)入社。入社以来、人材紹介事業、転職メディア事業、人材派遣事業、アウトソーシング事業の事業企画部門のマネジメントと、通算6つのビジネスの立ち上げを経験。現在はPERSOL INNOVATION FUNDの代表パートナーとして、パーソルグループのオープンイノベーション推進を担当。

執行役員 畑中隆
京都大学大学院工学研究科修了後、 1993年ゴールドマン・サックス証券会社入社。IT部門にてトレーディングシステム開発、ニューヨーク本社クオンツ部門にてモデリング、リスク管理、株式デリバティブトレーディングに従事したのち、Goldman Sachs(Asia)でマネージングディレクターとして株式デリバティブ・クオンツトレーディング部を統括。

技術顧問 松岡剛志
Yahoo! Japan新卒第一期生エンジニアとして複数プロダクトやセキュリティに関わる。 ミクシィでは複数のプロダクトを作成の後、取締役CTO兼人事部長。 その後B2Bスタートアップ1社を経て、rectorを創業。


5.社名変更について
当社社名を株式会社VISITS WORKSからVISITS Technologies株式会社へと商号変更いたします。
本提携をもって、小中高生向けの教育分野でSAPIX YOZEMI GROUPと、大学生の新卒採用領域で株式会社ディスコと、派遣、転職、BPO等の領域においてパーソルホールディングスと、それぞれに強力なパートナーシップを元に業務を推進する体制が整いました。当社は強みとするテクノロジー分野へリソースを重点的に投入し、データサイエンティストやエンジニアを中心としたHR Techカンパニーとして成長してまいります。


VISITS Technologies株式会社
代表取締役:松本勝
住所:東京都港区六本木7-4-4 4F
事業内容:「テクノロジーの力を駆使し、すべての人々の可能性を可視化し、自分の人生を自分でデザインできる仕組みを創る」をミッションとし、キャリア形成プラットフォーム「VISITS OB」の企画・運営を行う
VISITS ウエブサイト:リンク
問い合わせ先:info@vis-its.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。