logo

株式会社ナディア、りらいあコミュニケーションズ株式会社と資本業務提携。 AI(人工知能)ビジネスを加速するクリエイティブを提供

株式会社ナディア 2017年07月05日 10時07分
From PR TIMES

株式会社ナディア(本社:東京都港区、代表取締役CEO:宮本 清之、以下 「ナディア」)は、りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中込 純 東証1部 東証コード4708、以下 「りらいあコミュニケーションズ」)と、資本業務提携を締結いたしましたので、お知らせいたします。これに伴い、ナディアは第三者割当増資を実施し、りらいあコミュニケーションズが引受けることになります。



[画像: リンク ]



この資本業務提携は、デジタルマーケティング領域での総合的な制作実績を持つナディアが、りらいあコミュニケーションズが持つコンタクトセンター/BPOサービスで蓄えられたAI(人工知能)に関する知見を活用して、これまでにないコミュニケーションを実現するクリエイティブの創出を目的にしております。
また、現在ITソリューションツールとして、りらいあコミュニケーションズが展開している「バーチャル・エージェント」「モバイル・セレクト」について、次世代型のツールとしてナディアの技術を活用して普及促進を図ることも視野に入れております。


【今後の取り組みについて】
ナディアは、広範囲でのデジタル分野においての制作実績を持っており、また現在では先端技術と言われるxR(VR、AR、MR)やAIといった分野においても研究開発を行なっております。今後の中長期計画の中においては広範囲な制作領域をワンストップで提供できるという強みを最大限に活かし、先端技術を駆使した制作や自社プロダクトやサービスを展開する中長期計画を立案し、実行しております。特に今後のウェブ制作サービスにおいてはウェブ上での「接客」に重点を置いた総合的なソリューションを提供できる技術やサービスを対象に積極的に研究開発や事業投資を行なっていく予定です。
また、りらいあコミュニケーションズは、高品質で効率の良い顧客応対を実現したい企業向けのCRM/コールセンターのシステムを提供しており、AI技術を使ったバーチャル・エージェントの手法を用いてより高品質なサポートを実現するための開発を進めています。こうしたICT基盤をバックボーンに、お客様企業と顧客をつなぐ顧客接点(チャネル)を最適化し、お客様企業のパートナーとして新たなICTサービスを提供しております。

ナディアとりらいあコミュニケーションズは、双方の中長期計画の中においてAI技術を用いてビッグデータを活用するデジタル・コンテンツ・マーケティングの重要性を認識し共同で取組みを行なっていきます。


【ナディアについて】
ナディアは、デジタル領域におけるコンテンツ企画、制作、開発、運用を行っており、特に制作分野におきましては、Web制作、システム開発、アプリ開発、映像制作、CG制作などデジタル上で自社に制作できないものはない広範囲な事業範囲を持っており、所属するクリエーター、エンジニアも100名を超えている総合的な制作会社であります。研究開発も積極的に行なっており、一例としてxR(VR、AR、MR)分野ではリアルタイム実写VRストリーミングを中心とした「360 MIRAI」ソリューションを展開しています。今後はWebマーケティングにおける顧客嗜好の変化に対応するためにAIなどの先端技術の駆使は必須になってくることから積極的な研究開発とそれを支える人材の確保など積極的に投資を行なってまいります。
ナディア: リンク


【りらいあコミュニケーションズについて】
1987年設立の大手BPO(Business Process Outsourcing)サービス会社です。全国に30ヶ所以上のオペレーションセンターを配置し、グループ全体で約3万人のスタッフがコンタクトセンター、バックオフィス、対面営業支援、Webマーケティングなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。
リンク


【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
■株式会社ナディア 広報(担当:石山)
Tel:03-5772-1414 Email:contact@nadia.bz

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。