logo

外食チェーン・フードサービス向け「サプライチェーン全体効率化を実現するクラウドシステム紹介セミナー」開催

食の安全・安心を守る商流・物流の統合管理構築を強力にサポート

多店舗展開を行う外食チェーン・フードサービス企業では、複数の物流センターの入出庫実績、月間の出荷高、荷役保管料などの様々な物流データと、受注・発注データなどの商流データをいかに見える化し、主要なKPIをいかにタイムリーに把握できるかが、企業のサプライチェーン全体効率化におけるポイントになっています。
そこで本セミナーでは、「物流/商流データ」と「物流」・「卸売」・「メーカー/ベンダー」といった関連企業とをクラウドシステムでつなぎ、統合管理を実現したビジネスモデルを、全国で数百の店舗を展開する企業様の実例をもとに大公開致します。



[画像: リンク ]

ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役CEO:小野崎伸彦)は、急増する外食チェーン企業、フードサービス企業からのシステム導入照会を受け、このほど7月26日(水)、初の外食産業向けSCM全体効率化セミナーを開催することとなりました。

同セミナーでは、多様な事業形態をもつ外食チェーン企業、フードサービス企業に向け、クラウドシステムにより物流・卸売・メーカーなどの各階層を貫いて物流・商流のデータを統合管理するためのノウハウを、実際の導入事例に基づいてご紹介いたします。

<外食チェーン・フードサービス向け>
サプライチェーン全体効率化を実現するクラウドシステム紹介セミナー
・開催日時:2017年7月26日(水) 10:00~12:00
・開催場所:トラスブ山王健保会館2F会議室(東京都港区赤坂2-5-6)
・プログラム:(第一部)10:00~10:35「物流/商流データを一元化するクラウドシステム」
(第二部)10:45~11:25「某外食チェーン企業様におけるシステム導入事例」
(第三部)11:25~11:35「店舗向け最新カメラソリューション」
(個別相談会)11:35~
・URL:リンク


【株式会社シーネットについて】
1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。自社開発、自社マーケティングの効率的な体制により、多様な業界・業種・業態の物流現場が抱える課題に常に最適解を提示、2011年から6年連続でWMSパッケージ出荷金額No. 1を達成しています。

現在は充実した標準機能をもつWMSシステムをクラウドで提供し、物流の側面から経営の【効率化】【見える化】のためのソリューションを提供しています。
・会社名:株式会社シーネット
・設立:1992年1月
・代表者:代表取締役CEO 小野崎 伸彦
・URL:リンク
・事業内容:物流システム研究開発・販売、物流システムクラウドサービスの提供

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事