logo

描いた絵が動く!次世代玩具「おえかきアーティスト」専用ソフト第2弾

『わくわくおしごとタウン』7月上旬発売

 株式会社メガハウス (バンダイナムコグループ、代表取締役社長:奥山嚴/東京都台東区)は、デジタルスケッチブック玩具「おえかきアーティスト」専用ソフト第2弾として『わくわくおしごとタウン』を2017年7月上旬より発売致します。




[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


 


 同商品は、microSDカード形式で、おえかきアーティスト本体にセットすることにより、遊ぶことができるソフトです。「おえかきレストラン」「おそうじチャレンジ」「えいたんごゲーム」「おしごとぬりえ」の4モードと既に本体に入っている「おえかき」と「うごく絵」の2モードの拡張機能の計6種を遊ぶことができます。
 お子様が好きなお仕事体験を通して、創造力や英語力等が楽しみながら身につく内容になっています。

憧れのお仕事体験をしながら創造力や英語力が身に付く!新モード
1.おえかきレストラン 創造力UP!

[画像3: リンク ]

コックになりきって料理を描いていきます。
2.おそうじチャレンジ 筆圧力UP!
タッチペンを使って楽しくお仕事体験ができます。
3.えいたんごゲーム 英語力UP!
コンビニのお仕事ゲームをしながら
英単語が覚えられます。
4.おしごとぬりえ 知識力UP!
ぬりえをしながら18種のお仕事が学べる
「おしごと図鑑」です。
従来のモードの拡張機能2種
5.おえかき
新スタンプが使えます。
6.うごく絵
新背景が追加されます。

■商品名:おえかきアーティスト専用ソフト わくわくおしごとタウン
■本体形式:microSDカード
■モード:1.おえかきレストランモード 2.おそうじチャレンジモード 3.えいたんごゲームモード
     4.おしごとぬりえモード 5.おえかきモード(機能の追加)6.うごく絵モード(機能の追加)
■発売日:2017年7月上旬
■メーカー希望小売価格:3,980円(税抜価格)
■ホームページ:リンク


『おえかきアーティスト』
 おえかきアーティストは、液晶パネルに付属の専用タッチペンで絵を描くと、描いた絵が動き出す「動く絵モード」や、簡単にパラパラアニメを作れる「パラパラアニメモード」など全10モードを搭載しているカメラ付きのデジタルスケッチブックで2016年7月上旬に発売しました。デジタルならではのおえかき遊びを、成長に合わせて長く楽しむことができます。
[画像4: リンク ]

■商品名:おえかきアーティスト

[画像5: リンク ]

■セット内容:おえかきアーティスト本体、専用タッチペン、取扱説明書
■発売日:2016年7月上旬 発売中
■メーカー希望小売価格:20,000円(税抜価格)
■ホームページ: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事