logo

世界各地のマリオット・ホテルで「TED Salon」開催

マリオット・インターナショナル 2017年07月04日 13時54分
From PR TIMES

ゲストのクリエイティビティを刺激する集いの場に

今日のホスピタリティ業界を牽引するマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーン・ソレンセン)が展開するマリオット・ホテルは、6月29日にバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークにてTED Salonを開催しました。昨年9月にTEDとのパートナーシップを発表して以来、シアトル、ロンドン、アブダビに続いて4回目、アジアでは初のTED Salon開催です。



[画像: リンク ]


今回のTED Salonでは、バンコクを舞台に活躍する3名のTEDフェローが、「旅がいかに新たなアイデアを生み出すか」をテーマにトークを繰り広げました。まず、インド出身のマルチメディアアーティスト、アパルナ・ラオ氏は、ユーモラスに社会風刺する自身のアート作品を生み出す旅について語りました。続いて、上海を拠点にオンラインファーマーズマーケットYimishijiを運営するマチルダ・ホー氏が、世界の農村コミュニティ支援について興味深い話を披露しました。そして最後は、香港を拠点にMakerBayやScoutbotsを起業した原田・セザール・実氏が、ロボットの進化がいかに海洋清掃に貢献できるか話しました。

「ホテルでのご滞在に、より多くを期待される今日の旅行者のご要望に応えるべく、私どもでは画期的な取り組みを実現させました。私どもが提供するTEDプログラムは、娯楽のみならず、お客様自身の啓発にもつながるコンテンツも含んでおります。TED Salonなどを通じて、お客様のクリエイティビティを刺激し、新たなインスピレーションを得られる環境をご提供してまいりたいと考えております。」(マリオット・インターナショナルアジア太平洋地区ブランド&マーケティング担当副社長マイク・ファーカーソンのコメント)

今回TED Salonが開催されたバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークは、アジア太平洋地区で初めての「マリオット・マーキス」カテゴリーのホテルです。総面積6,000平方メートル以上のスペースにミーティングルームが35部屋、また、1,360の客室と、6つのレストランを備えております。バンコクの中心に位置し、ミーティングや特別なイベントに最適なホテルです。

世界各国のマリオット・ホテルでは(一部のホテルのみ)、客室内でマリオットオリジナルTEDコンテンツのストリーミング配信TED Talksを視聴いただけます。なお、次回のTED Salonは、7月にチリのサンチアゴ・マリオット・ホテルで開催予定です。

マリオット・ホテルについて
世界の59の国と地域において500軒以上のホテルとリゾートを展開するマリオット・ホテルは、次世代の旅行者にきらめくような旅の体験を提供するべく、あらゆる面で進化を続けています。仕事やプライベートで世界を飛び回る旅行者のため、マリオットはスタイル、デザイン、テクノロジーを融合した「グレートルーム ロビー」や「モバイルゲストサービス」を導入するなど、革新的なアイデアで業界をリードしています。マリオット・ホテルは旅行業界で数々の賞を受賞しているロイヤリティプログラムであるマリオット リワード(R)(ザ・リッツ・カールトンリワード(R)を含む)に参加しております。会員の方は、members.marriott.com でスターウッド プリファード ゲスト(R)とアカウントをリンクでき、エリートステータスのマッチングや無制限のポイント移行を即座に行うことができます。詳しい情報はwww.MarriottHotels.com 、Facebook(@Marriott)、またはTwitter(@Marriott)、Instagram(@marriotthotels)にてご覧ください。

TEDについて
TEDは、Ideas Worth Spreading(広める価値のあるアイデア)を理念とする非営利団体で、主に、各分野をリードする人々による短いプレゼンテーション(18分程度)を主催しています。プレゼンテーションの多くは、毎年カナダのバンクーバーで開催するカンファレンスで行われ、TED.com で無料配信しています。これまでに、ビル・ゲイツ、ジェーン・グドール、エリザベス・ギルバート、リチャード・ブランソン、モニカ・ルインスキー、フィリップ・スタルク、ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ、サル・カーン、ダニエル・カーネマンといったスピーカーが登壇しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。