logo

“知ってトクする”健康情報を薬剤師がお届け 電子お薬手帳「お薬手帳プラス」新コンテンツ 『知っ得!薬剤師コラム』スタート!

日本調剤株式会社 2017年07月03日 15時00分
From PR TIMES

日本調剤株式会社 ニュースリリース

 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:三津原博)では、7月3日(月)から、自社で開発した電子お薬手帳「お薬手帳プラス」内の新コンテンツとして、『知っ得!薬剤師コラム』の配信をスタートしました(平成29年7月3日アップデートのバージョン2.7.2より公開)。



 昨今、インターネットの普及により、信憑性の問われる医療情報があふれ医療や薬に関する正しい情報が入手しづらくなっていると言われています。日本調剤では、薬剤師が薬の専門家として信頼できる確かな情報を広く発信していきたいと考えており、学術団体のガイドラインなど信頼性の高いエビデンスに基づいた情報提供を積極的に行ってまいります。

 紙のお薬手帳の機能にスマートフォンの特性を“プラス”した日本調剤の電子お薬手帳「お薬手帳プラス」は、平成27年10月から運用を開始。平成29月6月末現在で登録会員数は18万を突破しています。
 同アプリ内には、健康管理やヘルシーなライフスタイルをサポートする「健康コンテンツ」を展開しており、今回、このなかに新コンテンツ『知っ得!薬剤師コラム』をリリースしました。毎月1回、当社薬剤師が記事を執筆し、子どもへの薬の飲ませ方などママ・プレママ世代に向けた情報や、薬と食べ物の飲み合わせなど、あらゆる年齢層に向けた“知ってトクする”さまざまなテーマを取り上げます。7月3日に配信したvol.1では「授乳と薬」をテーマに、授乳中の方が気になる薬との付き合い方について紹介しています。
 なお、本コンテンツは「お薬手帳プラス」をインストールし、メールアドレスでの会員登録が完了するとご覧いただけます(無料)。

 日本調剤では、患者さまの日々の健康管理に「お薬手帳プラス」をより一層お役立ていただけるよう、今後もコンテンツの充実やユーザビリティの改善などに積極的に取り組んでまいります。

[画像: リンク ]



<日本調剤 電子お薬手帳「お薬手帳プラス」 概要>
 「お薬手帳プラス」は、紙のお薬手帳にスマートフォンの特性を「プラス」して、より便利で健康な生活をお手伝いする機能を取りそろえたアプリです。「お薬手帳機能」により、服薬情報をスマートフォンで管理できます。日本調剤の薬局でお渡ししたお薬については、来局ごとの服薬情報が自動登録されます(注1)。お薬の待ち時間を有効活用できる「処方せん送信機能」もあります。
 また、日々の健康管理に便利な体重・血圧・血糖値などを数値・グラフで記録できる「健康記録」をはじめ、病院や薬局の通院記録などの登録ができる「カレンダー機能」、健康管理をサポートするお役立ち機能「健康コンテンツ」など充実した機能を兼ねそなえています。さらに、登録した1台のスマートフォンで複数のユーザーの服薬情報を共有できる「家族管理」設定も可能です。

(注1)日本調剤の薬局で紙のお薬手帳を使い、服薬管理されている方が対象の「本会員」登録が必要となります。

「お薬手帳プラス」の詳細は、サポートサイトリンクをご参照ください。


<『知っ得!薬剤師コラム』 概要>
コンテンツ名:知っ得!薬剤師コラム
運用開始:平成29年7月3日(月)
内容: 毎月1回、当社薬剤師が執筆した薬や健康に関するさまざまな情報をお届けします。
※本コンテンツは、無料でご利用いただけます。


以上


【日本調剤株式会社について】 リンク
 1980(昭和55)年の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局 展開を積極的に行っています。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し約3,000名の薬剤師を有する、日本を代表する調剤薬局企業として評価を得ています。また、ジェネリック医薬品の普及や在宅医療への取り組みを積極的に進めており、さらに超高齢社会に必要とされる良質な医療サービスを提供する「日本のかかりつけ薬局」を目指して取り組んでいます。

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
日本調剤株式会社 広報部 広報担当
TEL:03-6810-0826 FAX:03-3201-1510
E-Mail:pr-info@nicho.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事