logo

キャップジェミニ、NelsonHall社によりマネージド・セキュリティ・サービス分野の「リーダー」に格付け

キャップジェミニ株式会社 2017年07月03日 12時20分
From PR TIMES



[画像: リンク ]


【2017年5月30日:パリ発】
世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスプロバイダーであるキャップジェミニは、NelsonHall社のベンダー評価ツールであるNelsonHall Vendor Evaluation and Assessment Tool (NEAT) のマネージド・セキュリティ・サービス分野全体における「リーダー」としての位置付けを獲得しました。また、その他すべてのカテゴリー:アドバンスセキュリティ、Appセキュリティならびにネットワークセキュリティにおいても、「リーダー」として認められました。

NelsonHall社はNEAT Reportsで、キャップジェミニを「リーダー」と位置付けた理由として、以下の強みを指摘しています。

お客様のセキュリティ管理を引き継ぐお客様専用のセキュリティオペレーションセンター(SOC)を確立する意欲、能力および実績
サイバーセキュリティ・グローバル・サービス・ライン(GSL)の設立、複数のSOCへの投資、新たな再利用可能なサービス、拡大を続けるサイバーセキュリティ・パートナー・ネットワークを通じて示された高い投資実績
SCADA(監視制御・データ収集システム)のセキュリティに関する豊富な経験と、Euriware社買収による能力強化
ビッグデータアナリティクスに関するPivotal社との強力なパートナーシップ - 異常動作検出に適用


NelsonHall社Senior IT Services Analyst、Mike Smart氏のコメント:キャップジェミニがMSS NEAT評価でリーダーとして認められたのは、サイバーセキュリティ・グローバル・サービス・ラインの設立から新たな再利用可能なサービス、サイバーセキュリティの提供の拡大まで、セキュリティへの投資が認められたからです。また、「最適な人材&最適なツールセットによる最適なプロセス」を実現するキャップジェミニ独自のモデルは、自社のロバストなサイバーセキュリティ・アカデミー、最近立ち上げたマルチタレントのマネージドSOC、スレット・ハンティング(標的型サイバー攻撃の検知・対応)サービスの提供、Pivotal社とのビッグデータに関するパートナーシップ - これは異常動作検出に活かされています - で実証されています。

さらに、このレポートでは、キャップジェミニにとって大きな市場のひとつであるヨーロッパでの規制導入がキャップジェミニにとって有利に働くだろうと強調しています。その理由は、2018年5月に施行されるEU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)は、その準拠を企業に要求するものであり、キャップジェミニは企業のGDPR準拠への移行を支援できるからだとしています。

キャップジェミニのサイバーセキュリティ・グローバル・チーフ・オペレーション・オフィサー、Mike Turnerのコメント:今回の位置付けは、当社のマネージド・セキュリティ・サービスに対する投資と、開発のための膨大な作業、そしてお客様が直面しているビジネスの最重要課題に合わせたさまざまなフィールドサービスの提供の大きな結果であり反映であると認識しています。2017年には、スレット・ハンティングなどを含むサイバーセキュリティポートフォリオと地理的範囲の拡大によって、当社のサイバーセキュリティ事業はますます強力になっていくでしょう。

このNEAT Reportsでは、ITサービスポートフォリオの一部としてマネージド・セキュリティ・サービスを提供するベンダーのパフォーマンスを分析しています。企業の戦略的ソーシングマネージャーは、NEATツールを使用して、さまざまな基準からビジネス状況までベンダーの能力を評価し、またアプリケーションセキュリティ、ネットワークセキュリティ、高度セキュリティサービスという特定の視点から、そしてトータルとして最高のパフォーマンスをもつベンダーを特定することができます。NelsonHall社は、このレポートで10のサービスプロバイダーの評価を行っています。

レポート全文をお読みになりたい場合は、以下をご覧ください。
リンク

NelsonHall社について
NelsonHallは、BPS・ITサービスの大手リサーチカンパニーです。NelsonHallは、グローバルな手法でベンダーならびにアウトソーシング市場の分析を行い、そのリサーチの品質と奥深さは広く認められています。NelsonHallは、独自のSpeed-to-SourceメソドロジーとNEATベンダー評価で、バイサイドの企業のBPSならびにITサービスアウトソーシングプロジェクトに関する時間とコストの大幅な短縮・削減を支援しています。


キャップジェミニについて
キャップジェミニは、2017年に創業50周年を迎え、従業員数19万人以上、40か国にビジネスを展開する、世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスプロバイダーです。グループの2016年のグローバルでの売上は125億ユーロを達成しました。キャップジェミニは、お客様とともに、お客様のニーズに合わせて、お客様によるイノベーションと競争力の実現を可能にするビジネス、テクノロジー&デジタルソリューションを開発し、提供しています。完全な多文化組織であるキャップジェミニは、独自の作業形態であるthe Collaborative Business ExperienceTM,を開発し、独自のデリバリーモデルであるRightshore(R)を活用しています。

詳細は、以下をご覧ください。
リンク(キャップジェミニ)
リンク(キャップジェミニ株式会社)

Rightshore(R)はキャップジェミニの登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。