logo

日本古来の神社クラウドファンディング「崇敬会」を分かりやすく解説した「すうけいが・よくわかる」を開設。

すうけい 2017年06月30日 23時58分
From PR TIMES

~ クラウドファンディングで神社の資金調達、崇敬会の登録や新たな崇敬会の創設も分かりやすくサポート ~

人と神社をICTでつなぐ崇敬会支援事業を行う、一般社団法人 神社崇敬会(事業所:東京都目黒区、代表理事:秀島康右)が、6月30日、日本古来の神社クラウドファンディング「崇敬会」を分かりやすく解説した「すうけいが・よくわかる」を開設したことをお知らせします。
【URL】リンク



[画像1: リンク ]

「すうけいが・よくわかる」では、崇敬会の成り立ちや、氏子制度と崇敬会の違い、一般社団法人神社崇敬会の仕事内容について、キャラクター「すうけいくん」と「わかるくん」の会話方式で分かりやすく解説する。この他にも、「一般社団法人神社崇敬会ってどんな団体?」や、「崇敬会ってどうやってはじめるの?」など、実際にネット上で崇敬会を解説するための手順を分かりやすく解説するページもある。


すうけいについて
すうけいはネット上でクラウドファンディング形式の崇敬会を解説できるプラットフォーム。数点の画像と説明文で簡単に崇敬会が運営できる。崇敬会はすうけい内で会員特典を販売し、収益を崇敬神社に奉納することが可能。7月からキャンペーンを兼ねたグッズと神棚の先行販売を他社クラウドファンディングサイトでおこない、参加崇敬会の増加を狙う。

[画像2: リンク ]



■キャラクター紹介

[画像3: リンク ]

すうけいくん
なんでも聞きたがる好奇心旺盛な青年。幼いフェイスだが年齢不詳。小中学校まではスポーツ万能で人気者だったが、高校から始めたラグビーでヘルニアを発症し、そこからスポーツを諦め勉強に目覚める。あわてん坊で憎めないキャラクターはみんなから愛されている。ラグビー部のときのポジションはフランカー。


[画像4: リンク ]

わかるくん
なんでも知っている博学キャラの青年。老けて見えるが年齢不詳。一見真面目に見えるが、こうみえてアクティブな性格で、大学卒業後は商社に勤めるも一年で退職し世界放浪の旅に出たこともある。世界を見てきた知見から日本文化の継承と発展の必要性を感じ、一般社団法人神社崇敬会に就職した。愛犬の名前はベッキー。

■「すうけいが・よくわかる」の概要

[画像5: リンク ]


氏神神社と崇敬神社の違いという基礎的な知識から、崇敬会の成り立ち、神札の祀り方までを、すうけいくんが質問し、わかるくんが解説するという会話方式でレクチャーしていく。読み終わったときにはほとんどの人が崇敬会について深い知識を得られるよう設計されている。


[画像6: リンク ]


「崇敬会ってなんだろう」
リンク
[画像7: リンク ]


(一社)神社崇敬会ってどんな団体?
リンク


[画像8: リンク ]


「崇敬会ってどうやってつくるの?」
リンク

上記の他に、実際にネット上で崇敬会を始めるための詳しい手順を解説し、そのまま登録・創設フォームで申請できる

「さあ、崇敬会をはじめてみましょう」
リンク

や、神社崇敬会設立のきっかけや趣旨について書かれた

「代表理事ご挨拶」
リンク

などのコンテンツを追加。
崇敬会クラウドファンディング「すうけい」への神社の参加を促す。


【法人概要】
法人名:一般社団法人 神社崇敬会
所在地:東京都目黒区八雲二丁目6番11号 1F
代表者:秀島康右
設立:2017年4月10日
URL:リンク
事業内容:崇敬会の創立及び運営に関する支援事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。