logo

アドバンテック、インダストリー4.0の実装を促進する接続機器と統合ソリューションの総合ラインナップを披露

~6/29 iSensing & iConnectivity Roadshow レポート~

産業用コンピュータの分野で世界トップシェアであるアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)は、4月に大阪で開催された「インダストリー4.0フォーラム」を通じて盛り上がった気勢に乗り、「Taking a Leap into Connected Equipment(接続機器への飛躍-センサーと接続からクラウドへ)」をスローガンとした技術ワークショップイベント:「iSensing & iConnectivity Roadshow」を、6月29日(木)に東京にて開催いたしました。



[画像1: リンク ]


インダストリー4.0を実現するには離れた機器へ接続することが不可欠となります。本ワークショップ・イベントでは、その場合の各階層における主要技術に焦点を当てた内容を中心に講演・解説をいたしました。さらに、アドバンテックは、ソフトウェアとハードウェアの統合を特徴とする同社の「WISE-PaaS IoTソフトウェア・プラットフォーム」を発表いたしました。このプラットフォームは、サードパーティのシステムインテグレーターと提携して開発された製品です。このプラットフォームを通じて、アドバンテックはインダストリー4.0政策の導入を前向きに検討している地方自治体を支援いたします。アドバンテックはまた、ワイヤレスセンシング、通信、リモート監視技術を活用することで、現地企業と提携し、彼らの技術強化とプロジェクト実装も促進しております。

アドバンテックの「インダストリアルIoTグループ」にてネットワーク部門のバイスプレジデントを務めるAlpha Chenによると、インダストリー4.0のコンセプト自体はたしかに近年において普及し続けてはいるが、多くの既存機器にはネットワーク機能がまだ十分に搭載されておらず、それが原因で実現そのものが停滞しているという現状を指摘しております。アドバンテックは多様な業界に対して、エッジからクラウドに至るまで機器と機器の間の通信を可能にする総合ソリューションを提供し、情報の「孤島化」という壁を解消します。これによりプロジェクトの実行者は、機器が一般の通信プロトコルに準拠しているか、特殊接続ソリューションが必要であるかに関わらず、素早く効率的なインテリジェント統合を行うことができます。

アドバンテックでは、この技術ワークショップ・イベントを、今年度に日本よりも早くマレーシアとシンガポールにて4月に開催いたしました。Alpha Chenによると、両国の政府が積極的に「スマート国家」の実現に向けて動いており、行政として後押ししているインダストリー4.0の導入をアドバンテックとして支援するためだった、と述べました。アドバンテックは低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)、モバイルネットワーク、その他の遠隔通信技術を用いて、総合的な受信機能および産業通信の需要を満たせる高い信頼性のある製品を開発してきました。さらに、LoRaアライアンスの創立メンバーであるSemtechと提携し、LoRaとLoRaWAN技術を同社の通信およびセンシング機器へ統合し、IoTアプリケーション向けに低消費電力のリモートデータ送信機能を実現してきました。
[画像2: リンク ]



また、本イベントにて、アドバンテックは設備の接続機能に関する以下の3つの技術トピックを紹介いたしました。

アドバンテックのWISE-PaaSプラットフォームとWebAccess IoTアプリケーションソフトウェアがエッジからクラウドに至るまで、すべての情報を統合


Platform as a Service(PaaS)クラウドコンピューティング環境に基づき、アドバンテックのWISE-PaaSプラットフォームとWebAccess IoTアプリケーションソフトウェアは、プロジェクトを個別に順次完了させる必要のあった従来の運営モデルを変革しました。その代わり、WebAccessは全ての情報をリアルタイムにクラウドへアップロードし、ビッグデータ解析、マシンラーニングと予知保全といったビジネスインテリジェンスアプリケーションなどを実現させました。データを収集しクラウドへ連結させるためにこのソフトウェアを導入すれば、制御アーキテクチャの寿命と拡張性を改善できます。


データ取得と制御機能にリモート通信技術を統合し、即時性、高信頼性、そして安全性の高い産業通信の需要に対応


アドバンテックの産業ネットワーク通信製品とデータ取得モジュールはすべて、3G、LTE、LoRaといったリモート通信技術と統合されています。過去の経験と成功事例をデータ収集および制御に使用し、インダストリー4.0アプリケーションの設備に対する機器のネットワーク機能要求を満たすために通信のソリューションを開発いたしました。

TagLink技術を活用してインテリジェントリモート端末を作成


アドバンテックは、演算、通信、I/O制御を組み合わせた統合設計を特徴とするTagLink技術を開発し、リモート機器のネットワークアプリケーションが上層のSCADAレイヤーで統合済データを扱えるようにしました。現在市場に出回っているほとんどの設備においては、端末機器はステータスデータを中央制御室に送る必要があり、そこで特定の端末への指示が発せられます。Wi-Fi、3G/4G、その他の柔軟なハードウェア機能を統合しているTagLinkは、端末機器が即時に反応し、反応時間を短縮してデータのアップロードに必要な帯域を節約できるようにします。TagLinkは設定とインストールにかかる時間と手間を削減し、遠隔地の自動監視環境にて幅広く実装でき、リモート機器の接続アプリケーションを支援いたします。

今回のイベントには、約100名以上の方にご参加いただき、インテリジェントゲートウェイ、プロトコル変換機能を持つネットワーク機器、IoTワイヤレス検出ノード、インテリジェントリモート端末などを含む、インダストリー4.0向けのリモート制御および接続機能に関わる技術を紹介いたしました。
[画像3: リンク ]

アドバンテックはまた、SCADAソフトウェアを搭載したWebAccess、スマート工場向けのMicrosoft Azure Cloud、WISE-4000シリーズのワイヤレス検出ノード、EtherCATリモートI/O機能を備えた分散制御システム、Wi-Fiおよびセルラールーターを搭載するインテリジェント倉庫通信ソリューション、クラウド内にNode-REDを備えるSmartSwarm IoTゲートウェイ、その他各種のネットワーク通信ソリューションといった、同社のインテリジェント製品およびソリューションの多くを、実際に機器を披露しながら実演いたしました。アドバンテックの新技術と製品を技術フォーラムイベントで体験した後、参加者の約50%が購入の意思を示しました。

アドバンテックは次回の同技術ワークショップ・イベントを、韓国にて開催する予定です。

■ アドバンテックについて  - インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命です -

台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国94都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。

また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめさまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。(アドバンテック株式会社 ウェブサイト リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事