logo

仏クリアシー社 鉄道車両用安全リレー「RS4」に安全レベルSIL4を取得

クリアシー(本社:仏エクス=アン=プロヴァンス)は鉄道車両用安全リレー「RS4」シリーズの6製品すべてに、安全レベルSIL4の認証を取得しました。RS4はNO接点の開放状態を安全レベルSIL4で保証する初めての自動制御安全リレーです。安全規格EN 50129およびEN 50155に基づき、2016年12月、フランスの鉄道関連認証機関セルティフェール(Certifer)により認証を受けました。

RS4のメリットは、安全リレー1台でガルバニック絶縁が保証された安全性の高い接点が利用できることです。また、再読み取りのための補助接点が不要なため、コンパクトで場所をとりません。安全リレーやそれに類する装置の市場で、これらのメリットを兼ね備えた製品はRS4が初めてであり、車載または線路脇設置の制御装置にとって大きな技術的進歩となります。

RS4シリーズの安全リレーは24~100ボルトの様々な制御電圧に対応。各モデルには2~4個のNO接点と2~6個のNC接点があり、ケースはDINレール用ケースと3Uカードの2タイプがあります。接点と制御システムは2000ボルトでガルバニック絶縁されています。


RS4シリーズの安全リレーは、いかなる環境下でも使用できるよう、気温-40℃~70℃、振動・衝撃、塩水噴霧というもっとも厳しい環境下で認証を受けました。現在、フランス ニースのトラム車載制御システム、ルクセンブルク市のトラムLuxtram、リヨンのトラムの踏切保全システムで採用されています。特にリヨンで採用されたDIN 202 24 V(2012年開発開始)で得た経験は、RS4最新モデルの開発に生かされています。

RS4シリーズについて
安全性確保のため、下記の原則を遵守
・2つの内部リレーを使用。RS4のNO接点はそれぞれ、直列に置かれた2つの内部リレーの接点に対応。2つの内部リレーのうちひとつでNO接点が閉じた場合、RS4のNO接点は開いた状態で保持。
・2つの内部リレーのうちひとつが閉じるとRS4の制御が阻害されます。このためRS4の内部リレーの接点が両方とも同時に閉じることはありません。
・この制御阻害とリレーに関するあらゆる機能はセルティフェールによりSIL4に認証されています。
・EN 50205に準拠したガイド接点つき内部リレー(接点の再読み取りを保証。NO接点とNC接点のオーバーラップを回避)。
・接点の酸化防止のため、内部リレーを密閉。
・コモンモード除去のための様々な部品を利用。
・絶縁距離の確保、内部リレーボックスの密閉によるショート防止設計。

製造工程も各規格に準拠
・PCBおよびIPC-A-610 「電子組立品の許容基準」クラス3に準拠。
・すべてのリレーに対し、安全性テストと機能テストを実施。
・IRIS(国際鉄道産業標準)を製造工場にも取得。
・ISO 9001をクレアシー社とそのサービスプロバイダーともに取得。


クリアシー社について
クリアシーは、創業者CEOティエリー・アルヴァにより2001年に設立されました。エクス=アン=プロヴァンスの本社と、パリ、リヨン、ストラスブールの拠点で合計100名以上の従業員を抱え、操作性の高いセーフティクリティカルなシステムおよびソフトウェアを製造・販売しています。
鉄道分野で最高レベルのSIL1からSIL4までの安全性認証を持つシステムの開発と販売を行い、システムの設計から試験と検証、さらに実用化まで安全認証を受けたソリューションを提供します。同社は高い安全水準を実現し、多くの大規模プロジェクトに参加してきました。アルストム、ボンバルディア、パリ交通公団(RATP)、タレスなどの鉄道分野や航空、エネルギー関連の業務を手掛けています。三菱重工によるマカオでの軌道系交通システム(Macau Light Rapid Transit:LRT)建設事業において、専用車軸カウンタを開発するなど、日本企業とのコレボレーションの実績もあります。
ウェブサイト(英語)リンク

2017年の展示会参加予定
 SmartMetro
2017年11月6~8日 フランス パリ ブース番号:7

 Rail+Metro China 2017
2017年11月21~23日 中国 上海 ブース番号:E7S159

クリアシー社 お問い合わせ先(英語またはフランス語)
Mr. Thierry Servat (ティエリー・セルヴァ:社長)
Mail: contact@clearsy.com

このプレスリリースに関するお問い合わせ先
フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 
プレス担当 相川千尋
Mail : Presse.JP@businessfrance.fr
〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。