logo

サンセイランディックと百戦錬磨が業務提携契約締結

株式会社百戦錬磨 2017年06月30日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年6月30日

株式会社サンセイランディック
株式会社百戦錬磨

~民泊新法の成立を受け、民泊を新しい不動産ソリューションに!~
サンセイランディックと百戦錬磨が業務提携契約締結

株式会社サンセイランディック(本社:東京都千代田区、代表取締役 松﨑隆司、以下サンセイランディック)と株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長 上山康博、以下百戦錬磨)は、公認民泊を利用した不動産の流動化・活用を目指し、業務提携契約を2017年6月30日に締結いたしました。これは住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立を受けて、まったく新しい民泊を活用した不動産ソリューション開発を目指すものです。両社の強みやノウハウを活かすことによって、不動産における権利調整の更なる進展や、遊休資産活用への取り組みが実現できると両社が合意し、本業務提携に至りました。

<業務提携の趣旨・概要>
サンセイランディックは権利が錯綜した不動産にソリューションを提供することで再生を目指す企業であり、百戦錬磨はICTを活用して新たな旅行需要を創造する公認民泊事業の先駆的企業です。サンセイランディックは底地や借地権付建物、入居率の低下した居住用賃貸不動産の買取りといった既存事業や、コンサルティング等によるフィービジネスのさらなる拡大を目標に掲げており、その実現のためには買取り後の建物を有効活用するなど、さらなるサービスの充実が不可欠となっています。

百戦錬磨が提供する「公認民泊予約サイト「STAY JAPAN」(リンク)」は昨今の増加するインバウンド宿泊需要に対し、日本の空家・空室などの住宅を受け皿とする民泊を紹介するもので、自治体の許認可をもつ民泊施設のみを掲載しております。両社はこれまで、約1年間に及ぶ東京都大田区での試験的な民泊施設運用を行ってまいりました(施設URL:リンク)。民泊新法の施行による今後の全国的な公認民泊の普及により、サンセイランディックが企図するサービスの拡充を、百戦錬磨が推進する、利用者や近隣住民の方にとっての安全・安心な「公認民泊の提供」が後押ししていくことが期待できます。

本業務提携は、公認民泊を利用して不動産活用の選択肢を拡げることにより、サンセイランディックが強みを持つ権利調整事業の更なる発展を目指すものです。百戦錬磨が強みとするICTを活用した旅行需要の創造を通じ、これまで無かった不動産の収益モデルの確立を図り、権利の複雑化等を理由に、流動化が進まない不動産の売却・活用といったニーズへの新たなソリューションの提供を目指してまいります。

<株式会社サンセイランディックについて>
会社名:株式会社サンセイランディック(証券コード:3277)
本社所在地:東京都千代田区丸の内二丁目5番1号
代表者:代表取締役 松﨑 隆司
事業内容:不動産の仕入及び企画販売
     不動産の管理・コンサルティング業務
資本金:721百万円(2017年3月現在)

<株式会社百戦錬磨について>
会社名:株式会社百戦錬磨
所在地:宮城県仙台市青葉区本町2-17-17(本社所在地)
    東京都千代田区外神田2-18-20(東京事務所)
    大阪府大阪市西区靭本町2-4-6 SJ OSAKA CENTRAL303 (大阪事務所)
代表者:代表取締役社長 上山 康博
事業内容:各種ICTサービスの自社開発/運営
     コンサルティング事業
資本金:784百万円(2017年3月現在)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。