logo

<越境ECサイト『SD export』の販売動向レポート>登録数、購入額が急伸する香港では機能性アイテムが人気!

ラクーン 2017年06月30日 12時39分
From PR TIMES

7月1日で中国に返還されて20周年を迎える香港。大きな節目を迎え再び世界から注目を集める香港ですが、株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)が運営するBtoBの輸出販売サービス『SD export』も注目している国の一つです。
香港はもともと『SD export』の利用が多い国でしたが特にここ最近、登録数・購入額ともに急伸しています。
そこで今回は『SD export』の香港の動向についてまとめてみました。




[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]



■SD exportとは?

日本国内のメーカーと海外の企業・小売店が取引できるBtoBの越境ECサイトです。2015年8月からサービスを開始し、現在商品掲載数は約17万点。ファッション、雑貨、日用品、ステーショナリー、食器など幅広く扱っています。





■香港の登録数が急伸

[画像3: リンク ]




SD exportは登録制サイトであり、利用するには事前登録が必要です。
サービス開始から現在までの登録会員数を国別に見ると、登録数の多い順にアメリカ、台湾、香港となっておりますが、直近3か月のデータでは香港が登録数1位です。
特に5月から香港の登録数が伸びています。


■香港の購入額・購入店舗数がともに拡大

[画像4: リンク ]



購入額、購入店舗数に関しても香港が伸びています。
それまで1位をキープしていた台湾を抜いて、直近3か月では香港が購入額・購入店舗数ともに1位となり、その傾向は現在も続いています。
その要因として、SD exportで香港から人気の高い機能性グッズが拡充したこと。またレインブーツや湿気取りなどの梅雨対策グッズがよく売れていることから、香港の季節ニーズにSD exportの商品がうまくマッチしたことなどを推測しております。



■ポイントは“機能性”?!香港から人気の商品

香港からよく購入されている商品をご紹介します。どれも“機能性に優れている”という共通点が見受けられます。


[画像5: リンク ]

anello(アネロ)のバッグ
anelloは日本のメーカー『株式会社キャロットカンパニー』が売り出した商品。ものの出し入れがしやすい、たくさんものを入れても形が崩れないなどの機能性と使いやすさにこだわった仕様、お手頃な価格で人気が拡がっています。SD exportではすでに約2,000個のanello商品が香港へ渡っています。


[画像6: リンク ]

日本製レインブーツ
日本の靴メーカー『新井商店』のショートレインブーツ。
完全防水&抗菌加工、インソールは取り外し可能でお手入れがしやすい。そして雪の日もOKという機能性に富んだアイテム。スコールなどの激しい雷雨も起こる香港では雨に強い靴は必須です。
また香港ではレインブーツに限らず、パンプスやベビー用の靴など、日本製の靴もよく売れています。



[画像7: リンク ]

珪藻土ドライオーナメント(湿気、ニオイ取り)
梅雨時期には湿度が90%以上にもなる香港。湿気大国とも言われる香港では湿気取りアイテムが人気です。
珪藻土は「調湿」の機能を持ち、湿気を吸い取ると同時ににおい分子も吸着する効果があるといわれています。
カラーも4色ありそのデザイン性も人気のひとつです。すでに2,000個以上が香港から購入されています。


【参照】
SD export (エスディーエクスポート) リンク
SD exportは卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の海外版となる輸出販売サービスで、日本国内のメーカーと海外の企業・小売店が取引できるBtoBの越境ECサイトです。
[画像8: リンク ]

国内メーカーはどの国からの注文でも国内倉庫(埼玉)に発送するだけ。そのあとの輸出作業や手続き、代金回収はすべてSD exportが代行します。よって国内に発送するのと変わらない作業で手間・リスクなく海外販売を行えるサービスです。
現在約650社のメーカーが、国境を超えた世界16,000店舗への販路拡大ツールとしてSD exportを利用しています。(2017年4月末時点)

株式会社ラクーン
代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :1995 年 9 月
資本金 :823,392 千円(2017 年 4 月末時点)
株式 :東京証券取引所市場第一部上場 証券コード 3031
URL :リンク

プレスリリースに関するお問合せ先
広報担当 督永(とくなが)/有本 TEL:03-5652-1692 MAIL:pr@raccoon.ne.jp


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事