logo

Google Cloud Platform TM トータルサポートサービスで F5 BIG-IP 製品の利用が可能に

クラウドエース株式会社 2017年06月30日 11時00分
From DreamNews

クラウドエース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉積 礼敏 以下、クラウドエース)とF5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘 正清 以下、F5)は本日、新たな協業関係を確立したことを発表しました。これにより、 Google Cloud Platform におけるWeb Application Firewall(WAF)セキュリティを、F5の「F5 BIG-IP Application Security Manager(以下、BIG-IP ASM)」により強化することが可能になります。

既存システムからの完全移行、ハイブリッド環境化に関わらず、企業におけるパブリッククラウドシステムの利用が進み、また、新規にシステムを構築する場合には、クラウドファーストで取り組む企業も増えています。このようなクラウドニーズの高まりに伴い、より柔軟性の高いアプリケーションの提供と高いレベルのセキュリティが求められる中、エンタープライズのお客様からは、インフラ全体を最適化するアプリケーション デリバリ コントローラに加え、DDoS防御やWAF、不正アクセス対策のためのセキュリティ機能を統合的にインテグレーションできるパートナーを求める要望が増えています。

今回発表した協業関係により、 Google Cloud Platform のスペシャリスト集団であるクラウドエースが、 Google Cloud Platform トータルサポートサービス「クラウドエース」の一環として、F5のBIG-IP ASMを活用したインテグレーションを行うことが可能になります。これによって Google Cloud Platform のセキュリティ機能が、さらに強化されることになります。加えてクラウドエースは、 Google Cloud Platform 上でのアプリケーションを開発可能なDevOps体制を持っており、ここでF5のアプリケーションサービスプロキシやコンテナコネクタを活用することで、アプリケーションを迅速に展開したいという顧客のニーズに応えることも容易になります。

また、今回発表された協業を通じて、クラウドエースがF5の「クラウドパートナープログラム」に参加するとともに、F5もクラウドエースの「クラウドエースパートナーズ」にソリューションパートナーとして参加します。

F5の「クラウドパートナープログラム」は、パブリッククラウドを活用したインフラ提案・構築の高いスキルを保有するクラウドインテグレータやデータセンター事業者と協業するため、2016年10月に発足しました。パブリッククラウド環境へのF5製品導入に向けたコンサルテーション、提案、構築、運用支援の提供や、F5製品を組み込んだパブリッククラウドサービスの開発・提供などを協同で行っています。

クラウドエースの「クラウドエースパートナーズ」は、 Google Cloud Platform の企業利用を拡大させることを目的に、2016年12月に発足しました。クラウドエースはこのプログラムを通じて、 Google Cloud Platform のリセール、利活用情報の集積によるポータル機能の提供、 Google Cloud Platform に関する問い合わせ窓口の提供などを行っています。

すでにF5は、Google Cloud Platform でもF5 BIG-IP仮想アプライアンス(以下、BIG-IP VE)の利用を可能にしています。また、Google Cloud Platform に対応したクラウドテンプレートも提供しています。これらに加え、コンテナ環境でアプリケーションの開発やテスト、スケーリングを柔軟に行うことが可能な「アプリケーションサービスプロキシ」や、コンテナ上で稼働するアプリケーションへのアプリケーションサービス実装を容易にする「コンテナコネクタ」といった、新たなクラウド環境に対応した幅広い製品ラインも追加しています。

クラウドエースとF5は、今後も共同セミナーの開催などを通じて、両社の協業関係を強化していく予定です。




[エンドースメント]
クラウドエース株式会社 代表取締役社長 吉積 礼敏
F5ネットワークス様のハイエンドなセキュリティ製品を、当社の Google Cloud Platform トータルサポートサービス「クラウドエース」でF5ネットワークス様エンハンスに沿って、今後従量型のサービス展開など連携強化できるようになったことを、嬉しく思います。これによって世界最先端の Google TM のインフラ活用を、よりセキュアな形で行えると考えています。F5と当社の新たな協業を通じて、企業のクラウド活用をさらに推進できる体制を強化してまいります。

F5ネットワークスジャパン合同会社 代表執行役員社長 古舘 正清
Google Cloud Platform に関する深い知見と経験を持ち、 Google Cloud Platform のPremier パートナーとして3年連続でアワードを受賞しているクラウドエース様と、このたび相互に協業する運びとなりました。これにより、よりセキュアで安心感のあるシステムを、 Google Cloud Platform 上で実現できるものと確信しています。

[製品・サービスに関する詳細]
Google Cloud Platform トータルサポートサービス「クラウドエース」について
Google Cloud Platform の導入・設計・開発・運用に深い知見を持つクラウドエースが、ワンストップで Google Cloud Platform の導入を支援するサービスです。無人監視プランや技術サポートプラン、システム開発プランなど幅広いプランをご用意している他、システム移行や設定代行、コンサルティング、パートナーサービス等のオプションも提供しています。

[F5 BIG-IP ASMについて]
BIG-IP ASMは、アプリケーションレイヤのデータを解析してクロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなどのアプリケーションへの攻撃を検知します。ポジティブセキュリティと過去に認識された攻撃パターンをデータベース化したネガティブセキュリティの併用によって既知や未知の攻撃を防御します。


[クラウドエース株式会社について]
クラウドエース株式会社は、 Google Cloud Platform の導入支援や、運用サポート、Google のクラウドを活用したシステム開発で豊富な実績を誇るGoogle Cloud Platform Service Partner 企業です。 Google Cloud Platform トータルサポートサービス「クラウドエース」を運用する一方で、クラウド活用に関するコンサルティングサービスも提供、Google Cloud Platform の Premier パートナーとして3年連続でアワードを受賞しています。
所在地  : 東京都中央区新富1-12-7 新富HJビル4階
代表者  : 代表取締役社長 吉積 礼敏
事業内容 : Google Cloud Platform トータルサポートサービス「クラウドエース」の運用、コンサルティングサービス オフィシャルサイト:リンク


[F5ネットワークスについて]
F5は、世界最大規模の企業やサービスプロバイダ、政府機関、消費者ブランドが、アプリケーションをより速く、よりスマートに、そしてより安全に提供することを可能にします。F5はクラウドとセキュリティに関するさまざまなソリューションを提供しており、これらを活用することでスピードと管理性を犠牲にすることなく、セキュアかつハイブリッドクラウドに対応したアプリケーション基盤を実現できるようになります。
【F5に関する詳細、最新情報】
・F5ネットワークスジャパン ホームページ: リンク
・Twitter: @F5Japan
・Facebook: リンク



[本プレスリリースに関するお問合せ(報道機関向け)]

クラウドエース株式会社 担当 広報・マーケティング担当宛
電話番号 03-6280-5939 e-mail:contact@cloud-ace.jp
リンク


F5ネットワークスジャパン合同会社 担当 小保方
TEL:03-5114-3640  E-mail:y.obokata@f5.com
(F5ネットワークスジャパン合同会社PR会社)共同ピーアール株式会社 担当 結城、立川、児玉
TEL:03-3571-5326  E-mail:f5_pr@kyodo-pr.co.jp


[製品に関するお問合せ(お客様向け)]

クラウドエース株式会社 担当 営業部宛
電話番号 03-6280-5939 e-mail:contact@cloud-ace.jp
リンク


F5ネットワークスジャパン合同会社
TEL:03-5114-3230  リンク



Google および Google Cloud Platform は、Google Inc. の登録商標または商標です。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。