logo

アウトソーシングテクノロジーがDrupal向けLINE連携機能を提供開始

株式会社アウトソーシングテクノロジーは、セキュアなCMS「Drupal」を基盤としたWEBサイト対応の業務システム「Drupal+LINE連携機能」を開発し、技術サポートや運用保守などのサービス提供を開始いたします。

Drupalは、米国ホワイトハウス[*1]やオーストラリア政府[*2]、EU(欧州連合)[*3]などの各国政府機関でも活用されている、オープンソースソフトウェアのCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。セキュリティ面での信頼性が高く、またオープンソースソフトとしての拡張性に優れたDrupalは、近年日本でも大規模サイトや多言語サイトの構築や、API エコノミーの中核として IoT や FinTech の分野においても注目を集めています。
LINEは、国内利用者数6,800万人以上と日本の人口の半数以上が利用するメッセージングプラットフォームです。幅広い年代に利用されていますが、34歳以下のユーザーが56%と、若年層に多く支持されているのも特徴の1つです。[*4]

アウトソーシングテクノロジーは、海外案件も含めたDrupalでの豊富な大規模システム構築の経験を活かし、日本国内の実情にあわせ、LINEとDrupalの連携機能の開発と、技術サポートや運用サポートも同時に提供し、企業側のスムーズなWEBサービス展開やユーザー数増加を支援いたします。
また、ロボット事業で培ったノウハウを元に、ボットと人との会話をシナリオとして作成するサービスも行っており、本サービスにおける「LINEでの会話」部分のシナリオも提供いたします。

■お客様へのメリット
・DrupalとLINE の連携により、LINE通知を使ったプロモーションやLINE上でのWEBサービスが展開可能となります。
・従来のバージョンのDrupalに比べて、体感速度を10倍にできる最新版Drupal8.3のWebサイト構築で、利用者への応答速度を向上させ、サイトへのリピート率を増大させます。
・LINE-IDでのログインが可能となるため、若年層ユーザーの利用率増加が見込まれます。
・今後展開予定の下記各種のDrupal業務テンプレートにもLINE連携が可能となります。
 ・自治体向けDrupalでのマイナンバーとの統合運用
 ・文教向けDrupalでの学生証との統合運用
 ・診療所向けDrupalでの診察券と統合した予約システムの提供
 ・サービス業向けDrupalでのサポートサービス統合運用

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
株式会社アウトソーシングテクノロジー
ソリューションサービス事業部
Drupal & HTML5推進室:西尾
電話 : 03-3273-3273(平日9:00~18:00)
E-mail: drupal_html5@ostechnology.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

DrupalとLINEの連携イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*1. 米ホワイトハウス: リンク
*2. オーストラリア政府: リンク
*3. 欧州連合(European Union): リンク
*4. LINEユーザー情報について
LINE 2016年10-2017年3月期 媒体資料:LINE株式会社
URL: リンク
*5. 技術情報の提示サイトについて
Drupal 情報提供サイト Web Go Go!:株式会社アウトソーシングテクノロジー
URL: リンク
*6. 先端コンテンツテクノロジー展: リンク
※その他、記載されている会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事