logo

オンラインアシスタントサービスを運営するキャスターが、「リモートワークアカデミー」をオンラインで提供開始

キャスター 2017年06月29日 12時40分
From PR TIMES

~ 場所にとらわれず、どこからでもリモートワークの仕方を学べる場を提供 ~

オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」を展開する株式会社キャスター(本社:東京都渋谷区、代表取締役 中川祥太、以下キャスター)は、2017年6月29日に、「リモートワークアカデミー」をオンラインで提供開始することをお知らせいたします。



■「リモートワークアカデミー」について
「リモートワークアカデミー」では、個人向けに、リモートワークを実践するためのノウハウを講座形式で提供します。オンラインで講座を実施しますので、パソコンとインターネット回線があれば、全国どこからでも参加可能です。

【講座の特徴】
1、ITツールの使い方を学べる
リモートワークでは、ITツール・コミュニケーションツールの利用が不可欠です。
G SuiteやChatWork、Slackなど、様々なツールを使うことで、リモートワークを実践する第一歩を踏み出します。

2、実務に活かせるカリキュラム
ツールの使い方を理解した上で、実務で活かすための講座を提供します。
オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」にご依頼いただくようなバックオフィス業務をサンプルに、リモートワークを疑似体験し、注意点などをお教えします。

3、オンラインで受講可能
オンラインコミュニケーションツールを活用して講座を行いますので、どこからでも講座に参加することが可能です。

[画像: リンク ]

<基本講座> ¥5,000~
1日目(2時間) ChatWork・Slackの使い方
2日目(2時間) G Suiteの使い方
3日目(2時間) 仕事の疑似体験
※講座内容や金額は随時追加・変更いたします。

■サービスリリースの背景
キャスターでは、秘書・人事・経理等のバックオフィス関連のタスクを、メッセージ一つで請け負うオンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」を運営し、これまでに200社以上の企業に導入いただきました。

創業以来、全従業員がリモートで勤務していることから、結婚・出産等の事情で地方に住む女性が多数在籍し、現在の従業員数は170名を超えています。

特に働き手にリモートワークの需要がある一方で、「ITツールの利用経験が少ない」「学びたいと思っても、住んでいる地域で学ぶ場所がない」「急にリモートワークをすることに不安がある」といった課題が多々あり、キャスターがこれまでに培ってきたノウハウを活かして解消できるのではないかと考え、本サービスのリリースに至りました。

これにより、働き手に対する新たな就業機会の創出に繋げるとともに、日々厳しさを増す企業の人材不足に新しい選択肢を提供いたします。

■会社概要 リンク
株式会社キャスター
設立:2014年9月
代表取締役:中川 祥太
資本金:1億8,097万円(資本準備金含む)
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-20-1 大沢ビル5F
従業員数:170名(業務委託を含む)
事業内容:
・オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」(リンク)の運営
・デザインエージェンシー「Remote Style」(リンク)の運営

■本件に関する問い合わせ先
株式会社キャスター 広報担当 勝見
TEL:03-4405-7416
e-mail:katsumi@cast-er.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。