logo

~未来の窓をカタチにするYKK AP「未来窓」プロジェクト~ 世界とつながる窓「Window with Intelligence」実用化に向けたプロトタイプを公開

「家電と連携する」「窓を通じて会話する」「スマートに換気する」など透明有機ELを活用した7機能を備えた窓 YKK APショールーム新宿にて 7月1日から一般展示・体験スタート

YKK AP株式会社は、未来の窓を考えてカタチにする「未来窓」プロジェクト※1を2016年4月にスタートし、その具現化に向けて、クリエイティブラボ PARTY、株式会社Will Smartとともに検討を進めてきました。この度、プロトタイプ「Window with Intelligence」を発表し、2017年7月1日からYKK APショールーム新宿 特設ギャラリーにて、一般公開展示を開始します。



[画像1: リンク ]

  【 特設サイト:リンク

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、未来の窓を考えてカタチにする「未来窓」プロジェクト※1を2016年4月にスタートし、その具現化に向けて、クリエイティブラボ PARTY※2、株式会社Will Smart※3とともに検討を進めてきました。この度、プロトタイプ「Window with Intelligence」を発表し、2017年7月1日からYKK APショールーム新宿 特設ギャラリーにて、一般公開展示を開始します。

「Window with Intelligence」は、「窓が情報を持ったなら。」という想定のもと、家族が過ごしやすいコンディションを認識して快適な室内環境を整えたり、家族や遠く離れた人とつながれるコミュニケーションツールとしても活躍するなど、毎日の暮らしが便利になる窓として、将来の実用化を見据えたプロトタイプです。

透明有機ELを樹脂製窓フレームに組み込む(特許出願中)ことで、窓の基本性能を保ちながら、天気や室内環境を元に窓を開閉させて換気を自動調整したり、AIスピーカーやインターネットとつながることで窓が住空間の様々な家電をコントロールしたり、遠く離れた人との対話やお絵かき・メモを残す機能など、7つの基本機能を搭載。昨今のスマートホーム化への新提案として、3年後の実用化を目指した挑戦です。今後も「未来窓」を通じて、みなさまの生活を豊かにすることを目指していきます。

■「Window with Intelligence」のある生活イメージ

[画像2: リンク ]



■「Window with Intelligence」のスペック
・フレーム:高性能樹脂窓「APW430」の形材を採用。
・ガラス:タッチセンサー付き透明有機ELを採用。
両面強化ガラスを含む3層構造。
※この樹脂フレームと透明有機ELの組み合わせについてYKK APとWill Smart社にて共同特許出願中です。
・AIスピーカーとの連携を想定。
・サイズ:縦1,596mm×横1,062mm
※プロトタイプにつき、各種性能値(断熱性、気密性、水密性、耐風圧など)は保証しておりません。
[画像3: リンク ]


<透明有機ELとは>
透明なガラス上に動的またはインタラクティブな情報を表示する画期的な透明ディスプレイ技術。ユーザーがガラスを介して奥を見ることができる一方で、ガラス面に映像や情報を重ねて表示することができる素材。

■AIスピーカーとの連携
「Window with Intelligence」は、2017年度中に国内外のメーカー各社が発売を予定している“AIスピーカー”との連携を想定しています。ユーザーの音声指示に反応し、窓の開閉はもちろん、他の家電の操作を行うことも可能となります。

■ユーザーとの共創
スマートフォンのアプリのように、「Window with Intelligence」のアプリは誰でもつくれるオープンプラットフォームです。ユーザーと共創してソフトウェアの機能を追加していくことができます。
[画像4: リンク ]


■代表的な7つの機能
(1)Home Connect(家電連携機能)
窓が、生活空間の中心となって快適な生活を提供。AIスピーカーの音声アシストや家中のスマート家電とインターネット連携することで、窓の開閉はもちろん、エアコン、照明など家電の操作も行うことができます。
[画像5: リンク ]


(2)Video Chat(チャット機能)
窓を通じて互いに会話ができます。窓の向こうに、別の窓の世界が広がり、遠く離れた親族、海外に住む友人などと話したりお祝いしたりして、世界とつながります。顔を見ながら話せるため、まるでそこにいながら会話するような体験ができます。
[画像6: リンク ]


(3)Air Conditioning(換気機能)
窓が、部屋の空気環境を測定してレベルを色でお知らせ。汚れた時には自動的に開閉し、換気します。タイマー設定のほか、AIスピーカーの音声アシストを設定すると、声をかけるだけで窓の開閉ができるので、寝たままで換気をすることも可能です。
[画像7: リンク ]


(4)Weather(天気機能)
窓が、ライブに屋外の気象情報を取得、またネット経由でも情報を入手し、窓に表示することができます。1日・1週間の天気予報や、紫外線・花粉情報なども窓を眺めながら知ることができます。また、天候に合わせて窓の開閉を自動で行います。
[画像8: リンク ]


(5)Drawing(メモ機能)
窓が、メモを残せるキャンバスになります。出かける時の伝言、洗濯物取り込みのお願い、帰宅者へのメッセージなど、いつも目にする窓を通じて、家族とのコミュニケーションがとれます。
[画像9: リンク ]


(6)Life Log(ライフログ機能)
窓が、毎日部屋の中を定期的に撮影して、家族やこどもの成長アルバムとして楽しめます。部屋の中の監視や、安否確認にも便利です。
[画像10: リンク ]


(7)Mirroring(ミラーリング機能)
窓とスマートフォンとペアリングして、画像を表示。その日の気分により、窓からみえる景色を壁紙のように変えることができます。
[画像11: リンク ]


■展示概要
名称:「Window with Intelligence」
場所:YKK APショールーム新宿 特設ギャラリー
(住所:東京都渋谷区代々木2-1-5 JR南新宿ビル8F 電話:0120-32-4134)
展示期間:2017年7月1日から一般向け公開 (アドバイザーによるデモ紹介)
展示時間:10:00~17:00
休館日:毎週水曜日(ただし、祝日の場合は開館)、夏期休暇、年末年始

[画像12: リンク ]


特設サイト:リンク
イメージムービー:リンク

※1:「未来窓」プロジェクト
これからの窓の可能性を追求する取り組みとして、2016年4月にPARTYプロデュースのもとコンセプト・モデル「M.W.」(MODULE WINDOW)を発表しました。「M.W.」 には“部品としての窓”という意味が込められており、別々の機能を持った窓を、複数組み合わせて使うことで、ライフスタイルに合わせて変化できるような、未来の生活を提案しております。今回の「Window with Intelligence」は、より具現化に近づけたプロトタイプ・モデルとしての提案です。
<URL:リンク

※2:クリエイティブラボ PARTY
東京とニューヨークを拠点とし、テクノロジーとストーリーテリングを
融合させ今までにない未来の体験をデザインするクリエイティブ・ラボ。「新しい技術による新しい物語」を、プロダクト、サービス、プラット
フォーム、空間、エンターテイメントなど、幅広い分野に提供しています。
<URL: リンク

※3:株式会社Will Smart
株式会社ゼンリンデータコムの社内ベンチャー企業として2012年に誕生しました。IoTハードウェアの企画開発製造と、地図データを活用したソフトウェアを組み合わせ、クライアント企業に最適なビジネスソリューションを提供する21世紀の新しいメーカーです。
<URL:リンク


< お客様からのお問い合わせ先 >
YKK AP株式会社 お客様相談室
一般のお客様    TEL:0120-20-4134
建築・設計関係者様 TEL:0120-72-4134
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。