logo

企業向けAIエージェントサービス『OKWAVE AI Knowledge』の提供を開始

「OKWAVE」の3,500万件以上のQ&Aデータを学習し、企業のFAQデータと組み合わせて回答する サポート分野向けAIエージェント

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、利用者からの質問に聞き返しを行いながら最適な回答を提示することができる当社開発の企業向けAIエージェントサービス『OKWAVE AI Knowledge(オウケイウェイヴ あい ナレッジ)』の提供を2017年6月28日より開始しました。

『OKWAVE AI Knowledge』は、人間のように情報を知識化し、最適な答えを見つけて提示する当社のAI開発プロジェクト「KONAN」をベースにしたAIエージェントサービスです。
『OKWAVE AI Knowledge』は、当社が運営するQ&Aサイト「OKWAVE」の1,000カテゴリー、3,500万件以上のあらゆるジャンルのQ&Aデータを学習し、一般的な単語の関連性や様々な言い回しを知識化して保持しています。これにより、導入企業側でのコーパス作成(大規模な言語データの構築)作業が基本的には必要がなく、AIの専門知識のない方でも手軽にAIエージェントの導入が可能です。企業内に蓄積されたFAQデータやお問い合わせデータなど、企業独自のQ&Aデータを当社に提供いただくだけで、当社にて機械学習させ、知識化させたAIエージェントサービスを最短3週間で利用開始することができます。

AIエージェントサービスでは、企業のお客様からの「質問」をAIエージェントが理解し、適切な感情表現を交えて最適な「回答」を返すことができます。「質問」の内容が不足している場合には、AIエージェントは補足や詳細な説明をしてもらえるように質問者に聞き返しを行える特長をもっています。
AIエージェントがお客様に最適な回答を提示し、お客様の自己解決を促進することで、重複するお問い合わせを削減する効果や、膨大なFAQを探す手間の軽減による顧客満足の向上効果が期待できます。

『OKWAVE AI Knowledge』は企業サイトなどに、PC・スマートフォンを問わず専用ページとして設置して利用することができます。

また、同日より、Q&Aサイト「OKWAVE」上では、これまで多くの方に親しまれてきたAIエージェント「あい」(リンク)をバージョンアップしました。より親しみやすく生まれ変わったAIエージェント「あい」が利用者からのあらゆる質問に感情豊かに回答します。

当社は、今後もQ&Aを土台にAIをはじめとする最先端の技術を積極的に研究開発し、世界の発展に寄与するサービスを提供していきます。

■『OKWAVE AI Knowledge』の特長
『OKWAVE AI Knowledge』は当社のAI開発プロジェクト「KONAN」をベースに生み出したAIエージェントサービスです。
あらゆるQ&Aデータを「質問」と「回答」に分離する当社が日米で取得した特許技術(特許番号 第5885689号)と、当社独自の機械学習技術を用いて、3,500万件以上のQ&Aデータを学習し、AIが質問内容から言葉の持つ概念ならびに意図を捉えて、適切な回答を導き出します。
あらゆる質問に最適な回答を提示するため、AIエージェントはその頭脳として、当社独自開発の「知識概念エンジン」「問題推定エンジン」「応答エンジン」「聞き返しエンジン」「感性エンジン」「機械学習エンジン」を搭載しています。
ユーザーの「質問」にAIエージェントが「回答」する際に、質問内容の意図を理解し、質問に込められた感情の感性を分析し、より適切な回答をより感情豊かに提示することができます。質問内容によっては最適な回答を見つけるため、補足や詳細な説明をしてもらえるように質問者に聞き返しを行います。また、未知の言葉が質問内容に含まれていた際に自律的にそのことを学習し、同じことを聞かれた際には最適な回答ができるようになります。

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(リンク)を2000年1月より運営しています。また、利用者の質問に専門家や企業が回答する「OKWAVE Professional」(リンク)、各界の著名人に質問できる「OKWAVE Premium」(リンク)も提供しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基に、国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」、Q&Aコミュニティーの解決力を活用する顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」などを大手企業、自治体など400サイト以上に導入しています。 2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。楽天株式会社、米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結しています。 今後は3,500万件以上のQ&Aビッグデータと、AI、ブロックチェーン、チャットなどの先端技術を組み合わせて、さらに問題解決に寄与するサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

OKWAVE AI Knowledge

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。