logo

学生による産学・地域連携教育研究プロジェクト「DK art cafe」が金沢市竪町における本格営業を目指して、今注目のクラウドファンディングを開始 -- 実店舗経営や資金調達を学生自身で行い、研究活動に活かす -- 金沢工業大学

金沢工業大学 2017年06月28日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学の産学・地域連携教育研究プロジェクトの一つ「地方創生・商店街活性化・DK art cafeプロジェクト」(プロジェクトリーダー:経営情報学科4年 山田陽樹、担当教員:松林賢司経営情報学科教授、学生メンバー34名)は、昨年5月に金沢市竪町商店街に開業した「DK art cafe」の本格営業を目指して、このたびクラウドファンディングを朝日新聞・A-portで開始した。


 クラウドファンディングは、社会性の高いスモールビジネスやプロジェクト向けの新しい資金調達方法として注目されている。

 プロジェクトでは、竪町商店街という金沢市の中心市街地における実店舗を使った経営や資金調達を学生自身が実践することで、アントレプレナーシップや経営戦略、マーケティング、ファイナンス、オペレーションといった専門分野における生きた研究活動に活かしていく考えである。

■クラウドファンディングについて
 クラウドファンディングとは、Crowd(群衆)+Funding(資金調達)をかけ合わせた言葉。
 「私の夢で社会に貢献したい!」「地域の問題を私のアイデアで解決したい!」というスモールビジネスやプロジェクトの起案者が、インターネットの専門サイトを活用してその思いを呼びかけ、その呼びかけに共感した人から広く支援金を集める方法。小額(今回は500円から)から支援できることもその特徴。インターネットの普及とともに支援額に応じて起案者からリターンを得る購入型を主流に新しいファイナンス方法として世界的にその活用が拡大している。
 今回のクラウドファンディングは準備段階から学生と朝日新聞メディアラボとの地域創成を目的とした共創活動により、同社が運営するクラウドファンディングサイトであるA-portに社会性が高いプロジェクトの一つとして掲載されることになった。

・クラウドファンディングサイト
 リンク

■「DK art cafe」について
 「DK art cafe」は、金沢21世紀美術館の来館者をアートにより、近年来客数が減少している竪町商店街に誘致する「art on art」戦略に基づき、石川県在住の長谷川章氏のアートの魅力による観光名所化を目指すとともに、地元飲食コンテンツである地酒、地ビール、地ワイン、および発酵食品・発酵デザート等のPR、販売拠点として活用されている。
 また経営情報学科の学生は、本ベンチャー事業を専門科目であるアントレプレナーシップ、ストラテジー、マーケティング、ファイナンス、およびオペレーション等の生きた学外実験設備・教材として研究活動に活用している。

・DK art cafe公式サイト
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。