logo

クラウドセキュリティのリーディング企業 Netskope Inc.との販売代理店契約を締結

サイバネットシステム 2017年06月27日 15時50分
From PR TIMES

クラウドによるクラウドサービスのためのセキュリティソリューション



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、クラウドセキュリティ専業企業である米国Netskope Inc.(本社カリフォルニア州ロス・アルトス、CEO:SanjayBeri、以下ネットスコープ社)と販売代理店契約を締結したことをお知らせいたします。

近年企業におけるクラウドサービスの業務利用は拡大の一途を辿り、その適用範囲もグループウェアや営業支援システムなどのコミュニケーションや開発ツールなど、各種クラウドサービスの利用が一般的になりつつあります。そうした中で、各クラウドサービスの利用状況の可視化やコントロールの機能には差異があり、企業の持つセキュリティポリシーの一律な適用が難しくなってきていることやシャドーIT※1への対策が、ITセキュリティの課題として浮上してきました。

サイバネットでは、企業でのクラウドサービス利用時のITセキュリティの課題を解消するために、Netskopeを活用したソリューションの提案に努めてまいります。また、ID管理や認証強化の部分も含めた形でセキュリティレベルの向上のためのソリューションの提案をするべく、既に国内でも多くの実績を持つIDaaS※2ソリューションの「OneLogin(ワンログイン)」との連携も進めてまいります。

========================================
クラウドセキュリティソリューション「Netskope」とは
========================================
Netskope は、CASB(キャスビー)と呼ばれるクラウドセキュリティソリューションです。CASBとは、米国の調査機関Gartnerが提唱したCloud Access Security Brokerの略称で、各クラウドサービス利用時の仲介者(Broker)として、利用状況の可視化、シャドーITの検知、各種セキュリティポリシーの適用やクラウドサービスからの情報漏えい防止を実現します。
Netskopeは企業でのクラウド活用時の様々なITセキュリティの課題に対して、「把握」「制御」「保護」の3点で解決策を提案します。
[画像: リンク ]


解決するITセキュリティの課題


クラウド利用における情報漏えい対策が不十分だ
チャット上で重要情報のやり取りがされていないか心配だ
私物デバイスから業務用のクラウドサービスが利用されているようだ
クラウドサービス利用端末だけでなく、利用データの制御も必要ではないだろうか


・主な特長
----------------------------------------------------------------
23,000種類以上のクラウドサービスに対応
Netskopeのクラウドサービスデータベース(CCI)には23,000種類以上のクラウドサービスが登録されており、日々メンテナンスされています。このCCIを通じてクラウドサービスの可視化を行い、リスク判断が行えます。ポリシーコントロールできるクラウドサービスは3,000種類以上、さらにAPIで連携できるクラウドサービスも15種類以上あり、日々追加されています。

エンドポイントまで完結できるソリューション
Windows、Mac、iOS、Android各プラットフォームに対応したエージェントが用意されており、エージェントを導入するだけで直ちにクラウド利用の可視化と制御ができます。

多様な導入オプション
Netskopeには、エージェント以外にも社内ネットワークにプロキシを導入するタイプなど多様な導入オプションがあり、お客様のご要望やネットワーク環境に応じて、最適なオプションを採用することができます。

Netskopeの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

========================================
Netskope社からのコメント
========================================
「ネットスコープ社は、サイバネットが弊社のパートナーネットワークに加わることを光栄に思います。 サイバネットのクラウドセキュリティの経験や知識、そして戦略的なクライアントパートナーシップは、NetskopeのCASB提供を補完するものであり、サイバネットは日本のお客様に対して優れたサポートを提供し、お客様がクラウドファースト時代での成功を実現できるようになると考えています」
Netskope, Inc. CEO Sanjay Beri氏

========================================
新規導入キャンペーン
========================================
2017 年12 月15 日(金)までにNetskope を新規導入・利用開始いただいたお客様を対象に、初年度の利用料が最大【20%OFF】になるキャンペーンを実施します。

Netskope新規導入:10% OFF
NetskopeとOneLoginを同時に導入:更に5% OFF
導入事例の公開にご協力:更に5% OFF

※初年度のみの適用となります。
※開発元へお客様登録ができた場合にのみ適用されます。

本キャンペーン詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

--------------------------------------------------------------------------------------------
注釈
※1:シャドーIT:PCやスマートフォンなどの私物デバイスを会社の許可を得ずに企業リソースへアクセスし、業務に利用すること。
※2:IDaaS:Identity as a Serviceの略称で、アイデンティティ(Identity)の管理をSaaSやIaaSなどと同じくクラウドにて管理するサービスを指す。

--------------------------------------------------------------------------------------------
Carbon Black Inc.について
カーボンブラック社は次世代エンドポイントのリーディンプロバイダーです。カーボンブラック社はフォーチュン100のうちの30社を含む3,000社以上の顧客の900万台を超えるエンドポイントを保護しています。それらの顧客は従来型のアンチウイルスソフトの置き換えや、重要システムのロックダウン、脅威ハンティング、非マルウェアによる攻撃を含む最新のサイバー攻撃から自社を保護するためにカーボンブラック製品を採用しています。
カーボンブラック社についてはこちらのWebサイトをご覧ください。
リンク

サイバネットについて
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェア
を取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Web サイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

---------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ サイバネットシステム株式会社
---------------------------------------------------------------
■ 内容について
ITソリューション事業本部 事業企画部/三浦
TEL:03-5297-3487 E-MAIL: itdsales@cybernet.co.jp

■ 報道の方は
営業推進部/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL: prdreq@cybernet.co.jp

■投資家の方は
経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066 E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。