logo

SAS、Forrester社の調査レポートで「リアルタイム・インタラクション管理」のリーダーに選出


*2017年6月14日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

米国ノースカロライナ州キャリー発

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、米調査会社のForrester Research(以下Forrester)が発表したアナリスト・レポート「Forrester Wave(TM):リアルタイム・インタラクション管理(2017年第2四半期)(The Forrester Wave(TM): Real-Time Interaction Management, Q2 2017)」(*)において「SAS(R) Customer Intelligence」がリーダーに選出されました。

SASは予測型アナリティクス、リアルタイム・アナリティクス、AI(人工知能)、オファーの最適化の評価項目からなる「デシジョン・アービトレーション」(意思決定の最適化)カテゴリーでほぼ満点を獲得しました。

予測型アナリティクスを活用してリアルタイムで顧客の行動をよりよく理解して、最良のマーケティング・アクションを実行し、関連性の高いオファーを提供するには、「デシジョン・アービトレーション」が必要です。顧客ロイヤルティーの獲得はほんの数秒で決まることも珍しくありません。顧客の来店にあわせてクーポン付きのパーソナル・メールを送信できれば、その店舗でのカスタマー・エクスペリエンスは向上します。このようなアクションの意思決定をリアルタイムで明確化することで、カスタマー・エクスペリエンスの向上につなげることができます。

SASカスタマー・インテリジェンス担当グローバル・ディレクターのウィルソン・ラジ(Wilson Raj)は、「顧客とのインタラクションのたびに、顧客の期待を上回ることはそう簡単なことではありません。顧客を獲得してロイヤルティーを高めるには、マーケティングをオンデマンド対応にし、さらに関連性を持たせる必要があります。顧客が何かを求めているその瞬間に、ピンポイントの高い精度で対応することが求められているのです。SASは今回のレポートでリーダーに選出されたことを励みに、これからもカスタマー・エクスペリエンスを徹底的にパーソナライズ化するテクノロジー、特に『SAS(R) Customer Intelligence 360』と『SAS(R) Real-Time Decision Manager』を軸に投資を続けていきます」と述べています。

リアルタイム・インタラクション管理(RTIM)は、顧客接点の場所に関係なく「パーソナライズされたエクスペリエンス」を創出して、顧客維持に必要な支援を行うマーケティング・テクノロジーとして急成長しています。Forresterによると、RTIMの成功は、顧客データ、コンテンツ、チャネルを統合して双方向のインタラクティブなカスタマー・エクスペリエンスを演出できる高度な意思決定エンジンにかかっています。自動化アナリティクス、意思決定ロジック、コンタクト戦略を実装したSAS Real-Time Decision Managerは、SAS Customer Intelligenceソフトウェア製品群のひとつで、携帯電話や電子メールなどの顧客が好むチャネルを介した関連性の高いタイムリーなオファーの提供をサポートします。

今回のアナリスト・レポートでSAS Customer Intelligenceは、「デシジョン・アービトレーション」カテゴリーでほぼ満点のスコアを獲得したほか、「現行の提供製品・サービス」と「戦略」の両カテゴリーにおいても、審査されたすべてのベンダーの中で最高スコアを獲得しました。

(*)「Forrester Wave(TM):リアルタイム・インタラクション管理(2017年第2四半期)
(The Forrester Wave(TM): Real-Time Interaction Management, Q2 2017)」に関してはこちらからご覧ください(英文)。
リンク

<SAS Institute Inc.について>
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事