logo

家事代行のCaSy、プライバシー通話ができる新サービス「Trustalk」を先行導入

カジー 2017年06月27日 12時20分
From PR TIMES

~スタッフと依頼主の間で電話番号を知られずに通話できる、安心の環境を整備~

カジーが先行導入していた、家事代行スタッフと依頼主の間で電話番号を通知し合わずに通話できる新サービス「Trustalk(トラストーク)」が開発元の株式会社レキサスよりサービス提供が開始します。



 株式会社CaSy(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:加茂雄一 以下カジー)の運営する家事代行サービスCaSyが先行導入していた、お互いの電話番号を知らなくても通話ができる新サービス「Trustalk(トラストーク)」が、一般に提供開始されます。
 トラストークは、株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山崎 雅人、以下 KDDI ウェブ コミュニケーションズ)が提供するクラウド型の電話APIサービス「Twilio」の技術を使い、株式会社レキサス(本社:沖縄県うるま市、代表取締役社長:比屋根 隆、以下 レキサス)とKDDIウェブコミュニケーションズが共同企画した、簡単なプログラミングのみでプライバシー通話を可能にするサービスです。カジーの家事代行スタッフと依頼者のように個人間のやりとりが発生する事業者向けに、レキサスが開発・提供元としてサービスを開始します。
 
【トラストーク導入の背景】
カジーでは、緊急時や不測の事態の際などに、家事代行スタッフから依頼主に電話連絡を取るケースがあります。
ただし、約1,500人の登録スタッフの中には個人の電話番号から発信することに抵抗を感じるスタッフもいます。スタッフと依頼主間で直接の通話ができない場合、本部管理者が連絡を仲介するため、伝達までに時間を要します。
そこで、スタッフと依頼主間で電話番号を通知し合うことなく架電できるシステムの導入、スタッフの抵抗感の解消を図りました。
システムの自社開発には3か月程度を要す試算でしたが、トラストークのシステム導入にかかったのは簡単なプログラミングのみでわずか3日程度。迅速に課題を解決できました。

[画像: リンク ]


【トラストーク導入によるメリット】
個人の電話番号から発信することへのスタッフの抵抗感を解消しました。また、本部管理者が連絡を仲介するケースが減り、依頼主への伝達にかかる時間が短縮し、業務効率化も実現しました。

カジーは今後も、家事代行サービスを提供する側も受ける側もより安心できる仕組み、環境づくりにつとめてまいります。そのためにもスタッフや依頼主の皆さまからいただいた意見を精査し反映してまいります。


※記載されている会社名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

◇トラストークWEBページ:リンク

◇「トラストーク」リリースに伴い、2017 年 7 月 11 日(火)、
東京都渋谷区の THE BRIDGE でトラストーク説明会が開催されます。
カジーの事例紹介も行われます。
詳細、お申込方法はこちらから:リンク


■株式会社CaSy 会社概要
所在地:東京都千代田区平河町1-6-15 USビル9階
代表取締役CEO:加茂雄一
設立:2014年1月30日
事業概要:家事代行、料理代行、オフィス・店舗・ビル清掃/Webサービスの開発及び運営
URL:リンク
-------
CaSy(カジー)とは:
30 代共働き子育て世代の男性3名が創業し、2014年 6 月より家事代行サービス「CaSy(カジー)」の運営を開始しました。「家事の時間を 家族の時間に」をコンセプトに共働き世帯・子育て世帯を主な対象とする家事代行サービスを展開。ITを駆使することで無駄を省き、サービス利用料金は業界最安値水準に、スタッフ確保に要する時間をゼロ※にしました。お掃除だけ、お料理だけ、お掃除+お料理など、必要なサービスをネットやスマホからいつでも簡単に予約できます。カジーは、共働き子育て世帯、多忙なビジネスパーソン、シニア世代など家事を負担に感じている方の生活を応援するサービスです。
※利用者は予約画面上でスタッフ確保できている日時を確認したうえで申し込める仕組みとなっています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。