logo

リョービ「ディスクグラインダー G-113」新発売

リョービ株式会社 2017年06月26日 17時20分
From Digital PR Platform


業界最細※1の握り径で、最大出力1,100Wを実現!
リョービの「ディスクグラインダー G-113」新発売。


 金属製品や輸送用製品などの製造現場において金属の研削・研磨・切断、溶接痕除去やバリ取り作業にはディスクグラインダーが使われています。製造現場の生産効率向上が進む中で、研削・研磨作業にも操作性や耐久性、安全性、切削性の向上などさまざまな要件が求められています。
 「業界最細※1の握り径52mm」を誇る当社のディスクグラインダーは、確かなホールド感で作業負荷を軽減。さらに、狭い箇所でも優れた操作性を発揮する独自の「丸型スリムギヤヘッド」、鉄粉や小石の侵入を防ぎモーターの安定性を高める「防じんフィルター」など、使う人の快適を追求したさまざまな特長を有しています。
 このたび、従来品のサイズや重さはそのままに、最大出力1,100Wを実現したモデル「G-113」を発売します。使いやすさとハイパワーを両立した「G-113」は、重研削など負荷の高い作業をはじめ、幅広い作業領域に対応します。長時間の作業を可能にする操作性や耐久性と、切削性を高めた高出力により作業効率の向上に貢献します。



溶接面の研削・仕上げ・サビ取り
鉄鋼やアルミ鋳物などのバリ取り・仕上げ・サビ取り
コンクリート・モルタル・石材などの切断


(1)業界最細※1の握り径52mm
 握り径は、業界最細※1の52mm。しっかりと握り込める極細サイズなので取り回しが良く安定感のある作業が行えます。握りの負担が軽減されることで、手や腕が疲れにくく、サビ取りやバリ取り、仕上げなどの長時間作業にも最適です。


(2)最大出力1,100Wのハイパワー
 モーターとギヤの最適化により最大出力がアップ。1,100Wのハイパワーを実現しました。負荷の高い作業でも切削性がよく作業効率を向上させます。高出力により砥石など先端工具の回転数の落ち込みが少なくなるため、冷却性能が安定し、モーターへの負荷が低減します。


(3)独自の「丸型スリムギヤヘッド」
 当社独自の「丸型スリムギヤヘッド」は、同クラスで最もスリム※2な、高さ56mmのギヤヘッドです。ヘッドが届きにくい狭い箇所の作業も無理なく行えます。また、丸型形状のため、鋼管や瓦などの深い切り込みも可能で切断作業の効率アップにも貢献します。


(4)モーターを守る「防じんフィルター」
 モーター熱を冷却するための風窓に、「防じんフィルター」を装着しています。0.161mm目のメッシュフィルターにより、通気性を損なうことなく、鉄粉や小石など故障の原因となる粉じんの侵入を防止。粉じんによるモーターへの影響を低減します。


※1 握り径52mm:
   砥石外径100mmのディスクグラインダーにおいて(当社調べ)
※2 高さ56mm:
   砥石外径100mmのディスクグラインダーにおいて(当社調べ)



電源(V):単相・交流 100V 50/60Hz
定格電流(A):8.8
消費電力(W):850
最大出力(W):1,100
定格速度(min-1):12,000
砥石径(mm):外径100×穴径15
本体寸法(mm):長さ279×幅117×高さ88
コード長さ(m):2.5
質量(kg):1.5

※ 砥石は別販売品です。 
※ 使用可能な砥石の厚みは6mmまでです。

 スパナ

------------------------------------------------
お問い合わせ先
リョービ株式会社 経営企画部 広報課 
 〒105-0003 東京都港区西新橋1-7-1
 TEL:03-3501-0524 FAX:03-3501-0722
------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事