logo

『東急線アプリ』『NAVITIME』『乗換NAVITIME』で「車両別混雑度表示」機能の提供を開始

東急電鉄 2017年06月26日 11時30分
From PR TIMES

~東急田園都市線の平日全列車を表示。空いている車両で快適な移動を!~

 東京急行電鉄株式会社(代表取締役社長:野本弘文、本社:東京都渋谷区、以下、東急電鉄)と、株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区、以下、ナビタイムジャパン)は、東急電鉄が提供するスマートフォン向け「東急線アプリ」と、ナビタイムジャパンが提供する「NAVITIME」および「乗換NAVITIME」で、「車両別混雑度表示」機能の提供を開始します。提供開始日は、「NAVITIME」「乗換NAVITIME」が2017年6月27日(火)、「東急線アプリ」が2017年7月末を予定しています。



 本機能は、列車の車両ごとに、混雑度を6段階に分けて表示するもので、対象路線は平日の東急田園都市線の全列車です。空いている車両を「見える化」することで、通勤時など利用する列車の乗車時間を変えることができない場合でも、お客さま自身で空いている車両を選択し、快適かつスムーズにご乗車いただけるようになります。

 「東急線アプリ」では、トップページの「マイ乗降駅」に表示されている次の電車の到着時刻をタップすると、到着する電車の車両別混雑度を表示します。「NAVITIME」、「乗換NAVITIME」では各列車の「停車駅リスト」の「車両情報」画面に表示します。

 混雑度の算出は、東急電鉄が持つ、一部列車の車両別の荷重状況を基にした乗車率データと、ナビタイムジャパンの「電車混雑シミュレーション」技術によって予測される列車ごとの混雑度を組み合わせることで、時間帯や駅ごとに異なる混雑度を、これまでの列車別に加え、さらに車両別でも表示可能になりました。

 両社は、今後も対象路線の拡大や予測精度のさらなる向上に努め、お客さま一人ひとりの安全、安心、快適な移動を実現し、さらに列車の混雑の平準化をめざしていきます。また、東急電鉄では、混雑の平準化とスムーズな乗降の実現により、遅延の抑制を目指していきます。

 本機能の詳細は別紙のとおりです。
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事