logo

Bombardier、堅調な業績を上げてパリ航空ショーが閉幕

Bombardier Aerospace 2017年06月26日 10時40分
From JCN Newswire


MONTREAL, QUEBEC, Jun 26, 2017 - ( JCN Newswire ) - Bombardier Commercial Aircraftは、2017年パリ国際航空ショーの会期中の一週間、世界各国のお客様と交流する機会を得て、最大20億米ドルの発注とコミットメントを発表し、無事閉会を迎えました。

「弊社は堅調な業績を上げて、航空ショーを終了しました。すべての航空機プログラムで高い関心を集め、ビジネスにも大きな動きがあったことを、うれしく思います。」と、Bombardier Commercial Aircraft社長のFred Cromerは述べました。

「弊社は独自の製品ラインアップで、150座席以下の市場セグメントでトップを走っています。航空ショーの会期中には、複数の運航事業者からいただいたQ400航空機60機以上の発注とコミットメントを発表しましたが、これは、Bombardierが大型および高性能ターボプロップの市場要件を満たす革新的ソリューションをすでに持っていることを、よく示しています。」

また、航空ショーは、BombardierがローンチオペレーターのairBalticと共同でCS300航空機を展示する機会でもありました。

「C Series航空機が無事就航して一年を迎え、堅調な業績が続いている中で、世界各国の航空会社様がC Seriesの性能を直接見学し、乗客やローンチオペレーターの皆様からの非常に好意的な感想を聞き、関心を高めて下さったことをうれしく思います。」と、Fred Cromerは述べました。

2017年6月21日にIlyushin Finance and Co. (IFC)と社名非公開の航空会社が、CS300航空機6機をリースするフレームワーク合意に署名しました。IFCは2013年にBombardierと締結した契約に基づき、CS300航空機20機を発注しました。

C Series航空機は、Bombardier Inc.のBombardier Commercial Aircraftセグメントの関連会社であるC Series Aircraft Limited Partnershipが製造しています。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界トップのメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社が世界の交通をリードしている理由は、車両・航空機やサービス、そして何よりも従業員です。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability North Americaインデックスにも上場しています。2016年12月31日締め会計年度の売上高は、163億米ドルでした。ニュースと情報は リンク をご覧いただくか、Twitter @Bombardier をフォローしてください。

編集者向け注記

- 国際パリ航空ショーでのBombardierの様子を映した画像は www.bombardier.com に本ニュースリリースとともに掲載されています。
- Bombardier製品の情報はBCA Media Hubをご覧ください。 リンク
- Bombardier Commercial Aircraftからの最新ニュースと情報はTwitterで @BBD_Aircraft をフォローしてください。
- プレスリリースを受信するには、BombardierウェブサイトのRSS Feedセクションをご覧ください。 リンク
- Bombardier、C Series、CRJ Series、Q400およびQ Seriesは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。

お問い合わせ情報
お問い合わせ先:
Bryan Tucker
Bombardier Commercial Aircraft
+1-450-476-5907
bryan.bca.tucker@aero.bombardier.com
www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事