logo

百度もWeiboもWechatも徹底攻略、中国へのマーケティング・訪日インバウンドに特化したオウンドメディア「Chaimemo (チャイメモ)」の公開を開始

株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一 以下「当社」)は最新の中国マーケティングや訪日インバウンドに特化したオウンドメディア「Chaimemo (チャイメモ)」(リンク)を本日6月26日(月)に開設しましたのでお知らせいたします。
Chaimemo(チャイメモ)は、中国のトレンドマーケティング情報をはじめ、訪日インバウンドの市場や動向をお届けすることを目的としたメディアです。中国現地発信の業界関連資料の情報のピックアップや、リアルタイムな情報発信を行うことで、中国市場の理解・マーケティング施策の策定などに役立てていただけます。



[画像: リンク ]


■開設の背景と目的
先日の発表でも「訪日外国人観光客が最速で1,000万人を突破した」など、いまだインバウンド市場は右肩上がりで成長し続けています。中でも中国人観光客数は全体の約1/4の割合を占めるほどの巨大インバウンド市場として注目されている事は明らかです。
当社では、2014年より中国向けのマーケティングに取り組み始め、数百社を超える実績を作ってまいりました。しかし、中国の情報を日本語で収集する事は難しく、特に、最新情報を集めるのは困難で、各企業も同じ悩みを抱えている、という声を多く耳にしてきました。そのような背景から、我々が中国現地で発信されている情報やフルスピードでの事例、各種マーケティングツールの使い方などを発信することで、同じ悩みを抱える企業やインバウンド担当者が、中国に関わるビジネス業務をより円滑に推進する手助けになるのではないかと思い、このたびChaimemo(チャイメモ)のリリースに至りました。Chaimemo(チャイメモ)が中国ビジネスの促進につながれば幸いです。


■「Chaimemo(チャイメモ)」の特徴
1.中国市場の情報(インバウンドも含む)をメインに配信。
中国に特化した情報を発信することが「Chaimemo(チャイメモ)」の一番の特徴です。より深く、より詳しい中国の実態をはじめ、百度やWeiboの管理画面の裏側までマーケティングに必要なノウハウをお伝えします。

2.中国現地発信のレポート・ニュース等もタイムリーにお届け。
日本国内のインバウンド情報だけではわからないタイムリーなトレンドや中国市場情報を発信します。
“今の中国の人気”がわかります。

3.中国現地関係者・インバウンド業界関係者によるコメント・最新情報。
インバウンド業界関係者や、現地で訪日インバウンドに携わる方など、第一線で活躍する人達へのインタビュー、対談などの掲載を行い、彼らの頭の中身を徹底解剖します。中国ビジネスや訪日ビジネスでの成功の秘訣を公開していきます。

■「チャイメモ」掲載予定カテゴリ
1.中国現地情報(マーケティングレポート、ホットニュース)
2.インバウンドトレンド(インバウンド関連ニュース・インバウンドセミナー情報)
3.PRノウハウ(中国むけプロモーション手法・事例の紹介)
4.ボイス(中国旅行者、中国インバウンド関連企業・現地関係者のインタビュー)
5.データバンク(中国マーケティング・インバウンド関連データ、リンク等)

チャイメモURL:リンク
Facebookページ:リンク
Twitter:リンク

※開設日に誤りがあったため修正しました。

【各種お問い合わせ先】
株式会社フルスピード
■当リリースに関するお問い合わせ: 訪日ビジネス開発室  崔
TEL : 03-5457-7712 
FAX : 03-5428-4461
E-Mail : asia@fullspeed.co.jp

■取材に関するお問い合わせ:経営戦略室 竹本
TEL : 03-5728-4460(代表) 
FAX : 03-5728-4461
E-Mail : press@fullspeed.co.jp

===================
【株式会社フルスピード 会社概要】
設 立 : 2001年1月4日
資 本 金 : 898百万円 (2016年4月末日現在)
代 表 者 : 代表取締役社長 友松功一
従業員数 : 連結 260名 単体 201名 (2016年4月末日現在)
事業内容 : アドテクノロジー事業
インターネットマーケティング事業
訪日インバウンド事業
所 在 地 : 東京都渋谷区円山町3-6E・スペースタワー8階
U R L : リンク
===================

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。