logo

グローバル人材育成のための成城大学独自の海外研修プログラム~「2017年度夏期マレーシア短期海外研修」実施のお知らせ -- 「事前研修」+「マレーシアでの語学研修&インターンシップ」+「企業向け報告会」 -- 成城大学

成城大学 2017年06月26日 08時05分
From Digital PR Platform


成城大学(東京都世田谷区/学長:戸部 順一)は、成城学園第2世紀ビジョンにある「『日本』を知り『世界』を理解する人を育てる学園の実践」の一環として、2013年度から「夏期マレーシア短期海外研修」を行っている。同プログラムの最大の特長は、企業の協力を得て、現地(マレーシア)の日系企業等でインターンシップを経験するところにある。


 同プログラムは、グローバル化された世界の経済・社会の中にあって求められている人材育成を目標に、海外インターンシップを通してグローバル人材の素養を持つ学生リーダー層を育成し、彼らが学内外で活躍することにより、他の学生に好影響とピア・プレッシャーを与え、大学全体の多様化を促すことを目的としている。2015年度からは単位化が成されるなど、成城大学として今後も注力していく研修であるので、ぜひご期待いただきたい。

<プログラムの特長>
 同プログラムは、事前にグループワークを通して業界企業研究に取り組み、マレーシアでは、現地の日系企業等で語学を駆使したインターンシップを体験し、帰国後、研修成果を学内外に報告することによって「自ら考え行動する力」「グローバル社会に通用する力」を身につける内容になっている。事前・事後研修を含めて9か月以上にわたり段階を踏む成城大学独自のハイブリッドなプログラムである。

<マレーシアでのインターンシップ受入企業>
 株式会社三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区 代表取締役社長執行役員:杉江 俊彦)、日本航空株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:植木 義晴)、ICC国際交流委員会(代表取締役:曽根 靖雄)The Loaf(日馬合弁企業)の4社の協力を得て実施する。

<実施概要>
・期間: 2017年8月1日(火)~8月20日(日) 20日間
・募集学生数: 成城大学学生 13名
・研修実施校: UNIVERSITI TEKNOLOGI MALAYSIA(マレーシア工科大学)
・インターンシップ受入企業:
 株式会社三越伊勢丹ホールディングス、日本航空株式会社 クアラルンプール支店、ICC国際交流委員会(KNAIN MALAYSIA SDN.BHD)、The Loaf

■研修内容概略
【事前研修】
●英語力や職業意識などの確認を行う
●同大キャリアセンターの指導で、社会常識、仕事の進め方、社会人マナーセミナーやインターンシップ先の業界企業研究を行う
●英語でのディスカッションやプレゼンテーション能力を伸ばすため、国際交流科目の履修
●「毎日が英会話」を利用し、英語のコミュニケーション力を高める
●留学生とのディスカッションや英語による特別講演会への参加
●マレーシア政府観光局による教育研修セミナー
【事後研修】
●インターンシップ企業担当への事後報告会や、学内行事での発表

*研修スケジュールおよび内容に関しましてはHPにてご確認ください。

▼本件に関するお問い合わせ
 学校法人成城学園
 〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
 企画広報部
 TEL: 03-3482-1092
 FAX: 03-3482-1489 

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。