logo

現役AV女優・紗倉まなの処女小説『最低。』を紺條夏生がコミック化!電子マンガ雑誌『毒りんごcomic』にて好評配信中!

今秋には原作の映画化も決定!

このたび、電子マンガ雑誌『毒りんごcomic vol.16』(双葉社/6月15日より絶賛配信中)にて、現役AV女優・紗倉まなが2016年に発表した処女小説『最低。』のコミカライズ連載が始動いたしました。
紗倉まなの洞察力と表現力あふれた作品を、『妄想少女オタク系』の作者・紺條夏生が卓越した画力で情感豊かに描きだすコミック版『最低。』。『毒りんごcomic vol.16』にて連載中で、全6回を予定しています。今秋には原作の映画化も決定している本作を、この機会にぜひコミックでもお楽しみください!
リンク





[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

異色タッグが実現!
AV女優・紗倉まな×『妄想少女オタク系』の紺條夏生

原作『最低。』はアダルトビデオ業界を題材に、AVを取り巻く4人の女性たちのエピソードを連作形式で綴った小説です。コミック版では、生まれ育った家で疎外感を感じ、19歳でAV業界に足を踏み入れた少女・綾乃の物語が描かれています。処女作ながらその文学性の高さで世間を驚かせていた原作に、『妄想少女オタク系』完結から7年間休筆していた作者・紺條夏生も強い衝撃を受け、今回のコミカライズ企画が動き出しました。

■AV女優の日常、親バレ、そして恋――
【コミック版『最低。』あらすじ】
19歳でAV業界に足を踏み入れることを決意した綾乃。生まれ育った家での疎外感と「自分の居場所じゃない」感覚。そんなもの悲しさと複雑な感情を抱きながら、カラダひとつを武器にして綾乃はアダルトビデオの世界で成功していく。AV女優の日常、親バレ、そして恋――ひそやかに繊細で、大胆で過激な物語。

■試し読みはコチラ
リンク

■原作小説『最低。』の映画化が決定!
なお、原作小説は映画化が決定しており、監督・瀬々敬久、出演・森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈で、2017年秋、角川シネマ新宿ほかにて公開予定です。

[画像3: リンク ]

■紗倉まなコメント
自分の作品を紺條先生にこうして華やかに表現していただけること、本当に光栄に思います。見ているだけでドキ
ドキしてしまうくらい、細部まで美しく描いてくださった『最低。』、ぜひたくさんの方々に読んでいただきたいです。

■紺條夏生コメント
小説が素晴らしすぎて、自分では力不足だろうとも思いましたが、誰かが漫画にするのなら私が!と思い、描かせていただくことになりました。漫画では描ききれなかった部分もたくさんあるので、漫画と小説、ぜひ両方読んでいただきたいです。この作品に出会えた事に深く感謝します!

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

(C)紺條夏生・紗倉まな/双葉社

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。