logo

【PS VR先行配信】 360度に広がる東京湾の大海原でシーバス釣り!

株式会社360Channel 2017年06月24日 10時00分
From PR TIMES

~羽田空港・扇島 辺見哲也プロと一緒におすすめポイントを巡る~

株式会社360Channelは、360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(リンク)」にて、VR 釣りコンテンツの第2弾、「辺見哲也と行く シーバス釣り in 東京湾」の動画2本をPlayStation(R)VR(以下、PS VR)で先行配信いたします。
■第1弾「辺見哲也と行く 渓流釣り in 山梨 ~ルアーで ニジマスを狙え~」はこちら リンク




[画像1: リンク ]

出演は、第1弾に続き、辺見哲也プロ。撮影当日は、朝5時に出発。絶好の釣り日和の中、東京湾の名所を小型船舶で巡り、シーバス釣りを堪能しました。

神奈川県横浜市と川崎市にまたがる扇島沖では、ルアーを沈めながら魚を誘う『ジギング』を披露。数多くの釣り番組を手がける撮影スタッフが「改めて勉強になった」と語る、辺見プロ独特の『ロッドワーク』が見どころです。羽田空港滑走路の先にある赤白の色鮮やかな誘導灯の下では、釣りだけでなく頭上を飛び交う飛行機も楽しめます。

釣りが初めての方でも360度見渡す限り続く海を眺めるだけで爽快な気分になれること間違いありません。
一日をかけて東京湾を一周した今回の撮影。辺見プロの腕がなり、釣果もしっかりありました。活きのいいシーバスの様子や360度に広がる海原を、ぜひVRでお楽しみください。

■PS VRでの視聴方法 :リンク
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


【チャンネルおよび動画概要】
<体験>
■チャンネル:『アングラーと行くVR釣り空間』
■内容   :VR空間で プロアングラー(釣り人)と一緒に釣りに行こう!一流のテクニックを目の前で
体感。360度カメラを水中に入れたり、釣竿につけたり、チャレンジングな撮影をした
特別映像も!釣り好きはもちろん、釣りは初めてという方でも楽しめます。
■動画   :辺見哲也と行く シーバス釣り in 東京湾 ~扇島沖バースで ジギング~
辺見哲也と行く シーバス釣り in 東京湾 ~羽田空港周辺で ジギング~
■チャンネルURL:リンク


【360Channel サービス概要】
『360Channel』で配信する動画は360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、あたかも動画内に自分がいるかのような臨場感あふれる視聴体験を楽しめる点が最大の特長です。PlayStation(R)VR、Oculus Rift、Gear VR といったVR専用HMDを装着することで、もっとも没入感の高い視聴体験を味わうことができます。専用サイトにアクセスすることでPCやスマートフォンからも利用可能です。

■提供サービス :360度VR動画の視聴(ストリーミング再生)
※動画はアーカイブ形式のため、一定期間経過後に削除されます。
■URL :リンク
■対応デバイス :VR専用HMD(※1)、PC、スマートフォン、タブレット端末(※1)
※デバイスによっては一部視聴できないコンテンツがあります。
■料金 :無料(※2)
■スマートフォンアプリ:
【App Store URL】リンク
【Google Play™ URL】リンク
■PS VRでの視聴方法 :リンク
■公式Facebook :リンク
■公式Twitter    :リンク
※1 VR専用HMDはPlayStation(R)VR、Oculus Rift、Gear VRに対応。その他のVR専用HMDにも随時対応していきます。
※2 本サービスは無料ですが、対応デバイス使用時にはそれぞれ別途通信料がかかります。


【株式会社360Channel 会社概要】
社名  :株式会社360Channel リンク
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立  :2015年11月2日
資本金 :7億円(資本準備金含む)
代表者 :代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:360度動画関連事業


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社360Channel  広報担当  pr_ml@360ch.tv


(C) 2016-2017 360Channel, Inc.
※360チャンネル\サンロクマルチャンネルおよび360Channelのロゴ(「36」)は株式会社コロプラの商標です。
※Android 、Google Play は、Google Inc. の商標です。
※iPhone、iPod touch、iPad、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事