logo

『Travel.jp』、急成長中の『Kiwi.com』と航空券分野で連携

~手厚いサポートを誇る同社との提携でユーザーのさらなる利便性向上を目指す~

 株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓 以下:ベンチャーリパブリック)が運営する国内最大級の旅行情報サイト『Travel.jp(トラベルjp)』 (リンク)はこの度、チェコのKiwi.com s.r.o.社(本社:チェコ・ブルノ CEO:Oliver Dlouhý 以下:Kiwi.com社)が運営し、欧米を中心に急成長している『Kiwi.com』(リンク)と直接連携しました。



[画像: リンク ]


 この連携により、『Kiwi.com』が取り扱う日本発着および海外発着の航空券(グローバル航空券)の最安値を、『Travel.jp(トラベルjp)』で簡単に検索することができます。また、Kiwi.comは、このサイトを通じて予約されたすべての航空券に対してユニークな保証制度を実施しています。Kiwi.comは24時間毎日稼働している非常に大きなカスタマーサービスセンターを持っており、フライトの欠航や遅延、スケジュール変更に迅速に対応します。予期せぬ旅程の変更が起きても、Kiwi.comの多言語対応カスタマーサービスが、ユーザーのために新たな航空券を予約、または払い戻しを行います。

 この取り組みによって、『Travel.jp(トラベルjp)』がユーザーの旅選びにさらにお役に立てるようになることを期待しています。

【Kiwi.com s.r.o.社について】
2012年に設立され、チェコ・ブルノに拠点を置くKiwi.com s.r.o.社は、世界中の約700もの航空会社と提携している『Kiwi.com』を運営しています。Kiwi.comは、ユーザーが予算をおさえて航空券を予約するために、データ収集に基づく独自のテクノロジーを使ったツールを提供しています。LCCとフルサービスキャリアを統合した独自のアルゴリズムにより、多くの機会において正規運賃よりも50%から90%も安い航空券をユーザーに提案することができます。Kiwi.comは、「Virtual Interlining」と呼ばれるこのサービスを初めて世に提供するオンライン旅行会社です。
多くのLCCは大手航空会社と相互協力する関係にはなく、このことが旅行者の利便性を著しく下げる原因となっています。Kiwi.comは、ユーザーがほぼ無条件に組み合わせ可能なフライトを用いて独自の旅行プランを作れるようにすることで、この問題を解決しました。Kiwi.com独自のアルゴリズムは、この種のものでは最大ともいえるデータベースから乗り継ぎ便を探し出し、ユーザーのために完璧なルートをお作りします。

【Travel.jp(トラベルjp)について】
『Travel.jp(トラベルjp)』は、国内および海外旅行の情報を専門に扱う国内最大級の旅行情報サイトです。大手旅行会社を含む約230社が販売する厳選された100万件を超える格安航空券、国内外パッケージツアーをまとめて検索・比較することができ、また、国内約30,000軒および海外約120万軒のホテル・宿についても横断検索することができるサービスを提供しています。

(株式会社ベンチャーリパブリック:運営サイト)
・旅行情報サイト『Travel.jp』(トラベルjp)リンク
・旅の専門家が教えるガイドメディア『トラベルjp<たびねす>』リンク
 リンク (英語版ページ)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。