logo

出版界のカリスマによる、多忙なビジネスマンのための超効率型『エグゼクティブ・ダイエット』で90%のモニターが減量成功、3ヵ月で-10kgの事例も!著者が昨今のダイエット本にモノ申したいこととは?

株式会社旭屋書店 2017年06月21日 18時00分
From PR TIMES

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!

旭屋書店による1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画として、土井英司の『エグゼクティブ・ダイエット』発売を記念した著者インタビューを実施!土井さん自身に、著書についてじっくりと語っていただきました。



[画像1: リンク ]

◆本編再生はコチラ!
リンク

旭屋書店では、土井英司さんの新刊『どんなに忙しい人も必ずやせるビジネスマンの最強ダイエット エグゼクティブ・ダイエット』をフィーチャーし、著者インタビューを実施。出版マーケティングコンサルタントとしてAmazon.co.jpの立ち上げにも参画、数々の著者のプロデュースを手掛けて毎年10万部超のベストセラーを連発、ミリオンセラー『人生がときめく片づけの魔法』も手掛けるなど、まさにカリスマバイヤーとして名高い土井さん。今回、マーケティング畑の“エグゼクティブ”が、ダイエット領域で自ら著述したのはなぜか?最小の努力(コスト)で最大の効果(ベネフィット)を出すというコンセプトの、本書にかけた思いについて語っていただいた。

「ダイエットの問題っていうのは色々調べていくと、結局ビジネスの問題だということに気付いたんですよ。人々が太ってしまう要因もビジネス的な要因。食品会社が儲けを追求していくと安くて満足度が高い素材である炭水化物や砂糖を使う。その要因を避けられれば痩せる方法がある。あとは、リンダ グラットンさんの『LIFE SHIFT』を読んで、これからいよいよ人生、100年時代だと。90歳まで働こうと思ったら、結局一番の資産は身体なんですよ。いつまでも戦える身体をつくるということを目的にこの本を作りました。」

一般的にエグゼクティブと呼ばれる、上級管理職は時間の重要性が高まるため、とにかく「動かなくなる」という。土井さん自身、会社から独立して社長になったことをきっかけに、移動手段にタクシーばかり使うようになり、身長170cmで76kgまで体重が増えてしまった。健康面も危惧し、“エグゼクティブのライフワークスタイルにぴったりのダイエット方法”を追求し始めたのだ。

[画像2: リンク ]

「エグゼクティブは時間が一番大事だから、時間を優先する。それを削るわけにはいかない。さらには、人との付き合いも大切だから、『僕ちょっとダイエットしてるんで』って会食を断るわけにはいかないんです。お医者さんとかパーソナルトレーナーの本には、よく『一日30分走る』とか『食べ物を選んでください』って書いてあるけれど、ビジネスマンのライフスタイルを全然考えてないんですよ。」
土井さんは、捻出できる時間も少なく、出張なども多い中、狭いビジネスホテルでできることを模索した。ベッドの上を使っての腹筋や、本当に少ないスペースでできるヒンズースクワットを続けることで、驚くほど痩せたという自身の実証も活かしている。本書には、さらに数々の医学的な根拠も絡め、トータルで最適な方法を凝縮。結果、モニターの90%がダイエットに成功、3ヵ月で10kg以上減った方もいるという、驚異的な結果を出している。

本書では時間の重要性を説いているため、「見出しだけ見たら、ノウハウが分かる」という読みやすさにもこだわった。キャッチコピーのように簡潔な二行にまとめられた見出しは、忙しくてもサッと読めて理解できるのがポイントとなっている。ちなみにこの本には、上級管理職のダイエット法という意味合い以上に、日本のビジネスに元気になってほしいという土井さんの願いが込められている。土井さんが捉える“エグゼクティブ”の定義とは、「お金のために仕事をしていない人」だという。お金を忘れて仕事に打ち込む全てのビジネスパーソンのために、そして日本の将来のために、なくてはならない新しい健康バイブルがここに誕生した。

[画像3: リンク ]

単行本(ソフトカバー): 150ページ
出版社: マガジンハウス

[画像4: リンク ]

◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
リンク

◆公式Twitter
リンク

◆公式Facebookページ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。