logo

コピペチェックツール「CopyContentDetector」に履歴情報を残せるメモ機能実装

株式会社ウェブサークル 2017年06月21日 17時23分
From PR TIMES

記事チェックした履歴や案件の情報を記載できるメモ機能の実装

 株式会社ウェブサークル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:門田俊介、リンク、以下ウェブサークル)は、自社が提供するクラウドサービス「CopyContentDetector(コピーコンテンツディテクター、以下CCD)」にコピペチェックした記事の履歴や案件の情報が記載できるメモ機能の実装をいたしました。
 今回の機能は無料・有料ユーザーに限らず全てのユーザーにご利用いただける仕様になっております。本件の実装により、さらに便利になったCCDをぜひご活用ください。



[画像1: リンク ]

1.メモ機能が使える対象ユーザー
対象:全ての利用者(未登録者、無料会員登録者、有料申込者)
【想定利用方法】
CCDで行ったコピペチェック記事が、どの案件の記事なのか。誰がチェックを行ったのか、などの一言メモを記載する事が可能になっております。また、会員登録を行っていただくと複数人での作業情報も保存できるようになります。記載したメモはCSVファイルで結果をダウンロードする際にも記載されております。

2.使い方について
【メモの表示位置】
画像の赤枠に囲まれている、記事チェック結果下の薄い水色になっている部分に保存されたメモ情報が先頭から100文字まで表示されます。


[画像2: リンク ]

【メモの保存方法】
「メモ詳細・編集」ボタンを押すと、メモの全体と編集フォームが表示されます。
自由入力が可能となっておりますので必要情報を記載いただいた上で「メモ保存」ボタンを押してください。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

以上の操作方法でメモ機能を利用する事が出来ます。
状況に合わせてご活用ください。

【株式会社ウェブサークル概要】
社名:株式会社ウェブサークル リンク
本社:東京都渋谷区渋谷3-16-5 SHOKAIビル 5F
設立:2014年 7月
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役 門田 俊介

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事