logo

エッジコンピューティング用ミドルウェア Gravio(グラヴィオ)提供開始。Windowsパソコン1台から本格的なエッジ型IoTをノンプログラミングで導入可能

〜 データの取得、加工、連携に加えIoT機器の制御も手軽に実現し、シェアNo.1を目指す 〜

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、本格的なエッジコンピューティング(※1)用ミドルウェアとして、IoT(※2)を介したデバイス連携・制御やクラウドサービス等との連携を手軽に実現する新製品「Gravio」(グラヴィオ)を2017年6月21日より提供開始することを発表します。本製品は、インフォテリアが提供するIoTソフトウェア基盤の第2弾となります。

■Gravioとは
 IoTソリューションにおける、分散したエリアでの効率的なデータ収集と活用をシンプルに実現するために開発したエッジコンピューティング用新世代ミドルウェアです。世界中のあらゆる現場で幅広く普及しているWindows 上で動作することで、既存のPC運用における知見や情報リソースを最大限に活かしながら、先進のIoTソリューションを手軽に実現します。

< Gravio ロゴイメージ > リンク

< Gravio システム概要 > リンク

< Gravio 6大特長 >
1:センサーデータ処理。
  IoT機器からのデータ加工・連携を一元的にエッジで処理可能。
2:各種デバイスの制御が可能。
  IoT機器に対する作動制御(命令発行)が可能。
3:COMポートも対応。
  RS-232C(※3)からEnOcean(※4)まで多用な通信手順でIoT機器と接続可能。
4:ノンプログラミング。
  直感的かつ流麗なインターフェースにより高い操作性を提供。
5:レイアウトビュー。
  エリア内に設置されたIoT機器の状態を画面上で俯瞰することが可能。
6:Windows 10で動作。
  運用、管理、保守が容易でかつ高いセキュリティを実現。

■Gravio発売の背景
 あらゆる産業・業界においてIoTソリューションが注目されています。しかし、センサーやゲートウェイなどの機器の取り扱いが難しいことや、それらの機器だけでなく、管理するソフトウェアやクラウドの領域までの幅広い知見が必要になることが普及を阻む要因になっています。
 また、IoT機器は多数分散されて設置されることが多く、即時性やコストの観点からも全てをクラウドに直結すればよいとは限りません。このため、データの重要度、即時性、環境条件などを基に様々な処理方式を現場において効率的に組み合わせることができる、エッジコンピューティングが改めて注目されているものの、専用性が高い機器が多く、高度なプログラミング知識も要求されるため、ビジネス現場では扱いにくいツールしかありませんでした。
 インフォテリアではこうした課題を抜本的に解決し、本格的なIoTソリューションの構築およびエッジコンピューティングを実現するプラットフォームとして「Gravio」を開発。企業データ連携ソフトウェア市場シェア国内No.1※5の主力製品であるASTERIAで培ってきたノウハウをベースに、直感的なノンプログラミングによるIoTの各種データの加工、連携を実現しました。これにより、データだけではなく、システムそのものの「見える化」も可能となり、開発、管理工程においても高速かつスマートにIoTソリューションを実現します。

■サービスメニュー
 無償モデル「Gravio Basic」を含めた多様なスペックをラインアップ。
 ※ラインナップは リンク よりご確認ください。

< Gravio紹介特設サイト > リンク

< Gravio画面1: 独自のフロー設計画面(ノンプログラミングでの構築が可能) > リンク

< Gravio画面2: レイアウトビュー(センサーを種類毎にレイヤー分けして表示) > リンク

■今後の展開
 新製品Gravioの発売により、インフォテリアはIoTをエッジサイドから牽引する方針です。具体的には、IoTを活用する領域の幅を広げていく上で様々なセンサーベンダー、クラウドベンダーなどとの協業を加速します。また、大規模なIoTシステムの構築に不可欠となるシステムインテグレータとの協業も促進し、今後においてパートナー制度を展開する計画です。
 さらには、グローバル展開を見据えた英語版も今後リリース予定であるなど、Gravioは2020年度末までに全世界におけるエッジ型ミドルウェア市場の世界シェアNo.1の獲得も目指してまいります。

用語解説

※1:小さなエッジサーバーを複数配置し、データ処理の速度や能力を高める技術。
※2:Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」。様々なモノがインターネットに接続され情報交換することにより相互に制御する仕組み。
※3:シリアルポートのインターフェース規格。パソコン同士の直接接続や、周辺機器の接続用。
※4:IoTの現場で使われる、マイクロ環境発電で動作する超低消費電力無線技術。
※5:出典 テクノ・システム・リサーチ社「2016年ソフトウェアマーケティング総覧EAI/ESB市場編」

< エンドースメント(五十音順) >
※エンドースメント表記は省略しています。リンク よりご確認ください。

■「インフォテリア株式会社」について(Webサイト リンク
 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,117社(2017年3月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,193件(2017年3月末現在)の企業や公共機関で採用されています。


【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
インフォテリア株式会社 広報・IR室 長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:press@infoteria.com

【製品に関するお問い合わせ先】
インフォテリア株式会社 Gravio事業部 製品担当:垂見智真
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:pm@infoteria.com


インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事