logo

マジレム社のEDAソリューションが、ルネサス社の設計自動化、IPパッケージ及びコンテンツ生成用に選ばれる

複雑なフロントエンド設計とドキュメントフロー向けのソフトウエアソリューションを提供しているトップベンダーのマジレム社は、ルネサスエレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス社)が、設計自動化、IPパッケージ及びコンテンツ生成用にマジレムのEDAソリューションを採用したと発表いたしました。

複雑なフロントエンド設計とドキュメントフロー向けのソフトウエアソリューションを提供しているトップベンダーのマジレム社は、ルネサスエレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス社)が、設計自動化、IPパッケージ及びコンテンツ生成用にマジレムのEDAソリューションを採用したと発表いたしました。

"ルネサスは、最高レベルの品質製品を提供する為のより良い方法を常に求めています。当社製品のハードウエア及びソフトウエア両分野に対して、業界標準IP-XACTを採用し且つマジレムが提供する設計フローの展開によって、より強力な自動化環境の構築を可能にしています。"と、ルネサスシステムデザイン株式会社 第一要素技術事業部 デザインメソドロジ部 部長、井下順功氏はコメントしております。

異なるすべての顧客要求を満たすために、ルネサス社の製品は多種多量の派生製品として、非常に短期間に市場に投入することが求められています。それには設計プロセスの再現性、設計フローの移植性そして実IP再利用性のソリューションが必須です。業界で認知されたIEEE標準ベースの単一ソース環境下で提供されるマジレム・ソリューションは、ルネサス社が必要としている、世界各国に展開している開発チームの突然の製品要求変更に対応することを可能にしています。

「我々は、マジレム・ソリューションがルネサス社に選択されたことに感謝しています。これは弊社の手法とソフトウエアが、複雑なSOC設計プロセス導入時において、十分に可能性があることを示したと思っています」、と マジレム社VP戦略アカウントマネージャー:Pascal Chauvetがコメントしています。更に「 すべての設計活動を統一化させる為に、実績のある単一の業界標準フォーマットベースの自動化プラットフォームを導入している多くの企業の状況を把握して得られたトレンドと、合致しています。つまりメッセージは:より高い生産性と品質を得るには、ポイントツールの組み合わせでは達成不可です。必要なのは一貫性を持たせたエンドツーエンド設計フローソリューションです」、と付け加えています。

ユーザープレゼンテーション
ルネサス社は、本年6月28日(水)に開催予定のジャパン・ユーザセミナー(場所は都内のフランス大使館)において、昨今の複雑なMCU設計に対してMagillem EDAソリューションを用いて、どのように高品質な設計を効率的に実現するのかを紹介する予定です。

用語解説

Magillem社について
2006年設立以来、世界の主要半導体メーカーと組み込みシステム顧客に、ビジネスコンテンツの活用を促進するソフトウエアのパイオニアとして認知されています。また2009年にEuronext Paris(FR0010827741)に上場しております。そして次のような多くの顧客からの信用を得ております:Altera, Samsung, Qualcomm, NXP, ST Microelectronics, Texas Instruments, Thales, 他。
また弊社は48人体制で、その内PhD(研究開発担当)を含む45人のエンジニアで組織されています。オフィスは東京と米国4ヶ所(ニューヨーク、オースチンとサンフランシスコ)及びアジアとイスラエルに代理店8社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。