logo

インテムポーラがRTMapsエンベッディッドを発表、自律走行車の開発に一歩前進

インテムポーラ 2017年06月21日 11時01分
From 共同通信PRワイヤー

インテムポーラがRTMapsエンベッディッドを発表、自律走行車の開発に一歩前進

AsiaNet 69009

自動運転車技術万国博覧会、シュトゥットガルト(ドイツ)、2017年6月20日/PRニュースワイヤー/ --

RTMaps(Real-Time Multisensor Applications:リアルタイム・マルチセンサー・アプリケーション)のエディターであるインテムポーラ(Intempora S.A.)は、RTMapsエンベッディッド(RTMaps Embedded)と呼ぶ新しいメジャーバージョンを発表します。RTMapsは、先進運転支援システム(ADAS)と高度自動運転(HAD)のデザインと実行を容易にするコンポーネントベースの開発ソフトウェアです。

センサーの数の大幅な増加でインテリジェントカーの組み込みソフトがますます複雑化し、電子制御装置(ECU)の計算がいっそう複雑になるにつれ、自動車メーカーやサプライヤーは、強力なリアルタイム実行性能で数多くのソフトウェアタスクと高帯域の生データストリームの時間的コヒーレンシーを処理する最新の高性能ソフトウェアソリューションを使用する必要に迫られます。

(ロゴ: リンク )

(写真: リンク )

インテムポーラは長年にわたり自動車業界のニーズと課題を検討、可能な技術的解決法を研究し、多くの研究プロジェクトや顧客の事例においてRTMapsの高度な機能に取り組んできました。このRTMapsソフトとの重要な関係が、今や自律走行車の開発の新たな節目となります。

RTMapsエンベッディッド(V4.5)は今後、未来の車の複雑な計算能力にルネサス(Renesas)、エヌビディア(NVIDIA)、NXP などの主要シリコン販売会社が開発した最新のSoCを提供し、ADASおよびHAD専用の組み込みターゲットをサポートします。以下はその例です。

・ルネサスHADソリューションキット(Renesas HAD Solution Kit)(リンク ):ECUの開発時間削減のため車の機能的安全性を対象とした高度な計算性能を持つ自律走行システムに向けた強力なソリューションキット。HADソリューションキットは、持続可能でスケーラブルなSoC 、マイクロコントローラー(MCU)、ソリューションキットから成るオープンで革新的、信頼されるADASと自動運転向けのプラットフォーム、ルネサス・オートノミー(Renesas autonomy)(TM)プラットフォーム(Platform) (リンク )の一部です。

・NXPブルーボックス(NXP BlueBox):安全性、パワー、処理性能に関する世界の自動車業界の厳しい要求に応える自動運転開発プラットフォーム(Automated Drive Development Platform)

・エヌビディア(NVidia)(R)ドライブDrive(TM)PX2:知覚、HDマッピング、位置特定、推論、計画を動かす深いニューラルネットワークのソフト開発に向けた次世代自律走行システムの研究開発を可能にする強力なGPUベースのAIカー・コンピューター。

・近日発売のディースペース・マイクロオートボックス・エンベッディッドSPU(dSPACE MicroAutoBox Embedded SPU):自動運転機能のための高性能最新プロトタイピング・プラットフォーム。

新しいRTMapsの発売により、SoC計算機能の良い点を採用しつつ、RTMapsリモート・スタジオ(RTMaps Remote Studio)のおかげでターゲットを実行するRTMapsアプリケーション(ダイアグラム)をグラフで編集することができるようになります。したがって、PCのプロトタイピングの初期段階から大量生産向けに設計された最新のECUへのデザインの移植が容易になります。これにより開発サイクルは大幅に短縮し、組み込みターゲットのリアルタイム・マルチセンサー・アプリケーションの展開が簡略になります。

RTMapsについて: リンク

インテムポーラについて

インテムポーラは、2000年に設立、1998年からパリ国立高等鉱業学校(Mines-ParisTech)のロボット工学センター(Center of Robotics)で遂行、開発した業績に基づく独立系ソフトウェア・エディターです。インテムポーラは現在、自動車業界、とりわけロボット工学、先進運転支援システム(ADAS)、高度自動運転(HAD)において重要な役割を果たすリアルタイム・マルチセンサー・アプリケーションの最新ソフトウェアソリューションを提供するための15年以上の知識と専門技術を有しています。
インテムポーラは、2016年以来ディースペース(dSPACE GmbH)と戦略的提携を結んでいます。この契約によりディースペースは世界的にRTMapを独占供給し(フランスを除く)、迅速な開発、試験、検証のための全ポートフォリオを提供しています。この連携は、自動車業界に革新的ソリューションを提供できるようにするために不可欠な節目です。


ソース:インテムポーラ


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事