logo

KudanとLINEが業務提携

Kudan株式会社 2017年06月20日 16時45分
From PR TIMES

ーカメラアプリ「B612」のAR機能の更なる拡充を図るー

拡張現実(AR)のコア技術であるコンピュータビジョン技術(Computer Vision、以下CV技術)を提供しているKudan株式会社は、LINE株式会社と業務提携を行いましたことをお知らせします。Kudanの技術により、LINEの自撮りカメラアプリ「B612」の最新機能であるARフィルターを拡充し、次世代のユーザー体験を実現します。



[画像: リンク ]


「B612」は2014年8月にサービスが開始され、世界累計ダウンロード数は3億件[1]を越えるなど、すでに多くのユーザーにご利用いただいております。「B612」は、多彩なフィルターを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができるカメラアプリです。その一機能であるARフィルターは、カメラ越しに見えるいつもの風景を、一味違った写真や動画に加工できるので、カメラを通して幻想的な空間を広げることができます。

このたび、LINEと業務提携するKudanは、独自開発のVisual SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)技術をコアに、AR/MR/VR、IoT、ロボティクス向けに空間認識技術を提供しております。Visual SLAM技術は、デバイスの位置の認識と周囲の環境地図の作成を、カメラの2次元の画像のみを用いて、瞬時かつ高精度に行うことが可能です。また同技術は、iOSやAndroidに対してクロスプラットフォームで、かつ専用デバイスに依存しない高度で汎用性の高い技術です。

カメラアプリにおけるAR機能の拡充が益々期待される中、LINEはKudanと共に、次世代のモバイルアプリケーションへと進化させていきます。


■Kudan株式会社について

Kudanは、英国ブリストルで創業した先進的なコンピュータビジョン(CV)技術の会社です。単眼と複眼両方のカメラに対応し汎用性と堅牢性に優れたVisual SLAMとともに、AR/MR/VR、IoT、AIおよびロボティクスなどへのソリューションを提供しています。このハードウェアにとらわれないCV技術は、あらゆる画像関連デバイス/プラットフォームに組み込まれていくことを想定しています。


■LINE株式会社について

LINE株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」を機軸として、コミュニケーション・コンテンツ・エンターテイメントなどモバイルに特化した各種サービスの開発・運営および、広告事業を展開しています。ミッションに「CLOSING THE DISTANCE」を掲げ、世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めることを目指しています。

企業情報ウェブサイト: リンク

コミュニケーションアプリ「LINE」: リンク


■当ニュースリリースについてのお問い合わせ先
Kudan株式会社
Email:hello@kudan.eu
Tel:03-6273-9760(代表)


LINE株式会社
Email:dl_gpr@linecorp.com

[1] 2017年1月29日時点

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。