logo

Supermicro X11 SuperBlade(R)はIntel Omni Path Fabicを搭載し、I/O性能を高める

Super Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ) 2017年06月20日 15時41分
From 共同通信PRワイヤー

Supermicro X11 SuperBlade(R)はIntel Omni Path Fabicを搭載し、I/O性能を高める

AsiaNet 69001 (0919)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2017年6月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*SuperBladeは高密度サーバーソリューション、最大のI/O柔軟性、100Gb/sスループットのために最適化されたコスト、縮小されたレイテンシーを備えた市場初のものである

コンピュート、ストレージ、ネットワーキング技術、グリーンコンピューティングのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ、NASDAQ:SMCI)は、近日発売のIntel(R)Xeon(R)Processor Scalable Family(コードネームSkylake)をサポートする次世代の高性能X11 8U/4U SuperBlade(R)システムの中にIntel(R)Omni-Path Architecture(Intel(R)OPA)を提供する。

Photo - リンク

X11 SuperBlade(R)(リンク )は高性能な人工知能アプリケーション向けに密度・性能が最適化されたソリューションである。SuperBladeシステムはサーバー、ストレージ、ネットワーキング向けのオープンな業界基準リモート管理ソフトウエアによって、最大20基の2ソケットサーバー、10基の4ソケットサーバー、20基のXeon(R)Phiベース・サーバー、1基の100G Intel(R)OPAないしは100G EDR InfiniBandスイッチ、2基の10G/25Gないしは4基の25G Ethernetスイッチをサポートする。この統合100G Intel OPAスイッチは、最小のレイテンシーと最高のスループットを必要とするアプリケーション向けに最適化されている。統合100G Intel OPAスイッチは、高性能ワークロードのために数千のノードに拡大可能であり、最適経路指定を提供して混雑度が最小のパス、リダンダンシーおよびロードバランシング向けの複数のルートへの分散ルーティング、一時的エラーの回復を可能にするパケット完全性保護、レーン障害に対処するレーンスケーリングを見つけ出す。エンクロージャーは信頼性およびデータ保護のために、高コストのデータセンターUPSシステムを置き換えるオプションのBattery Backup Power(BBP(R))モジュールを搭載する。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「Intel Omni-Path Architectureベース・スイッチを搭載した当社のSuperBladeプラットフォームはサービスの信頼性および品質を向上させるために、100nsの低レイテンシーと100Gb/sの最大スループットによって最適化された高密度HPCソリューションを提供する。HPC展開を拡大することは、最新のSuperBladeが提供するクラス最高の密度、最大のプロセッシング能力、統合された高性能ファブリックから恩恵を受けることになる」と語った。

インテルのHigh-Performance Fabric担当ゼネラルマネジャーであるスコット・ミサージ氏は「Intel Omni-Path Architectureは、HPCにとって必要な高性能で信頼性があり、コスト効率に優れた相互接続を提供する。Supermicroは同社の革新的なX11 SuperBladeによって、HPCユーザー向けに魅力ある高密度ソリューションを提供する基盤を築いた」と語った。

4U/8U X11ベースのSuperBladeはスケーラブルなモジュラー・ソリューションであり、以下を含んでいる。
*20基の2ソケットX11ベース・ブレードサーバー、あるいは
*10基の4ソケットX11ベース・ブレードサーバー、あるいは
*2017年第4四半期出荷予定の20基の次世代Intel(R)Xeon Phi(TM)プロセッサー72x5製品ファミリーベース・サーバー(コードネームKnights Mill)
*100G Intel(R)Omni-Path Architectureスイッチと幅広い追加のネットワーキング・オプション
*96%高効率の冗長性があるTitanium Level電源サプライ
*信頼性およびデータ保護(オプション)のために、高コストのデータセンターUPSシステムを置き換える内蔵のBattery Backup Power(BBP)モジュール

Supermicroは6月18日から22日まで、ドイツのMesse Frankfurtで開催されるISC High Performance 2017でIntel Omni-Path Architectureベース・スイッチを搭載したSuperBladeを展示する。

▽Super Micro Computer Inc.(NASDAQ: SMCI)について
Supermicro(R)(NASDAQ:SMCI)は、高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向け高性能サーバーであるBuilding Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中で、エネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。詳細はリンク を参照。

Supermicro、SuperServer、SuperBlade、MicroBlade、BigTwin、Building Block Solutions、We Keep IT GreenはSuper Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

Intel、Xeon、Optane、Xeon Phi、AtomはIntel Corporationの米国およびその他の国での商標ないしは登録商標である。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Michael McNerney
Super Micro Computer, Inc.
pr@supermicro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事